本と旅とそれから 06秋・京都

本と旅とそれから

炭火割烹 いふき                         (2006年秋・京都)


ぐずぐずと書いてきた去年秋の京都旅行の記事も、これをもって一応おしまい、とさせて頂きます。最後は是非ここの話で、と思っていたお店の名は「炭火割烹 いふき」。
すべての点で、今回の京都旅行でダントツに素晴らしいと思ったお店です――もちろん、京都についても京都のお店についても、まだまだ初心者の域を出ない私の知る範囲で、ですが。

11月28日(火)なぜここを知ったかといいますと。関西方面では多分よく知られているのでしょうが、「あまから手帖」ていうグルメ雑誌があるんですが、このお店は、その雑誌の2006年12月号京都特集の表紙を飾ったんですよ。

雑誌を見た時点では、もしかして私たちにはちょっと背伸びなお店かも・・・と思ったりしたのですが、ちょっと「えいやっ!」で予約入れてしまったのはワタシです。
先斗町の21番路地・・・て、先斗町の路地って番号付いてたんだ。

▲たらの白子のうま煮

私たち二人はカウンター席でした。目の前にご主人や奥さんがいて言葉を交わせて何となく楽しいんです。最初に苦手な食材を訊いて下さいますが、しのちゃんはすかさず「てんぷらはダメなんです!」。

この「うま煮」、敢えて言うなら「ゲキうま煮」。私、家ではまず白子って食べないんですよ。見た目がちょっとな、っていうのがあって。外ではOKなんですけどね。でもすんごくおいし~い。ちょっと見えないアングルでほうれん草(だったっけ?)が添えられているんですが、しのちゃんは「あれだけでも3人前ぐらい食べられるよ」と感動してました。

►Click to Read More

tag: 
  1. 2007/03/30(金) 21:42:00|
  2. 06秋・京都
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:14

角屋、新撰組壬生屯所跡                    (2006年秋・京都)

11月28日(火)
ずい分前に一度、「私の好きな京都スポット」ということで書いたことがあるのですが、秋にも行きました――角屋(すみや)。


前回記事では角屋のパンフから写真を拝借したので(ちょ、著作権・・・^^;)、撮影禁止の2階の映像がありますが、今回の写真は全部自前なので、1階のものばかりで地味・・・。

この日はしのちゃんがいなくてひとり行動。またまたベッドの間違った側から下りたらしく、午前中訪れたカフェやら和菓子店やら(新島襄邸も)が軒並み「定休日」で、ちょっと落胆し、とぼとぼ歩きでやって来ました――皆さま、京都の火曜日はご注意を。

►Click to Read More

tag: 角屋 新撰組屯所 
  1. 2007/03/23(金) 19:40:00|
  2. 06秋・京都
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

新島旧邸                               (2006年秋・京都)


紅葉でも美味しいものでもなく――古い建物。どうしても好きなので・・・。

11月29日(水)同志社大学の設立者、新島襄旧邸です。
同志社大学の創立記念日は11月29日。その日に見学に行きました。


(←)記念スタンプ。綺麗に押せてるでしょ♪

でも、実はこれ、「速攻リベンジ」ケースでして(^^;
前日の28日に行ったら閉まってたんです。ここは、特定の曜日、日にちにしか公開していません――といっても、それほど「限定!」てわけではないんですけどね。
それに、正直に言ってしまえば、私、新島襄という人物について知っていることといったら、この「同志社大学を創った」ぐらいなんです・・・。

►Click to Read More

tag: 
  1. 2007/03/12(月) 22:10:00|
  2. 06秋・京都
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

八つ橋考                               (2006年秋・京都)


いつ頃登場したものなのか、はっきりとは知りませんが・・・。黒ゴマ八つ橋。多分、ここ最近のものだと思いますが。お店の力の入れ具合からして、今イチオシのお土産、という雰囲気。パッケージは不気味に「黒」。ワルモノ忍者の旗印みたいねー。

結構人気があるようでした。

►Click to Read More

tag: 
  1. 2007/03/02(金) 23:45:00|
  2. 06秋・京都
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:20

紅葉≪於 清水寺・夜≫                     (2006年秋・京都)


11月28日(火)
その日はしのちゃんの都合がつかず、私はひとりで京都の町をあちこちウロついたわけですが、何だか運が悪くて思ったように観光できず、不完全燃焼気味にいったん(しのちゃんの)家に戻り、気を取り直して清水寺へ。
このシーズンは、あちこちの寺社仏閣で夜間拝観を行っています。
夜の写真は・・・ムツカシイです。構図がどうの、という以前に、ピンボケしていない写真を選ぶというのが先決。手摺に肘をついて、とか一応やったんですけどねー。かなりボケました。
それに、十分予想はしていましたが、すごい人ですー!

さすが京都中でも1、2を争う有名スポット、ライトアップもいろいろ仕掛けがあります。あれを照らしこれを照らし、夜空に光のアーチ!なんていうのもありました。
▲なんか、芸術写真を狙ってるな~という意図ミエミエです、我ながら。

►Click to Read More

tag: 
  1. 2007/02/23(金) 23:49:00|
  2. 06秋・京都
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6