本と旅とそれから 三島由紀夫

本と旅とそれから

金閣寺/三島由紀夫

昭和25年7月2日、というのが問題の日です。
せっかくだから(?)その日付に合わせてこの本を読み終えようと思っていたのですが、思いがけず手こずって、数日過ぎました。

再読なのですが・・・前回(大学生の時だろーなー、たぶん)果たしてワタシはどんな読み方をしたのでしょうか。今回よりよくわかったとは到底思えないし、今回わかったとも到底思えない。
・・・この小説、こんなに理屈っぽかったっけ^0^;。

►Click to Read More

tag: 三島由紀夫 京都の本 
  1. 2011/07/05(火) 22:30:02|
  2. 2011
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

舞姫/川端康成

ブログの引越し作業中なので、感想文を書くにしても、いまひとつ集中しきれないものがありますが・・・。

►Click to Read More

tag: 川端康成 三島由紀夫 
  1. 2010/07/01(木) 00:00:00|
  2. 2010
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

川端康成・三島由紀夫 往復書簡

感動。
そうか。そうだったのか。
川端と三島って、こんなにも近かったのか。
二人の年齢差、26歳――まるまる一世代というか。父子ぐらいというか。

►Click to Read More

tag: 川端康成 三島由紀夫 
  1. 2010/03/30(火) 23:50:00|
  2. 2010
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

沈める滝/三島由紀夫

川端康成からのつながり・・・といっても、どうつながっているのか、今のところ全然わかっていないのですが。
「金閣寺」しか読んだことなかった三島由紀夫。
先日、たこさんとお話していてちょっと名前が出たので、何というかとっかかりとして、その作品を読んでみました。

►Click to Read More

tag: 三島由紀夫 
  1. 2010/02/25(木) 23:20:00|
  2. 2010
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0