本と旅とそれから 2012年11月

本と旅とそれから

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
tag: 
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

錦秋の京都2012 ~感動のTOP5

竹中稲荷神社


今年も、秋の京都に行ってきました。
今年は紅葉の訪れが早くて、私が帰って来た日ぐらいには、あっちもこっちも最終盤にさしかかっているようで、気分的には、ギリギリで間に合った、て感じです。

でも、京都滞在中に出遭うことのできた多くの錦繍の風景は、本当に美しかった・・・(T_T)泣いちゃうよ。

►Click to Read More

スポンサーサイト
tag: 2012年秋・京都 感動TOP5 
  1. 2012/11/30(金) 22:00:00|
  2. 旅する
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

この秋の京都へ

Kyoto01 2011

明日から数日、京都にお邪魔してきます~(≧∇≦)ノ彡らりほー。

秋になったら、昨年書き残した去年の京都秋旅行の記事をUPしよう、なんてずっと思っていたのですが、とりまぎれて果たせませんでした。
結局、この時の旅の最終日は、曼殊院までしか書けなかった・・・。
いやー、よかったな、曼殊院(←急に思い出してしみじみ)。

►Click to Read More

tag: 2012年秋・京都 
  1. 2012/11/24(土) 10:00:00|
  2. 旅する
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

祇園の男/瀬戸内晴美

某検定の公式ガイドブックの「男衆(おとこし)」の項目に、「男衆については瀬戸内晴美(寂聴)の小説『祇園の男』に詳しい。」とあったので借りて来たのですが、この本はもしかして、現在絶版なのかしら?
Amazonをはじめオンライン書店では、新本は買えないみたいです。そのため画像もなくて、(▼)にとりあえず載せた画像は、この本をもとに瀬戸内さんが脚本を書かれた、舞台のパンフです。

►Click to Read More

tag: 瀬戸内晴美 京都の本 
  1. 2012/11/11(日) 22:00:02|
  2. 2012
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

残穢/小野不由美

ああびっくりした。
怪談の顛末よりはるかに、「小野不由美さん、どうにかなっちゃうんじゃないか?!」と心配しましたが、どうやら心配はないようで・・・。

先日の「鬼談百景」(感想文は►コチラ)と同じ頃書店に並んだ本書。書店のPOPに「鬼談百景」の方を先に読んだ方が楽しめるのでは、とあったのでそうすることにしたのですが、本書の方がうちの図書館では人気があったのか、予約が回ってくるのにずい分時間がかかり、季節が変わってしまいました。

►Click to Read More

tag: 小野不由美 
  1. 2012/11/11(日) 22:00:01|
  2. 2012
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

PK/伊坂幸太郎

何やかやとバタバタしてここのところあまり本が読めずにいますが、そんな時に限って、図書館に予約を入れて長~いこと待っていた本が、まとまって回ってきたりします。
まあ、そゆことになれば、なんとか読むものです。

久しぶりの伊坂さん、懐かしいような。軽かったです。面白かった。

►Click to Read More

tag: 伊坂幸太郎 
  1. 2012/11/11(日) 22:00:00|
  2. 2012
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。