本と旅とそれから BOOKS PLUS

本と旅とそれから

あかんべえ/宮部みゆき

全体の印象としては、宮部版「しゃばけ」みたいな感じ。
ほわっと軽いオリジナルの「しゃばけ」と比べ、宮部さんが語ると、ちょっと質量が増す感じがします。

とても面白かった。

►Click to Read More

tag: 宮部みゆき 
  1. 2019/09/30(月) 22:00:00|
  2. 2019
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

砂の狩人/大沢在昌

「北の狩人」に続くシリーズ2作目。
面白かった。「北」よりハードボイルド度が少々高い感じだったでしょうか。

►Click to Read More

tag: 大沢在昌 
  1. 2019/09/27(金) 22:00:00|
  2. 2019
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

初ものがたり/宮部みゆき

こちらも久々の宮部みゆき作品。
雰囲気がよい~。安らぐ…なんとなく。

岡っ引き・回向院の茂七親分を主人公に、子分の下っ引きたちや、正体不明の屋台の親父などを共通キャラとした捕物短編集。それぞれの物語に、鰹や白魚や菜の花や柿など、季節の初ものがモチーフになっています。

►Click to Read More

tag: 宮部みゆき 
  1. 2019/09/24(火) 22:00:00|
  2. 2019
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

北の狩人/大沢在昌

久しぶりの大沢在昌さん。楽しめました。
この作品も新宿が舞台ということで、新宿鮫シリーズと同じ世界観、いや世界感。
というか、何か、匂いのようなものが同じ~。それが何となく心地よい。

►Click to Read More

tag: 大沢在昌 
  1. 2019/09/21(土) 22:00:00|
  2. 2019
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

BT’63/池井戸潤

2003年初出の、池井戸さんとしては比較的初期の作品。
この本、以前一度借りてきて、冒頭を少しだけ読んだもののなぜか続かず一度返却し、今回はそのことをすっかり忘れていてまた借りてきたものです。今回は読み終えました。

►Click to Read More

tag: 池井戸潤 
  1. 2019/09/18(水) 22:00:00|
  2. 2019
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0