本と旅とそれから 畠中恵

本と旅とそれから

むすびつき/畠中恵

著者畠中さんは、1959年のお生まれだそうで、ということは今年ちょうど還暦おお迎えになるということですか。
私の方が少々若輩ではありますが、勝手に想像するに――身の回りに別れが多くなる年齢なのでは…。

►Click to Read More

tag: 畠中恵 しゃばけシリーズ 
  1. 2019/05/06(月) 22:00:00|
  2. 2019
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

とるとだす(しゃばけ16)/畠中恵

シリーズ16作。
そんなになりますか。どうしてここまで続けて読んでいるのかと考えれば・・・えーっと、それはたぶん、読んでいる間に心に生じる、ほんわかした空気が心地よいから、か、な。

►Click to Read More

tag: 畠中恵 しゃばけシリーズ 
  1. 2018/08/21(火) 22:00:00|
  2. 2018
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

おおあたり/畠中恵

もはやすべての要素がお馴染み、定番となった「しゃばけ」シリーズですが、マンネリ、と悪く呼ぶ気になれないのは、レギュラー登場人物(含む妖・・・というか、大部分が妖)たちがどれも愛すべきキャラだからでしょうか。

►Click to Read More

tag: 畠中恵 しゃばけシリーズ 
  1. 2016/12/13(火) 22:00:01|
  2. 2016
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:2

なりたい/畠中恵

しゃばけシリーズ第14弾…らしい。
もはや、シリーズ何冊目だとか、内容がどうだとか、あんまり関係ないような気が。
ただひたすら、このほんわりした長崎屋の離れの、若旦那の居間の陽だまりの癒しが心地よくてページをめくっているように思います。

►Click to Read More

tag: 畠中恵 しゃばけシリーズ 
  1. 2016/04/25(月) 22:00:02|
  2. 2016
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:2

昨年後半に読んだ本

今年になってから読んだ本については、また以前のように1冊ずつ感想文を書こうと思っていますが、昨年のうちに読んだものについて、ざっとメモしておきます。
何冊か読んではいるんですが・・・なかなか物語に集中できなかったりして、半年にしては少ない数となりました。

光の帝国、蒲公英草紙、エンド・ゲーム[常野物語1~3]/恩田陸
ホワイトアウト/真保裕一
椿山課長の七日間/浅田次郎
天国までの百マイル/浅田次郎
クラーク巴里探偵録/三木笙子
永遠のゼロ/百田直樹
ときぐすり/畠中恵
県庁の星/桂望実
りかさん/梨木果歩

►Click to Read More

tag: 畠中恵 梨木香歩 百田尚樹 恩田陸 真保裕一 三木笙子 桂望実 
  1. 2016/02/07(日) 22:00:00|
  2. 2015
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2