本と旅とそれから 荻原規子

本と旅とそれから

西の善き魔女/荻原規子

全8冊。途中の巻を借りるのにちょっと待ったりしたせいで最後まで読むのに少々時間がかかりました。
小説としては、まさにライトノベル――って、だから、ラノベの定義を知らないワタシだろう!
何と言うか、少女マンガを読んでる感覚です。
ん~、まあ、ラノベだろうがマンガだろうが、読んで楽しければ全然構わないでしょう、と思う一方で、年齢相応の読書ってものがあるだろう自分よ!、みたいな、いかにも頭の固いオババらしい思いも拭いきれず・・・。文庫本を持ち歩いている間も、何を読んでいるか他人に見られたくない、と思っていたことも事実なのでした^^;。

►Click to Read More

tag: 荻原規子 
  1. 2013/12/12(木) 22:00:02|
  2. 2013
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

薄紅天女(上)(下)/荻原規子

昨年読んだ本なので、ちょっと時間が空いてしまいました。
感想って、時間が経つと結構変わるものなので、早めにと思っているのですが・・・。
日本を舞台にしたFT「勾玉三部作」最終巻です。

►Click to Read More

tag: 荻原規子 勾玉シリーズ 
  1. 2011/01/12(水) 22:30:00|
  2. 2011
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

白鳥異伝(上)(下)/荻原規子

「空色勾玉(感想文は▶コチラ)」に続く、勾玉三部作の第二作目。
天地創生神話をベースとしていた前作から年月ははるかに流れて――といっても、まだ「古事記」、「日本書紀」の内ですが、今回はヤマトタケル伝説を扱った物語となっています。

►Click to Read More

tag: 荻原規子 勾玉シリーズ 
  1. 2010/11/25(木) 23:00:01|
  2. 2010
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

空色勾玉/荻原規子

えーっと、この本は・・・そうそう、Amazonに薦められたんだったわ(でも買ったのはジュンク堂^^;)。
シリーズ第1作。やっぱり、こゆファンタジーが出て来るんですねぇ。

►Click to Read More

tag: 荻原規子 勾玉シリーズ 
  1. 2010/10/24(日) 00:00:00|
  2. 2010
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6