本と旅とそれから BOOKS PLUS

本と旅とそれから

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
tag: 
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ツナグ/辻村深月

先日本屋大賞を受賞されて、これまでにも増して人気も注目度も高まっている辻村深月さん。どうなのかしら、うちの図書館でもこれを機にどんどん辻村作品を充実させてくれるのかしら。それならもちろん大変嬉しいのですが。

►Click to Read More

スポンサーサイト
tag: 辻村深月 
  1. 2018/05/15(火) 22:00:00|
  2. 2018
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

さくら/西加奈子

先日、友人が西加奈子さんと原田マハさんを読んでいると聞いたので、「私も!」と、早速借りてきた1冊。ちなみに、たまたま文庫棚に原田マハさんがなかったので、今回はまず西加奈子さん。
何冊か並んでいたのですが、どれにするかノーアイディアだったので、裏表紙の「春の訪れとともに読みたくなるロングセラー作品」という言葉にひかれて選びました。

►Click to Read More

tag: 西加奈子 
  1. 2018/05/13(日) 22:00:00|
  2. 2018
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

あやかし屋台なごみ亭3/篠宮あすか

人気シリーズということで、少々順番待ちをした後、第3巻。
博多の繁華街の片隅で、金曜日の夜だけ営業する屋台を舞台にしたファンタジーです。

►Click to Read More

tag: 篠宮あすか 
  1. 2018/05/11(金) 22:00:00|
  2. 2018
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

マスカレード・ナイト/東野圭吾

シリーズとしては3冊目。ただ、2冊目は番外編みたいな設定だったので、実質的には本書が1冊目の続編という感じになります。
東京のとあるシティホテル「ホテル・コルテシア東京」を舞台にした警察ミステリー。
主人公は、警視庁捜査一課の刑事・新田浩介と、ホテルのコンシェルジュ・山岸尚美。
この二人がひとつの事件に協力して取り組む、という物語です。

►Click to Read More

tag: 東野圭吾 
  1. 2018/05/09(水) 22:00:00|
  2. 2018
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

兎の眼/灰谷健次郎

以前、朝日新聞の「古都ナビ」というコーナーに「奈良・西大寺の善財童子像」が取り上げられていました。灰谷健次郎の小説「兎の眼」でよく知られています、とあって、小説のその部分が引用されていました。

だから、この春に奈良に行くし、西大寺は交通の便もよいところにあるから時間を見つけて立ち寄れそうだと思い、事前勉強として読んだのでした。

►Click to Read More

tag: 灰谷健次郎 
  1. 2018/05/07(月) 22:00:00|
  2. 2018
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。