本と旅とそれから 篠田真由美

本と旅とそれから

燔祭の丘/篠田真由美

建築探偵シリーズ、最終巻。
そもそも、何でこのシリーズを読み始めたのか・・・思い出せない。
で、それから何年経っているのかこれまた思い出せませんが、とにかく完結してめでたい!(T_T)。

それにしても、なぜ、シリーズ最終巻のこの1冊だけが、三郷市立図書館からの借受なのか・・・。
読めればいいや、てことではありますが。

►Click to Read More

tag: 篠田真由美 建築探偵シリーズ 
  1. 2011/07/05(火) 22:30:00|
  2. 2011
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

桜の園/篠田真由美

建築探偵シリーズ番外編ふたたび。

江戸川橋から護国寺方面へ続く音羽通りをはさみ、以前はふたつの洋館が立っていて、今はそのうちのひとつしか残ってない。で、本書に収められた二つの神代教授を巡るお話は、そのそれぞれがメインの舞台(の、モデル)となっています。

►Click to Read More

tag: 桜の本 篠田真由美 建築探偵シリーズ 
  1. 2009/08/28(金) 20:46:00|
  2. 2009
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

黒影の館/篠田真由美

シリーズ18冊目・・・ですね、数えてみれば。
これに、神代教授の番外編もあるわけですが。

次の1冊でシリーズが完結するそうで――まさに潮時、と思います。
とても楽しませてもらったシリーズですが、これ以上続くとダレそうな予感がするのです。

►Click to Read More

tag: 篠田真由美 建築探偵シリーズ 
  1. 2009/07/22(水) 22:49:00|
  2. 2009
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

風信子の家/篠田真由美


建築探偵シリーズのサブ・メインキャラ的立場にある早稲田大学の神代宗教授。
探偵桜井京介や、探偵助手にしてシリーズのアイドル蒼くんにとって恩師かつ父親的存在のこの方ですが、よもや別の出版元(建築探偵シリーズは講談社)から、神代センセ主役の本が出ていようとはねえ。

►Click to Read More

tag: 篠田真由美 建築探偵シリーズ 
  1. 2007/11/03(土) 17:43:00|
  2. 2007
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

一角獣の繭/篠田真由美


このシリーズは・・・あと何冊?2冊?
1年1冊のペースみたいだから、あと2年かな。

シリーズのメイン・キャラ3人、建築探偵・京介と永遠の少年・蒼、そして大男・深春。
ここのところ、この3人を見ると、成田美名子さんのコミック「エイリアン通り(古いです)」のシャールくん、翼、ジェラールを思い出します。
3人それぞれの依存関係がとっても似ている気がして。

►Click to Read More

tag: 篠田真由美 建築探偵シリーズ 
  1. 2007/10/23(火) 21:41:00|
  2. 2007
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2