本と旅とそれから 池井戸潤

本と旅とそれから

下町ロケット ヤタガラス/池井戸潤

4月に読んだ「ゴースト(感想文は►コチラ)」にすぐ続く続編でシリーズ最新刊。
予想通りの一気読み。「ゴースト」も面白かったけれど、物語の壮大さでは「ヤタガラス」の方が上回ります。「ゴースト」を読んだときに感じられた通り、あれは「ヤタガラス」への導入というか、前奏曲的な位置付けだったようです。

そして、原作を読み終えてから、昨年秋と、今年のお正月特番に放映されたTVドラマ版を録画しておいたのを見ました。こちらも予想通り面白かったー。やっぱり、我慢して待って、原作を読んでから見てよかったと思います。

►Click to Read More

tag: 池井戸潤 
  1. 2019/06/06(木) 22:00:00|
  2. 2019
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

下町ロケット ゴースト/池井戸潤

昨年のTVドラマは全部録画してあるので、見るのがとても楽しみ。
でも、おそらくドラマの方は、本書とその次作「ヤタガラス」までカバーしてると思うので、それを読むまで録画を見るのはやめておこうか――う~ん、でもまだ図書館の予約はしばらくかかりそうだし…。

►Click to Read More

tag: 池井戸潤 
  1. 2019/04/15(月) 22:00:00|
  2. 2019
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アキラとあきら/池井戸潤

池井戸作品はいつももれなく面白いのですが、本書は特に気に入りました!半沢直樹シリーズや下町ロケットシリーズのように、キャラクターたちに感情移入しやすいうえに、ドラマチックなストーリーになっていたせいでしょうか。
この作品が、雑誌連載された後、10年近く出版されずにいたとは驚きです。昨年のドラマ化をきっかけに加筆修正されて文庫出版されたとのことですが、すごい名作だと思うのです。

►Click to Read More

tag: 池井戸潤 
  1. 2018/09/10(月) 22:00:00|
  2. 2018
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

架空通貨/池井戸潤

池井戸さんの、本作はデビュー2作目なのだとか。
デビュー作は「果つる底なき」(感想文は►コチラ)。比較すると、本作はかなり重厚な作品になっていると思います。巻末解説によると、じっくり時間をかけて、何度も大幅な書き直しを経て出来上がった作品なのだそうです。

►Click to Read More

tag: 池井戸潤 
  1. 2018/09/04(火) 22:00:00|
  2. 2018
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

最終退行/池井戸潤

今、綾野剛さん主演で「ハゲタカ」やってますね。すでにNHKで一度バッチリドラマ化されたものを再びとは、と思いましたが、見始めてみると面白い。これってやっぱり真山仁さんの原作の力もあるのだろうかと思います。現代版・勧善懲悪型の物語でもあり、胸のすく思いもできます。

それについては池井戸作品にも通じると思います。
それがあるからか、ここのところ、ちょっと池井戸作品が多くなっています。このペースで読んでいたら、遠からず全作品読んでしまいそうだー。

ドラマ化の方も、もうそろそろ半沢直樹の新作とか、出来ないのかなぁ…。

►Click to Read More

tag: 池井戸潤 
  1. 2018/08/31(金) 22:00:00|
  2. 2018
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0