本と旅とそれから 中島京子

本と旅とそれから

妻が椎茸だったころ/中島京子

5作収録された短編集。
一作目を読み始めてすぐは、「ちょっと梨木香歩さんふうかな」との印象でしたが、この一作目を読み終えた時点では、「やっぱり中島京子さんだわ」という感じ。

►Click to Read More

tag: 中島京子 
  1. 2017/07/12(水) 22:00:03|
  2. 2017
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

眺望絶佳/中島京子

久しぶりの中島京子さんの小説です。
何でこの本?というほど大した理由はなくて、単行本にしては小型軽量だから、楽に持ち運べそうだなと思ったのと、爽やかなタイトルだったから、というぐらいでしょうか。

東京のあちこちの片隅の小さな物語を集めた短編集です。

►Click to Read More

tag: 中島京子 
  1. 2012/05/28(月) 22:00:02|
  2. 2012
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Re-born はじまりの一歩/伊坂幸太郎ほか

はじめの一歩じゃなくて、はじまりの一歩――おそらく熟考の末決定されたタイトルだとは思うのですが、いまいちよくわからない気もします。
本書は、伊坂さんほか6名の人気作家(だと思います)さんの短編を集めた1冊。
共通のテーマはタイトルの通りで、何かをきっかけに人生の心機一転を経験する人々の物語です。

►Click to Read More

tag: 伊坂幸太郎 瀬尾まいこ 中島京子 
  1. 2011/09/11(日) 22:30:01|
  2. 2011
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

イトウの恋/中島京子

イトウって・・・魚の名前にあるでしょ。それかと思っちゃいましたよ。
つまり、何かこう不思議な話なのかと思ってましたけど、違いました。イトウは人だった。
――ふつう、人だと思う?でも、ふつうなら「伊藤」とか「伊東」でしょー。なんでカタカナ。

►Click to Read More

tag: 中島京子 
  1. 2010/09/23(木) 00:00:02|
  2. 2010
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:4

均ちゃんの失踪/中島京子

先日、直木賞受賞作「小さいおうち」を読んで、何となくよい感じだったので、図書館の棚で見つけた同じ作家さんの本を読んでみました。

►Click to Read More

tag: 中島京子 
  1. 2010/09/11(土) 00:00:01|
  2. 2010
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0