本と旅とそれから 2013年02月

本と旅とそれから

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
tag: 
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

麦の海に沈む果実/恩田陸

釧路湿原の真ん中にモン・サン・ミッシェルがあり、島(というか、丘)全体が全寮制の学校です。
固有名詞を排除すれば、まさにそういった設定の舞台。
――すごく少女マンガ風の物語でした。

►Click to Read More

スポンサーサイト
tag: 恩田陸 
  1. 2013/02/20(水) 22:00:02|
  2. 2013
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

スキップ/北村薫

これまで、「ある本を読んで楽しいと思うかどうか」という問いの答えを決めるのは、一にも二にも、その本が読み手、つまり私の好みに合っているかどうかだと思っていました。
最近は、それにプラスして、自分がその本を手に取るタイミングというのも大事なんだな、と思います。
・・・まあそういえば、最初に「西行花伝」を読んだときと二度目に読んだときで、ぜんっぜん違う本読み体験をしたというのも、タイミングのせいだろうと思うのですが。

►Click to Read More

tag: 北村薫 
  1. 2013/02/20(水) 22:00:01|
  2. 2013
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

東京下町殺人暮色/宮部みゆき

うちの図書館にちょっと不満があるとすれば、文庫本の品揃えがあんまりよくないことでしょうか。まあ、すでに単行本で蔵書があるものを、さらに文庫でも購入するというのは、限りある財源の使い方としては無駄と言えなくもないのでしょうが・・・。

というようなことをぼんやり考えながら文庫本の棚の前をウロウロしたあげく、ハズレのなさそうなのをということで借りてきた、宮部さんのミステリー。

►Click to Read More

tag: 宮部みゆき 
  1. 2013/02/20(水) 22:00:01|
  2. 2013
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。