本と旅とそれから 2012年03月

本と旅とそれから

ボストン美術館 日本美術の至宝

ボストン美術館


展覧会は、やっぱり始めのうちの方が空いてますか?
・・・まあ、平日だったからっていうのが大きいとは思いますが。ラクに見られて快適でした。

よかったー。面白かった、ボストン美術館展。

►Click to Read More

tag: Art 
  1. 2012/03/24(土) 22:30:00|
  2. 遊ぶ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

別名、春告草というのだとか

梅03


都立小金井公園は、桜が見事なことで有名なところ。江戸東京たてもの園もここにあって、私もカメラを持って何度も訪れています。
昨年は桜を撮りに通うゾ!と意気込んでいたところ、震災が。お花見の自粛が相次いだからというよりも、節電とガソリン不足でなかなか出掛けられなかったのです。

►Click to Read More

tag: 都立小金井公園  
  1. 2012/03/20(火) 22:30:00|
  2. 撮る
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

東雲の途(みち)/あさのあつこ

とはいえやっぱり読書感想文も続きます。
発売前から図書館に予約を入れたけど、予約待ち順は2番。ふっ、狭山市のどこかに、私よりさらに一歩このシリーズを好きな本読みがいるのじゃな!

で、その誰かさんの次に借りて、もう、す~ぐに読んでしまいまひた^^。

►Click to Read More

tag: あさのあつこ 弥勒シリーズ 
  1. 2012/03/19(月) 22:30:02|
  2. 2012
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

極め道/三浦しをん

光文社からこの本が出たのは比較的最近なのですが、もともとの出版は2000年、収録されたエッセイは98年からの連載ということで、三浦さんのエッセイ集の第1冊目らしいです。
1976年生まれの三浦さんが、いまだ大学生の頃から書いておられた文章ってことですね。

正直なところ、三浦さんの初期のエッセイにはさして興味があったわけではなく、たまたま図書館の棚にあったのを借りて来てみたらそうした本だったのでした。

►Click to Read More

tag: 三浦しをん 
  1. 2012/03/19(月) 22:30:01|
  2. 2012
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

伏 贋作・里見八犬伝/桜庭一樹

なーんとなく気になっていて、「そのうち何かきっかけがあれば読みたい」と思っている作家さんは何人かいるのですが、そのうちのひとりがこの桜庭一樹さん。
ちょっと前に直木賞を取られるまでは、ぜんっぜん知らなかった方です――という作家さんは非常に多いんですけどー^^;。

めでたく(?)今回、初めて読むこととなりました。

►Click to Read More

tag: 桜庭一樹 
  1. 2012/03/19(月) 22:30:00|
  2. 2012
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0