本と旅とそれから 桜庭一樹

本と旅とそれから

私の男/桜庭一樹

「贋作里見八犬伝」が、伝奇小説というかとにかく荒唐無稽なフィクションだったので、桜庭一樹という作家さんについて特に印象が定まらぬまま手に取った本書は、桜庭さんの直木賞受賞作。

しかしまあ、これ、「むむむ」というか「どひゃー」というか「やれやれ」というか。
読み終えてからAmazonのレビューを幾つか眺めてみましたが、嫌悪感を抱いた人が多かったようで、安心しました^^;。

►Click to Read More

tag: 桜庭一樹 直木賞 
  1. 2012/04/10(火) 22:00:00|
  2. 2012
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

伏 贋作・里見八犬伝/桜庭一樹

なーんとなく気になっていて、「そのうち何かきっかけがあれば読みたい」と思っている作家さんは何人かいるのですが、そのうちのひとりがこの桜庭一樹さん。
ちょっと前に直木賞を取られるまでは、ぜんっぜん知らなかった方です――という作家さんは非常に多いんですけどー^^;。

めでたく(?)今回、初めて読むこととなりました。

►Click to Read More

tag: 桜庭一樹 
  1. 2012/03/19(月) 22:30:00|
  2. 2012
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0