本と旅とそれから 2008

本と旅とそれから

阪急電車/有川浩

「鹿男~」に続き、この本も思いっきり関西のお話――しかも、かなりローカルかも。
京都へ行くたび、阪急と京阪と京福が渾然一体化し、「JRでも地下鉄でもない線」でひとくくりにしているワタシの場合、阪急今津線と聞いても、また別の「JRでも地下鉄でもない線」でしかないわけではありますが・・・。

►Click to Read More

tag: 有川浩 
  1. 2008/10/15(水) 20:28:00|
  2. 2008
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:16

鹿男あをによし/万城目学

・・・おかげで、奈良公園の鹿にポッキーをあげる人が増えたりしなかったかしら?

奈良というロケーション抜きにはあり得ない物語。
それにしても万城目さんというおヒト、ホルモーといいこれといい、面白い・・・というか、ミョーなことばっかり考え付く作家さんですねぇ。関西弁なら・・・「けったいな」こと?

►Click to Read More

tag: 万城目学 
  1. 2008/10/10(金) 21:30:00|
  2. 2008
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

水上のパッサカリア/海野碧


趣味は読書という人の多くは、「そのうち読みたい本」のリストみたいなものを持っておられるのではないかと思うのですね。
たぶんでもその形式はいろいろで、実際にどこかに書き出しておられる方もあるでしょうし、私みたいに頭の中に存在するだけ、という場合もあるかと。

この本は、結構前にその頭の中のリストに載せた後、しばらく忘れ去っていた1冊。

►Click to Read More

tag: 
  1. 2008/10/01(水) 20:05:00|
  2. 2008
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

華麗なる一族(上)(中)(下)/山崎豊子

すごい。とにかくすごい。
こういうまさに「本格派」と呼びたくなるような小説を前にすると、しばし言葉を失います。

►後半、何となくネタバレです。

►Click to Read More

tag: 山崎豊子 
  1. 2008/09/21(日) 20:48:00|
  2. 2008
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:23

夢をかなえるゾウ/水野敬也


5月に京都で会ったtomateさんに「これおススメですよ~」と紹介され、図書館で予約を入れたはいいが予約待ち人数20人プラス。
「・・・ってな状況でサ~」とgvillaちゃんに愚痴ったら、「そゆことならば」と、他のものと併せて京都から送ってくれました。

お二人、どうもありがとうございました<(_ _)>。

►Click to Read More

tag: 
  1. 2008/09/20(土) 21:04:00|
  2. 2008
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4