本と旅とそれから 2011年12月

本と旅とそれから

もみじ葉の形≪今熊野観音寺≫

今熊野01


初日の山崎界隈に続いて2日目の吉野山でも期待のモミジがパッとせず、しょんぼりムードが漂い出した今回の秋旅3日目。
朝一番は、どこかのサイトで「見頃」の表示を見た覚えのある今熊野観音寺に出掛けました。

►Click to Read More

tag: 今熊野観音寺 2011年秋・京都&奈良 
  1. 2011/12/20(火) 22:30:00|
  2. 旅する
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:4

やはり桜の吉野山≪奈良県・吉野山≫

吉野山01


去年の秋だったか、TVで吉野山の紅葉中継を見たという友人から、「綺麗だった」と聞き、それ以来まる1年、吉野山のもみじを見たい、とぼんやり思い続けておりました。
それで、おそらくは京都のもみじの名所はどこも大変混むであろうと予想された旅の二日目日曜日、人ごみを避ける意味でもいっちょ遠出をして吉野に行ってみよう!と、出発したのです。

►Click to Read More

tag: 2011年秋・京都&奈良 吉野山 
  1. 2011/12/18(日) 22:30:00|
  2. 旅する
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:14

西山・もみじの休日②≪十輪寺ほか≫

十輪寺01


ブログUPの間隔は空きましたが、旅の初日、楊谷寺からタクシーで次に訪れたのはこちら、十輪寺。
写真ではちょっと強調されてますが、それにしてもこちらのお寺の前庭は、常にもみじを通してしか光が入って来ないといいますか、「うすもみじ暗い」って感じだったのでした。

►Click to Read More

tag: 2011年秋・京都&奈良 十輪寺 
  1. 2011/12/14(水) 22:30:00|
  2. 旅する
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

偉大なる、しゅららぼん/万城目学

「しゅらららららっ、ぼぼぼぼぼんんんん」

・・・・・・・・・・

「ら」と「ぼ」と「ん」は、もっと多いです。これを、つづめて便宜上、「しゅららぼん」と。
で、それって何、といえば――擬音ですね。

万城目さんの新刊、回ってくるのは年末ぎりぎりか、と思っていたので、それよりはひと月ほど早かったわけで、その点まずはめでたしめでたし。
今回の物語の舞台は滋賀県、琵琶湖畔です。

►Click to Read More

tag: 万城目学 
  1. 2011/12/12(月) 22:30:03|
  2. 2011
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

壺坂幻想/水上勉

京都に出かける前にほとんど読み終えていたんですが、その後何だかバタバタしておりました。
やっぱり師走というのは気忙しいものです――うぅ。

さて、本書は、水上勉さんのエッセイ集。
エッセイというか――思い出の記とでも呼んだほうが。何となく切ない雰囲気です。

►Click to Read More

tag: 水上勉 
  1. 2011/12/12(月) 22:30:00|
  2. 2011
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0