本と旅とそれから 宮部みゆき

本と旅とそれから

荒神/宮部みゆき

面白かったー。
宮部作品なので、つまらないという心配は最初からしていませんでしたが、これは私ごのみの面白さといいますか――ゴジラのような。それも、最近作ではなく、一番古い「ゴジラ」。あの、何だかとてつもなく大きく恐ろしいものが襲ってくる、それが何かはわからないけれど、というあの怖い感じがそっくり。

►Click to Read More

tag: 宮部みゆき 
  1. 2019/03/19(火) 22:00:00|
  2. 2019
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

あんじゅう/宮部みゆき

「おそろし」(感想文は►コチラ)の続編。
先日読んだ「あやかし」(感想文は►コチラ)に収められていた「逃げ水」は、この1冊から取られたものです。

►Click to Read More

tag: 宮部みゆき 
  1. 2019/03/07(木) 22:00:00|
  2. 2019
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

おそろし/宮部みゆき

先日読んだ「あやかし」(感想文は►コチラ)に収められていた一編が面白かったので、シリーズを全部読んでみることにしたこちら、1冊め。

テーマが何にしろ、文章がよいので、面白いに決まってるわの物語。

►Click to Read More

tag: 宮部みゆき 
  1. 2019/03/01(金) 22:00:00|
  2. 2019
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

あやかし/畠中恵、宮部みゆき他

滅多に読むことのない、異なる作家さんの作品をテーマで集めたアンソロジー。気まぐれで手に取った1冊ですが、思ったより楽しめましたし、今後読んでみたい作品が増えてよかった。

備忘のためメモしておくと、収録されているのは、畠中恵、木内登、霧島ケイ、小松エメル、折口真喜子、宮部みゆき各氏の短編。すでに出版されているものが多かったみたいです。

►Click to Read More

tag: 宮部みゆき 
  1. 2018/09/13(木) 22:00:00|
  2. 2018
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

希望荘/宮部みゆき


「名もなき毒」シリーズの最新刊――ではありますが、本作からは主人公・杉村三郎の離婚後の話になるので、物語の舞台や雰囲気ががらっと変わります。

►Click to Read More

tag: 宮部みゆき 
  1. 2017/03/24(金) 22:00:04|
  2. 2017
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0