本と旅とそれから 畠中恵

本と旅とそれから

てんげんつう/畠中恵

いつもの「しゃばけ」。シリーズ第18作。
いつまでたっても病弱で寝込んでばかりの若だんな。
幼いとはいえ許嫁もいるというのに。「丈夫になりますから」と、許嫁の父親に断言してはみるものの、別に具体的な方策があるわけでもなし。

►Click to Read More

tag: 畠中恵 しゃばけシリーズ 
  1. 2020/05/17(日) 22:00:00|
  2. 2020
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

うずら大名/畠中恵

あら可愛い。巾着うずら――巾着に入っていて、呼ばれると顔を出して飼い主の肩に乗ったりとことこ歩いたりして、また巾着に戻っていく。しかも、本書に登場するそのうずらは、通常のうずらと違って真っ白とか。

佐久夜(さくや)という名前も可愛い~。

►Click to Read More

tag: 畠中恵 
  1. 2020/05/11(月) 22:00:00|
  2. 2020
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

むすびつき/畠中恵

著者畠中さんは、1959年のお生まれだそうで、ということは今年ちょうど還暦おお迎えになるということですか。
私の方が少々若輩ではありますが、勝手に想像するに――身の回りに別れが多くなる年齢なのでは…。

►Click to Read More

tag: 畠中恵 しゃばけシリーズ 
  1. 2019/05/06(月) 22:00:00|
  2. 2019
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

とるとだす(しゃばけ16)/畠中恵

シリーズ16作。
そんなになりますか。どうしてここまで続けて読んでいるのかと考えれば・・・えーっと、それはたぶん、読んでいる間に心に生じる、ほんわかした空気が心地よいから、か、な。

►Click to Read More

tag: 畠中恵 しゃばけシリーズ 
  1. 2018/08/21(火) 22:00:00|
  2. 2018
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

おおあたり/畠中恵

もはやすべての要素がお馴染み、定番となった「しゃばけ」シリーズですが、マンネリ、と悪く呼ぶ気になれないのは、レギュラー登場人物(含む妖・・・というか、大部分が妖)たちがどれも愛すべきキャラだからでしょうか。

►Click to Read More

tag: 畠中恵 しゃばけシリーズ 
  1. 2016/12/13(火) 22:00:01|
  2. 2016
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:2