本と旅とそれから 瀬戸内晴美

本と旅とそれから

祇園の男/瀬戸内晴美

某検定の公式ガイドブックの「男衆(おとこし)」の項目に、「男衆については瀬戸内晴美(寂聴)の小説『祇園の男』に詳しい。」とあったので借りて来たのですが、この本はもしかして、現在絶版なのかしら?
Amazonをはじめオンライン書店では、新本は買えないみたいです。そのため画像もなくて、(▼)にとりあえず載せた画像は、この本をもとに瀬戸内さんが脚本を書かれた、舞台のパンフです。

►Click to Read More

tag: 瀬戸内晴美 京都の本 
  1. 2012/11/11(日) 22:00:02|
  2. 2012
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2