本と旅とそれから あさのあつこ

本と旅とそれから

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
tag: 
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

神々の午睡/あさのあつこ

何となく手に取った1冊。全編、完璧にファンタジーでした。
神と人間、そしてその中間にあたる「箜(くう)」という存在の住む世界を舞台に展開する物語。ギリシャ神話みたいな感じでしょうか。

►Click to Read More

スポンサーサイト
tag: あさのあつこ 
  1. 2017/05/24(水) 22:00:06|
  2. 2017
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

燦8/あさのあつこ

途中からは、新刊が出るたびに1冊1冊追いかけて読んできた本シリーズも、本書で完結。
――って、この終わり方は…やっぱりちょっと唐突すぎるでしょう!

この手の終わり方に遭遇するたび(といっても、具体的に思い出せないのですが)、「これって『七つの黄金郷』のスタイルだな、と思うのです。

►Click to Read More

tag: あさのあつこ 
  1. 2017/02/07(火) 22:00:00|
  2. 2017
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

冬天の昴、地に巣くう/あさのあつこ

しばらくチェックをしないうちに、弥勒シリーズの未読作品が2冊になっていました。
2冊まとめて読めるというのは、望外の幸せっ(≧∇≦)。
ほんと、面白い、楽しめるシリーズですよねえ。シリーズっていうか、あの二人、いや、三人が魅力的なのね。

►Click to Read More

tag: あさのあつこ 弥勒シリーズ 
  1. 2016/08/02(火) 22:00:01|
  2. 2016
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

燦5/あさのあつこ

文庫のための描き下ろし、約200ページ。
アバウト年1冊の刊行ペースなので、いつになったら何らかの結末を見るのか見当がつかず――グイン・サーガ的にならないことを切に希望してはいるのですが。大丈夫だろうとは思うけれど・・・。

►Click to Read More

tag: あさのあつこ  
  1. 2014/09/16(火) 22:00:00|
  2. 2014
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

燦4/あさのあつこ

ここのところ、おそらくはライトノベルというジャンルに分類されるだろうと思う本を立て続けに読んでいます。といっても、ライトノベル=ラノベの定義(というようなものがあるとして)をわかっていないので、定かにはわからないのですが・・・。

ラノベだろーがなかろーが、楽しめればそれでよし!・・・ではありますが、本によっては、読んでいることを他人にはあんまり知られたくないような気がするものもあります^^;。
この「燦」のシリーズは・・・内容はそんなこともないのですが、表紙がねー。劇画っぽいのがねー。

►Click to Read More

tag: あさのあつこ  
  1. 2013/11/27(水) 21:59:59|
  2. 2013
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。