本と旅とそれから 山崎豊子

本と旅とそれから

二つの祖国/山崎豊子

この本の感想文を書いたのは少し前のことですが、その後、山崎豊子さんの訃報に接しました。88歳で亡くなられたそうですね。
おかしなもので、私にとって一番印象の強い山崎作品は「大地の子」です。まだ読んだことがない^^;。
上川隆也さん主演のNHKドラマでの印象です。あれも、TVで放映されていた時は見ておらず、後で図書館で借りてビデオで見たのでした――しかも、途中の巻が古くなって映像が乱れていたので買い直してもらったりして、数巻にわたるドラマを見終わるのに、ずい分と時間がかかったのでした。

それはそれは感動したものです。
もちろん、映像と活字は違うし、ドラマは何しろ上川隆也さんの中国語も含めた熱演が素晴らしかったということはあります。音楽もよかったし。
でも、物語そのものは山崎さんの作り上げたものです。
力強い「大地の子」の物語をぜひ読みたい!と、今はすご~く思っています。
ご冥福をお祈りします。

►Click to Read More

tag: 山崎豊子 
  1. 2013/10/03(木) 22:00:00|
  2. 2013
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「沈まぬ太陽」



昨年から公開されている本作、見よう見ようと思っているうちに時間が経ってしまい、気づけばもう上映館が少なくなってしまっていて・・・危ないところでした。

今年の1本目は、重厚な社会派映画。

►Click to Read More

tag: 山崎豊子 
  1. 2010/01/30(土) 20:37:00|
  2. MOVIES
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

華麗なる一族(上)(中)(下)/山崎豊子

すごい。とにかくすごい。
こういうまさに「本格派」と呼びたくなるような小説を前にすると、しばし言葉を失います。

►後半、何となくネタバレです。

►Click to Read More

tag: 山崎豊子 
  1. 2008/09/21(日) 20:48:00|
  2. 2008
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:23

「白い巨塔」の恐怖(感想文じゃないです・・・)

「白い巨塔」(上)(中)(下)/山崎豊子(新潮社)

「チーム・バチスタの栄光」は、病院という一種閉じられた空間の中で展開していく物語。でも、作品を通してその空気を彩るのは、どこか透明感のある明るい色彩。
これを読みつつ、何度となく頭をチラリチラリとよぎったのが、同じ医師の世界を描いた大作、山崎豊子さんの「白い巨塔」。
今さらではあるけれど、あの有名な作品、やっぱり読まねば、と思い、借りてきたのでした。

►Click to Read More

tag: 山崎豊子 
  1. 2007/07/11(水) 22:30:00|
  2. BOOKS PLUS
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10