本と旅とそれから 万城目学

本と旅とそれから

ザ・万遊記/万城目学

電車の中で読む時はちょっと注意してね、という種類の本。
爆笑、ではないけれど、「ぷふふふっ!」となること数え切れず。
「ザ・万歩計」に続く万城目さんのエッセイ集は、再び軽快でした♪

►Click to Read More

tag: 万城目学 
  1. 2010/07/09(金) 00:00:00|
  2. 2010
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プリンセス・トヨトミ/万城目学

本ネタ、ためちゃいました。
感想文自体は、読んで比較的すぐ書いてあったのですが。
今日は全部UPしちゃいましょ。



先月末に発売されたこの本、図書館での順番待ちを長々することもなく早々と読めました。
図書館からも貸してもらい(たぶん1番)、ばななさんからも送って頂き――ダブルでラッキー♪
ばななさん、どうもありがとうございました<(_ _)>。

►Click to Read More

tag: 万城目学 
  1. 2009/03/25(水) 20:47:00|
  2. 2009
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

鹿男あをによし/万城目学

・・・おかげで、奈良公園の鹿にポッキーをあげる人が増えたりしなかったかしら?

奈良というロケーション抜きにはあり得ない物語。
それにしても万城目さんというおヒト、ホルモーといいこれといい、面白い・・・というか、ミョーなことばっかり考え付く作家さんですねぇ。関西弁なら・・・「けったいな」こと?

►Click to Read More

tag: 万城目学 
  1. 2008/10/10(金) 21:30:00|
  2. 2008
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

ザ・万歩計/万城目学

こういう言い方をすると、この本の品性に疑いを招いてしまいそうですが・・・。
シモネタって笑えるものですね!
もちろん、下卑ることなく綴られた場合に限り。

►Click to Read More

tag: 万城目学 
  1. 2008/07/22(火) 20:48:00|
  2. 2008
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

鴨川ホルモー/万城目学

あ~、もいっかい「ホルモー六景」読み直したい。
本来、「六景」の方が続編なのに、そちらから入ってしまった私――といっても、それで全然問題なく、「六景」は「六景」で楽しめたのですが。

►「ホルモー六景」感想はコチラ

►Click to Read More

tag: 京都の本 万城目学 
  1. 2008/06/24(火) 21:55:00|
  2. 2008
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:20