本と旅とそれから 2009年12月

本と旅とそれから

でも素敵なところでした



去年、初めて直指庵に行きました。
ちょっと離れたところにあるんですが、それは素敵なところで。

今年は紅葉にはまだ早いとわかっていましたが、その記憶に引かれてつい足が向きました。

去年が真っ赤でしたから、その違いにがっかりしなかったといえばウソになるんですが――でも、あの寂しいような、色彩的にも静かな境内が、1週間か10日もたてば燃えるようなもみじに埋もれることになると思うと、何とも不思議な気がしました。

もみじのお寺の秋というと、華麗な錦繍のイメージばかりがありましたが、あんなしんみりしたようなひと時もあるんだなぁ、などと思いながら歩いたのでした。

・・・私だってたまにはわびさびするんですゾ。
というわけで、地味バージョンの直指庵、見てね。

クリックで≪旅編≫へどうぞ。
Tags:  

tag: 
  1. 2009/12/12(土) 22:47:00|
  2. ≪続・旅編≫へ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

曇っていたので



写真は楽しいけど難しい。難しいけど楽しい・・・って感じですね。
ああこんなハズじゃなかった、こんな変な写真撮った覚えないゾ、誰だよ、と、自分以外には触りもしないカメラに八つ当たりすれば、年末の風がひゅるると冷たひ・・・(T_T)。

愚痴はさておき。

旅行の少し前に「嵯峨菊を撮ろう」と、ちょっと張り切ってマクロレンズを買いました。
旅行4日目までほとんど出番がなくて、このままではただ持って行って帰って来るだけになってしまふ!と、結構無理やり嵯峨菊撮りに出かけたその日。

お天気は下り坂。おそらく午後から降ってくるでしょう、との予報に、せめて降り出さないうちに嵯峨菊を、と、自転車をぶんぶんこいで大覚寺まっしぐらです。
大覚寺に行った・・・というより、嵯峨菊を撮りに行った場所が大覚寺でした、という感じなのですが。

この日はあとで、法金剛院でも嵯峨菊を撮りました。ので、嵯峨菊①。
よかったら見にいらして下さいまし<(_ _)>きてちょ

クリックで「そらはな」へどうぞ。tag: 
  1. 2009/12/09(水) 23:44:00|
  2. ≪続・旅編≫へ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

千羽鶴/川端康成

京都旅行の話をずーっと続けてきたし、さらにずーっと続けていく予定ですが、下書きブログに本の感想文がたまってきたので、京都の方は3日目が終わったところで、まとめてUPします。
ちょっと前からためてしまっていまして、読んでから感想文を書くまでに時間が空いてしまったものなどもあるのですが・・・まあ、とりあえず。

作家さんとしては、川端康成氏と畠中恵さんだけなんですが。

►Click to Read More

tag: 川端康成 
  1. 2009/12/08(火) 20:43:00|
  2. 2009
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:9

雪国/川端康成

国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。

――うむむ。有名すぎるこの冒頭の一文。
これは・・・いいんです。さすがに私にもわかります。でも、その後は。
なかなか・・・難解ですのぅ・・・。



雪国/川端康成(新潮文庫)

様々に美しい表現が多く、文章に魅せられる部分は多いのですが、その言わんとしていることが何ともわかるようなわからぬような。
――いや、やっぱりわからないかしら。


冒頭の超有名な一文に続く文(これもかなり有名とは思いますが)――「夜の底が白くなった」。まあこれはわかりやすい方ですよね。イメージでいけば。うむ。
しかし、何とも美しいですね。夜の底が白くなった、ですか~・・・。

川端康成作品を、断続的に幾つか読んでおりますが、最初の「古都」がわかりやすかった(ような気がした)ために少々油断した感のあった私。
やっぱり「文学」とはそうそう容易いものではなかったのだな、と妙にナットクしております。

私が読んだ新潮文庫版には、巻末に二つの解説がついています。
いずれも小説家の、竹西寛子氏と伊藤整氏の筆になるものです。

作品そのものの、美しさは伝わるものの難解、という何とも消化の悪い読書体験の後でこのお二人の解説を読み、ちょっとほっとした気分です。

「古都」の感想文で(コチラ)「単に『京都が好き』という視点からも楽しめます」などと書いた私には、竹西氏の「それら(『古都』を含む)の作品を観光小説風に扱う冒涜はまことに耐え難い」という一節には「あちゃ!」という思いでしたが、それはつまり、何を求めて本を読むか、という読み手の姿勢の問題なんでしょうね。

伊藤整氏は、「この作品は、特殊ある手法としては、現象から省略という手法によって、美の頂上を抽出する、という仕方をする。だから、初歩の読者はそこに特有の難解さを感ずるであろう」と書かれているのですが、初歩どころか初歩の初歩の読者たる私の場合、「現象から省略という手法によって・・・」という解説すらわけわかりません。

ただ何となくわかるのは、この小説は、状況描写を表面的に受け取っていたのでは何にもならない、ということ。そして、一度さらりと読んだぐらいでは、表面的なもの以上わかりはしないだろうということ。
きっと、何度も何度も読み込んで、じーーーっくりああだこうだと思いを巡らしてみなければだめなんでしょうね。

こういう本読み体験もあるべきなのかな・・・でないと、何となく、自分が小説ってものをなめてしまいそうな気がします。
「雪国」も、いつか私の腑に落ちる時が来ることを期待して、いずれ、また。




My Favorite Books(お気に入りの本のブクログ)
BOOKS INDEX(作家別感想文一覧)

Tags:  

tag: 川端康成 
  1. 2009/12/08(火) 20:40:00|
  2. 2009
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

山の音/川端康成

若い娘の視点から描かれた「古都」から一転、「山の音」の主人公は、60代の初老の男性。
刊行されたのは昭和29年、それに先立って雑誌に断続的に掲載された作品ということなので、「山の音」は戦後比較的すぐに書かれたということになります。


山の音/川端康成(新潮文庫)

ここに描かれるその60代男性・信吾は、「死」にも「女性」にも多いに思うところある、年老いているかと思えば元気でもある、なかなかに複雑な人物。

彼を中心にその家族の物語が淡々と展開していくわけなのですが、川端氏の語り口はさらりとしていて、香り高い自然描写

なども織り込まれているために重苦しさも感じずに読めるものの、今どきならばきっと「どろどろした人間模様」とでも呼ばれそうなものが、実は描かれていると思います。
そして、書かれた年代が年代なだけに、物語は戦争の影を引きずってもいます。

どろどろしたものや暗いものを描く一方で、美しく可憐な存在をも描く。
そのどちらもが、とても奥ゆかしい雰囲気を漂わせた文章で綴られ、ひとつの物語世界の中に混在しているのですが――。
ノーベル賞作家の作品ですから、各国語に翻訳されて世界中で読まれているのだろうと思うのですが、この表現の奥ゆかしさ、文章の香り高さといったものが、外国の人にどれだけ伝わるものなのでしょう(あ、これは否定ではなく、純粋な疑問です)。

ことさら、その後の物語の展開する方向を示すこともなく、ハッピーエンドでもアンハッピーエンドでもなく、「山の音」はラストを迎えるのですが、そのラストは何とも言えぬ寂しさを漂わせているように思えました。




My Favorite Books(お気に入りの本のブクログ)
BOOKS INDEX(作家別感想文一覧)

Tags:  

tag: 川端康成 
  1. 2009/12/08(火) 20:38:00|
  2. 2009
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0