本と旅とそれから 2012年01月

本と旅とそれから

まほろ駅前番外地/三浦しをん

あ~、面白いだろうと期待してましたが、期待に違わず楽しかった♪
「まほろ駅前多田便利軒」の続編・・・的なもの。
前作に漂っていた大人の童話的雰囲気が、さらに色濃くなったような。その分リアリティーは薄くなったと思いましたが、一層ほのぼのと、心温まる気持ちになるのでした。

►Click to Read More

tag: 三浦しをん まほろシリーズ 
  1. 2012/01/30(月) 22:30:02|
  2. 2012
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

きみはポラリス/三浦しをん

うちの図書館の予約枠は、どうしてたったの5冊なんですかねぇ。
大人気の本を2、3冊入れて、来月発売の本(あさのさんの「東雲の途」でーす。まだ発売になってない本でもリクエストいいですってー。・・・って、前にもやったことあるような気がするかも?)入れて、数日中に取りに行こうと思ってる本を確保するため1冊入れたらそれでおしまいじゃないですか。

ほかにも買って欲しい本あるのに。てか、あれって何で他の人がまだリクエスト出してないんだか。
狭山市の本読みさんたちよ!もっとアクションだ!狭山市駅前であんなに大規模な造園工事することないから、図書館にもっとバンバン本を入れてもらおうよ――ささやかなお願いぢゃないかー。

►Click to Read More

tag: 三浦しをん 
  1. 2012/01/30(月) 22:30:01|
  2. 2012
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

図書館の神様/瀬尾まいこ

なんとな~く読んだ1冊。タイトルがよさそうでしたしね。

多くの本読みにとって、図書館は聖地だったり遊園地だったりすることと思います。
いつもお世話になっている図書館や、思い出に残る図書館や。図書館というより図書室と呼んだ方が正しい小さな空間でも、大好きな場所だったり。
なんかこう・・・確かに神様いるかもね、なんて思ったりして。

►Click to Read More

tag: 瀬尾まいこ 
  1. 2012/01/30(月) 22:30:00|
  2. 2012
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

没後150年 歌川国芳展

歌川国芳展01


展覧会に出かけるのは、ずいぶんと久しぶり。
しかも、この森アーツセンターギャラリーという美術館は、今回初めて行きました。六本木ヒルズ内という場所柄もあってか、会社員風のお客さんが多いように見えました。最近は六本木や乃木坂で大きな展覧会が多くなりましたが、ワタクシはいまだに上野、竹橋派です・・・。

ホントはこの展覧会、しのちゃんと一緒に行きたかったところなのですが、あれこれ都合が合わず、残念ながらひとりで行ってきました。
にしても、ちょっと体調不良の時に出かけてしまったうえ、ロッカーにでも預けるつもりで少々重い仕事カバンを持って行ったところが預けそこね、「うぅ、くるひー・・・」とつぶやきながら、希代の浮世絵師の作品と向かい合っておりました。森アーツセンター、もっと椅子を置いとくれやす。オババを労わってちょ。
(それでも、山本耕史さんのオーディオガイドの声は涼やかでしたわ~♪)

►Click to Read More

tag: Art 
  1. 2012/01/27(金) 22:30:00|
  2. 遊ぶ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

木練柿/あさのあつこ

大好きなあさのさんの弥勒シリーズ(と名付けられていることも知りませんでしたが)第3作。

単行本が出たのはもうずっと前だったのですが、ちーっとも知らず、つい先日、初めて入った某書店に新刊の文庫版が並んでいるのを発見して大興奮。
ひっつかんでレジに持って行ったら、サイフの小銭を床にぶちまけてしまいました。
大慌てで拾い集めていると、小学生の女の子が手伝ってくれて、「どうもありがとうねぇ!」とお礼を言っていたら今度はその子が拾った小銭をとり落とし、そこに「ああっ!かえってお手間をかけちゃいまして!」と登場した女の子のお母さんも加わり、「いえとんでもない、ご親切に・・・」と、お恥ずかしい騒ぎを展開してしまいました^0^;。

►Click to Read More

tag: あさのあつこ 弥勒シリーズ 
  1. 2012/01/21(土) 22:30:02|
  2. 2012
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2