本と旅とそれから まほろシリーズ

本と旅とそれから

「まほろ駅前狂騒曲」

「まほろ駅前狂騒曲」01


私が原作を読んだ(感想文は►コチラ)時点では、もうすでに映画は出来上がっていたんですかね。
こんなにさっさとその映像バージョンを見ることになるとは思っていませんでしたよ。

►Click to Read More

tag: 三浦しをん まほろシリーズ 
  1. 2014/10/26(日) 22:00:00|
  2. MOVIES
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

まほろ駅前狂騒曲/三浦しをん

好きだ・・・(T_T)!
このシリーズは当初から大好きですが、3冊目となる本書は、これまでで一番分厚く、そして面白い!
読んでいて面白い本というのにはちょくちょく出会いますが、さらに「読み終えてしまうのがもったいない、でも面白いからどんどん読みたい」と感じるまほろシリーズのような本が見つかることは、そうはないと思うのでした。

複数の独身男たちのもとに幼い女の子がやって来る、というのは、何となくどこか他所でも見たことのあるセッティングですが、いやまあそれは後から考えてみればってことで。
4歳のはるちゃん、かわいさ炸裂。なんとギョーテン(はるちゃん的にカタカナで)の娘!

►Click to Read More

tag: 三浦しをん まほろシリーズ 
  1. 2014/08/03(日) 22:00:01|
  2. 2014
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

まほろ駅前番外地/三浦しをん

あ~、面白いだろうと期待してましたが、期待に違わず楽しかった♪
「まほろ駅前多田便利軒」の続編・・・的なもの。
前作に漂っていた大人の童話的雰囲気が、さらに色濃くなったような。その分リアリティーは薄くなったと思いましたが、一層ほのぼのと、心温まる気持ちになるのでした。

►Click to Read More

tag: 三浦しをん まほろシリーズ 
  1. 2012/01/30(月) 22:30:02|
  2. 2012
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

まほろ駅前多田便利軒/三浦しをん

よきかな!
好きです、ワタクシ好みです、この感じ。
万人向けとはもしかして言えないかも知れませんが、私は非常に非常に楽しみました。
もう1冊読んでそれが楽しかったら――あ、でも今すでに借りている三浦しをんさんの本は小説ではないので、もう1冊小説を読んでそれが楽しかったら、今後好きな作家を訊かれた時、三浦しをんさんの名を挙げることにしようかと思います。

►Click to Read More

tag: 三浦しをん 直木賞 まほろシリーズ 
  1. 2012/01/15(日) 22:30:01|
  2. 2012
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2