本と旅とそれから 2011年02月

本と旅とそれから

錦秋蓮華寺≪蓮華寺≫

S110201.jpg


冬景色が続いていた京都旅の記録ですが、久しぶりに季節をさかのぼって、昨年11月の写真をUPしますね。
前回記事と、ところは同じ上高野の蓮華寺――でも、季節が違うので色彩が違います。
なんか、モノクロとフルカラーぐらい違う気がします。
時間的には、ひと月とほんの数日、ぐらいの違いしかないのですが。

►Click to Read More

tag: 2010年秋・京都 蓮華寺 
  1. 2011/02/12(土) 22:30:00|
  2. 旅する
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

玄冬蓮華寺≪蓮華寺≫

蓮華寺01


立春が過ぎ、春は名のみの風の寒さ・・・な、日もあるものの、それでもあとひと月ちょいで桜が咲く頃となってきました――雪が写ってる写真もこれで最後です(それに続くのがさらに季節をさかのぼって秋の写真というのがどーしよーもないですケド)。

豪雪地帯・大原から鯖街道を下がって来ると、目に見えて雪の量が減ってきます。
大原から来ると、八瀬を過ぎてすぐの辺りが上高野というエリアで、ここに蓮華寺というお寺があって――て、私のブログを覗いて下さる方は皆さん先刻ご承知ですね^^;。

►Click to Read More

tag: 蓮華寺 2011年冬・京都 
  1. 2011/02/10(木) 22:30:00|
  2. 旅する
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

雪の往生極楽院≪大原・三千院≫

三千院01


冬と、そして昨秋の京都の話、まだまだ続いてしまいます。
とりあえず・・・まず雪景色をあと少し、UPさせて頂きますね。大原の最後の一か所、三千院です。

►Click to Read More

tag: 大原 三千院 2011年冬・京都 
  1. 2011/02/07(月) 22:30:00|
  2. 旅する
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:8

秀吉と利休/野上弥生子

これまで読んでいなかったことが、ふと不思議に思えるような1冊・・・。
これはもう、ほとんど古典と呼べるのではないかという作品です。
野上弥生子――この名前も、すぐに夏目漱石を連想させるし・・・やっぱり古典じゃないかしら。

►Click to Read More

tag: 野上弥生子 京都の本 
  1. 2011/02/05(土) 22:30:02|
  2. 2011
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

モルフェウスの領域/海堂尊

海堂さんの作品というと、そのジャンルはメディカル・ミステリー・・・とでもいうのでしょうか。
でも、本書はすでにSFですね。
コールドスリープといえば、「夏への扉」と同じテーマだし。

►Click to Read More

tag: 海堂尊 
  1. 2011/02/05(土) 22:30:01|
  2. 2011
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:2