本と旅とそれから 2010年01月

本と旅とそれから

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
tag: 
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「あ、また来たね」、と。



三千院のわらべ地蔵はファンが多いですよね。
あちらはおちゃめ、こちらははにかみ、でもどのお顔もやさしくやさしく微笑んでいます。
なんだか、お地蔵さまたちがこちらを覚えてくれているみたいな・・・。
何年、何十年ぶりに再会しても、名前を呼んで「久しぶり!」と言ってくれてる気がします。

もしかして、初めて会っても、再会したような気がするのかも。

この地に三千院がある限り、いつまでも苔の庭に遊ぶ小さなお地蔵さまたち。
きっと、見つめる人間の心に応じた言葉をかけて下さるんだと思います。
何度でも会いに行く。

去年は、春と秋に二度もお会いできて、嬉しかったなぁ~・・・。

►クリックで≪旅編≫へどうぞ。

スポンサーサイト
tag: 
  1. 2010/01/31(日) 21:21:00|
  2. ≪続・旅編≫へ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「沈まぬ太陽」



昨年から公開されている本作、見よう見ようと思っているうちに時間が経ってしまい、気づけばもう上映館が少なくなってしまっていて・・・危ないところでした。

今年の1本目は、重厚な社会派映画。

►Click to Read More

tag: 山崎豊子 
  1. 2010/01/30(土) 20:37:00|
  2. MOVIES
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

サクラサク



寒いな~と思っていると、「4月上旬並み」などという暖かさの日もある今日この頃。
4月上旬といえば、言わずと知れた桜の季節・・・。
秋の話をのろのろと書く一方で、来たる春の京都の花見の準備をちびちびと始めておりますが・・・今回のこの桜は、不断桜と呼ばれ、秋から春までずっと花を咲かせるのだそうです。

場所は、大原の実光院。
宝泉院と同じく勝林院の塔頭で、ここは僧院だったとか。

こちらを拝観するのはたぶん2度目・・・かな。
ふだんはついつい素通りしてしまいます。というのも、このお寺でも「お抹茶とお菓子」が拝観料に入ってまして、お参りするともれなく一服、ということになるのです。

宝泉院から来ると、「お抹茶とお菓子」二連続!・・・ということに。
だもので、つい。

今回は、門前の「不断桜、綺麗に咲いております」の貼り紙に、あえてその二連続をすることといたしました。まあ・・・二連続が三連続でも、なんのその、なんですけどね。
どんとこい(お菓子小さいし)!

失礼ながら、特に目立つ個性や華やかさはないお寺、お庭と見えました。
静かなお庭につつましく咲く桜花。

受験シーズンですね。私にも受験生の頃があった・・・っけ?
――咲く花や昭和は遠くなりにけり。

►クリックで≪旅編≫へどうぞ。

tag: 
  1. 2010/01/28(木) 21:20:00|
  2. ≪続・旅編≫へ

こんな勝林院を初めて



ワタクシ、初めて大原を訪れたときは――何しろ高校の修学旅行という大昔!――まるでここには三千院と寂光院のふたつしかお寺がないように思ってました。

三千院を訪れたらそこからもう引き返す、ということを2、3度した後、初めてその先に足を伸ばしてみて最初に出遭ったのがここ、勝林院。
本堂がひとつ「でん!」と立っていて、あとは前庭と呼んでよいのか、特に目をひくというわけでもない空間があるだけの、とてもシンプルなところなのです。

でも、私はその堂々とした迫力の大きさに、ちょっと言葉はヘンですが、ぞくっときました。
なんと素晴らしい。

拝観するのも、たとえ靴を脱いでたてものに入ったとしても・・・10分ぐらいかしら。
ボタンを押して、声明のテープを聴くのもよい感じです。
なんかこう・・・質実剛健という感じ。男性的なイメージのお寺なのです。




去年の11月は、まず大雨の夜にここにやってきました(その話はコチラ)。
闇の中に照らし出された金色のご本尊のお姿に、まさにあの世気分を味わいました。

その翌日、ブログUPはまだなのですが(写真がお粗末すぎて^^;)、西陣織の美術館を訪れた時、たまたま行きあった観光のご夫婦が、「昨日大原に行ったけど、思ったより紅葉が進んでいて素晴らしかった。その割に人がいなかった」と話されていました。

やっぱり昼間にもう一度大原に行こう!
と決めて迎えた、昨年秋の京都旅行、最終日。
青空の広がる、美しい日でした。そして、この日目にした紅葉もすべて美しかった。

質実剛健の勝林院。
いつも稽古着姿ばかりを見ていた青年が、きらびやかな能装束で舞台に立つのを目にしたらこんな感じかな・・・。あ、いや、青年ていうよりもちょっと年上な感じ?貫禄あるし・・・。
中村吉右衛門さんみたいな感じかな。かな。かな・・・。

・・・・・・。

え~・・・っと。
感動した、と言いたいのです。昨秋の京都、感動の第2位~(^0^)/。
同じような写真ばかり数枚並んでいますが、よろしかったら、是非。

►クリックで≪旅編≫へどうぞ。

tag: 
  1. 2010/01/25(月) 21:29:00|
  2. ≪続・旅編≫へ

IXYと御苑の夕方



とらやを出ると目の前に御所があります。
その日は、朝からショボショボ雨が降っていたので、あまり歩いてもおらず、そのクセ食べるものはたんまり食べていたんですよね。
こ、こんなにおなかがいっぱいでは、夕ご飯が入らんではないかえ。

・・・諸事情により、京都御苑をちょっと歩くことにしました。
中立売御門から入って、南に向かって――何度か歩いたことのあるルートを。

とらやに来る前に、宿にX2を置いてきていたので、この時のお供はIXYです。
X2を入手して以来、食べ物の撮影が専門のようになっているIXYですが、時々屋外でも出番があるんですねぇ。一眼と比べて、何て気楽に撮影散歩。

雨上がりの夕方だからか、ほかに人はほとんどおらず、なんか寂しかったですが・・・。
コンデジIXYの画像ですが、よろしければ久々に≪旅編≫で見て頂ければ幸いです。

►クリックで≪旅編≫へどうぞ。

P.M.散歩の甲斐あって何とか夕ご飯が入るくらいおなかを空かせることができましたが、
   面倒になって写真を撮らずに食べちゃいました――ので、記事はありません。
   のはは。

tag: 
  1. 2010/01/22(金) 23:10:00|
  2. ≪続・旅編≫へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。