本と旅とそれから 道尾秀介

本と旅とそれから

向日葵の咲かない夏/道尾秀介

年末が近づいてくると、ぼんやりとではありますが、「今年のうちに読んでおきたい(ついでに感想文のブログUPもしておきたい)本」とか、「年明け新春に読みたい本」なんていうことを考えたりします。――今年だけかしら?たまたま今図書館から借りて手元にある本が、年末向けと新春向けにいかにも分かれる(気がする)からかしら・・・。

(なお、若干ネタバレありますので、ご注意下さい。)

►Click to Read More

tag: 道尾秀介 
  1. 2013/12/28(土) 22:00:01|
  2. 2013
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

カラスの親指/道尾秀介

道尾秀介さんは今回初めて読む作家さんです。が、ちょっと前に道尾さんの直木賞受賞作である「月と蟹」を図書館から借りて来て、でも読めずにそのまま返してしまったんですよね。本の装丁がちょっと無愛想に思えたのも影響しているかしら・・・^^;。
今回の本書は、文庫本だったのが大きいわね~・・・やっぱり、どこでも読める文庫は便利。あと、どこかで(たぶん行きつけの書店の店頭)この作品が映像化されたと目にしたことも。映像化される作品って面白いのかな、というありがちな発想でございます。

(以下、ネタバレあります。ご注意を。)

►Click to Read More

tag: 道尾秀介 
  1. 2013/10/03(木) 22:00:01|
  2. 2013
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0