本と旅とそれから BOOKS PLUS

本と旅とそれから

ベルサイユのばら⑪~⑬,外伝①、②/池田理代子

今頃になって、マーガレット・コミックスを買うことになりますとは。

ベルばらとの思い出を語り始めるとホントにきりがありません。
初めて読んだのは、どこでだったか思い出せませんが、読んだのは外伝、もともとのコミックスでは10巻目の「黒衣の伯爵夫人」でした。

►Click to Read More

tag: 池田理代子 
  1. 2017/03/24(金) 22:00:06|
  2. 2017
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

キャロリング/有川浩

宮部みゆきさんの「希望荘」を読んだすぐ後に読んだ本書。何となく比べてみてしまうのですが、似た感じもするな、と思います。
やっぱり、宮部さんの方が少し重み、重厚さがあるなとは思いますが、有川さんも、本書などは特に、ライトな感じはしなくなってきたなと思います。

►Click to Read More

tag: 
  1. 2017/03/24(金) 22:00:05|
  2. 2017
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

希望荘/宮部みゆき


「名もなき毒」シリーズの最新刊――ではありますが、本作からは主人公・杉村三郎の離婚後の話になるので、物語の舞台や雰囲気ががらっと変わります。

►Click to Read More

tag: 宮部みゆき 
  1. 2017/03/24(金) 22:00:04|
  2. 2017
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

昭和の犬/姫野カオルコ

「姫野カオルコ」なんちゅー名前はふざけとる!…などと、どういうわけか思い込み、これまで1冊も読んだことのなかったこの方の本。

タイトルが普通だったので手に取った――んだったかしら、すでにしてよく覚えていませんが、読んでみたら、ちょっと小川洋子さんみたいな雰囲気の、ちゃんとした物語でした。

►Click to Read More

tag: 姫野カオルコ 
  1. 2017/03/24(金) 22:00:03|
  2. 2017
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

キケン/有川浩

久しぶりの有川作品。
ちょっと、「シアター!」(感想文は►コチラ)を思い出すような雰囲気です。

►Click to Read More

tag: 有川浩 
  1. 2017/03/24(金) 22:00:02|
  2. 2017
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0