本と旅とそれから 06秋・京都

本と旅とそれから

紅葉≪於 白沙村荘≫                      (2006年秋・京都)

11月27日(月)
銀閣寺を出て、お蕎麦屋さんでお昼を済ませた後(美味しかったです、「おろしそば」)、すぐ近くの白沙村荘に行きました。紅葉が美しい、と聞いていたところですが、中に入ってみると、私たちの他には人影ほとんどなし。
通りには銀閣寺に行き来する人がごったがえしているというのに、驚くほどの別世界。


白沙村荘は、橋本関雪記念館ともいって、明治末から昭和の始めにかけて活躍した日本画家、橋本関雪がアトリエとして造営した屋敷とその邸宅です。
といっても、私はこの橋本関雪のことをそれまでまぁるで知らなくて、しのちゃんに「お宝発見、みたいな番組にしょっちゅう取上げられているじゃない」と言われても、「そっけ?」


▼橋本関雪「木蘭」(部分)

►Click to Read More

tag: 白沙村荘 
  1. 2007/02/13(火) 22:45:00|
  2. 06秋・京都
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:10

紅葉と国宝≪於 銀閣寺≫(2006年秋・京都)

11月27日(月)
さて、よーじやカフェを出てからしのちゃんと漫談しながら哲学の道を辿り、銀閣寺に到着。
さすがに京都でも屈指の観光名所、人がわんさか。でも、「紅葉」という観点から考えるならば、ここはさほど・・・なはずなんですけどね。


TOPの画像は、裏山(と言っていいのでしょうか、庭園の一部です)から見下ろして撮ったものですが、松の多いのがおわかり頂けると思います。

ではなぜ銀閣を訪れたのかといえば、それは国宝の東求堂(とうぐどう)が特別公開されていたからです。ところが、特別拝観の入口に行ってみて、さらに素晴らしいものを見せてもらえることがわかりました。

▼半券コレクション再び。平成9年の展覧会のもの。

►Click to Read More

tag: 銀閣寺 奥田元宋 
  1. 2007/02/04(日) 21:30:00|
  2. 06秋・京都
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

和菓子三昧                             (2006年秋・京都)


エンゲル係数、超高レベルだった昨年秋の京都旅行で、夕食と並んで存在感を示したのが和菓子。いくつ買った?いくつ食べた?・・・数えるのはやめましょ。

►Click to Read More

tag: 
  1. 2007/01/30(火) 23:05:00|
  2. 06秋・京都
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

出町「ふたば」の豆餅                         (2006年秋・京都)

私、いわゆる「大福」という餅菓子は、実はふだんはあんまり食べないんです。ボリュームありすぎる感じがして。あと、あまりにストレートな味な気がして、ね。

だがしかし、なのです。
これだけ度々あちこちから、特に、今回の宿主にして旅の道連れしのちゃんと、京都で初のご対面を果たした(今はアメリカの雪の中だけど・・・)ブロガー仲間eikitaさんの両方から「『ふたば』の豆餅は美味しい!」という話を聞かされれば、大福だろうが何だろうが、是非とも食べてみたくなるではありませんか。

▼名代 豆餅

11月29日(水)
進々堂でのランチをすませ、もう後はバスで清水さん界隈に行ってお土産を買ったら東京(いえ、埼玉か・・・)に帰るばかり、というタイミング。
ああでも、百万遍まで来ているなら、是非とも出町のウワサの店「ふたば」に寄りたい!
というわけで途中下車。商店街の一角にある店まで来てみれば・・・。

►Click to Read More

tag: 
  1. 2007/01/20(土) 21:37:00|
  2. 06秋・京都
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:6

ゆばんざい「こ豆や」で湯葉づくし                (2006年秋・京都)


私たちも湯葉―あ、生湯葉ですが―が大好き。
京都に行ったら生湯葉食べよう、と頑張ってお店を調べて行きました。こういうことなら、かなり頑張れるワタクシでございます。

11月26日(日)
見つけたお店の名は「こ豆や」。いくつか支店があるようですが、私たちが行ったのは北大路店です。ランチタイムは予約は受け付けないということでした。

►Click to Read More

tag: 
  1. 2007/01/15(月) 21:00:00|
  2. 06秋・京都
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10