本と旅とそれから 2007

本と旅とそれから

深夜特急(全6冊)/沢木耕太郎


花侍さんとbulletさんにダブルでおススメ頂いたこの本。
冊数が多いということもあるけれど、何となく「『のんびりモード』で読んでいいのサ~」、という雰囲気を勝手に感じてしまい、図書館から「お急ぎモード(=予約がつまっている)」の本が回ってくる度に、こちらを中断していたものだから、読み終えるのにずい分かかりました。

しかしもしかしてこの本は、古典というか、どこかで見かけたフレーズだけど、「自由旅行のバイブル」的存在なのですね?

►Click to Read More

tag: 
  1. 2007/12/21(金) 20:59:00|
  2. 2007
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12

夢の守り人/上橋菜穂子

先日、何も読み物を持たずに外出してしまいました。
行きの電車では、メール書いたり、ウトウトしたりで何とかごまかしたものの、帰りの時間がもったいない(うちは都心から遠い・・・)と、「本は買わずにまず図書館」という自らに課した掟を破り(大げさ)、地下街の本屋さんに。

小さなお店で、人気の作家さんや新刊本が中心のところでした。
ブロガー仲間の皆さんに好評の梨木香歩さんの本を一冊手に取り、と同時にこの本が目に入りました。

ああ、3巻目も文庫化されたのか。

►Click to Read More

tag: 上橋菜穂子 守り人シリーズ 
  1. 2007/12/21(金) 20:50:00|
  2. 2007
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

四畳半神話大系/森見登美彦


また出た、って感じですよ。
ひとしきり面白がって読んだあげく、何と感想を書けばいいのやら皆目わからぬ本。

・・・yuriさんは、これを読んだおかげで、京都で吉田山に登ったものの、吉田神社をスルーして帰って来られたそうな。確かに、あれだけ負のご利益が大いにありそうなふうに書かれていては、コワイわねっ。
(よかったー、読む前だったけど、偶然私もスルーしといて。)

►Click to Read More

tag: 森見登美彦 
  1. 2007/12/01(土) 21:37:00|
  2. 2007
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

からくりからくさ/梨木香歩

京都に出かけるまでに、できるだけ手元にたまった本を読んでしまおう・・・と、例えばこの本などは文庫本でしたので、電車の中で読む、駅のホームで読む、乗り換えのために駅の中を歩いている最中ですら読む、という具合だったのですが。

もったいなかったです。
この本は、そんなふうにせっかちに読む本じゃないですよ。
のんびりとじっくりと読みたかった。
が、図書館に貸してもらった本には返却期限というものがありますから・・・。

►Click to Read More

tag: 梨木香歩 
  1. 2007/11/20(火) 20:12:00|
  2. 2007
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:22

ジェネラル・ルージュの凱旋/海堂尊


今年中に借りるのは絶対無理!と思っていた「ナイチンゲールの沈黙」続編。
予想に反して早くも貸してもらえたのはよいけれど、このタイミングはキツかった(T_T)
この時点で、京都行き前に「有頂天家族」を読むことはほぼ断念。

ま、そんなことはともかく。

よかったです!
もしかして、この作家さんと私の好むリズム&雰囲気(むしろ匂いと言いたいけれど)が一致しただけ、という個人的な都合かも知れませんが。

►Click to Read More

tag: 海堂尊 
  1. 2007/11/18(日) 20:30:00|
  2. 2007
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2