本と旅とそれから 木皿泉

本と旅とそれから

昨夜のカレー、明日のパン/木皿泉

初めての作家さんで、とても面白い1冊だったので、嬉しい♪
それにしても、この木皿泉というのは、共に脚本家のご夫婦二人のペンネームなのだとか。二人の人間の共作というとエラリー・クイーンぐらいしか浮かびませんが(あれは従兄弟でしたっけ?)、どんなふうに創作しているのか、ホントに不思議。
本書は短編集の形ですが、登場人物が共通の同じ世界に展開する物語なので、ひとつの長編(あまり厚い本でもありませんが)のようでもあります。

►Click to Read More

tag: 木皿泉 
  1. 2017/07/12(水) 22:00:04|
  2. 2017
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0