本と旅とそれから 2013年10月

本と旅とそれから

萩の夕方≪梨木神社≫

梨木神社01

涼しくなった今になって振り返ると、何だか幻想世界のことにすら思えますが、先月、彼岸花を求めて明日香・稲渕で自転車をこいだ日は、ほんっっと暑くて、奈良県から京都府へと帰って来た頃には、私はへろへろでろでろ状態でした(旅行の日程は►コチラをどうぞ)。

►Click to Read More

tag: 2013年初秋・京都&奈良 
  1. 2013/10/22(火) 22:00:00|
  2. 旅する
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

京博がやってきた ~京都国立博物館特別シンポジウム

京博01


ようやく10月も下旬にさしかかり、さすがにしっかり秋らしくなってきましたね♪
でも、それにつれて、私にしては少々忙しくなり、ブログ書きの時間が思うようにとれなくなってきました――ひとつの記事を書くのにやたらと時間をかける自分がいけないんですけど。

それはともかく、先日聞きに行った京博(京都国立博物館)の特別シンポジウムのことを、ちょっと書き留めておこうかと思います。

►Click to Read More

tag: 京都国立博物館 Art 
  1. 2013/10/20(日) 22:00:00|
  2. 遊ぶ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

かのこちゃんとマドレーヌ夫人/万城目学

なんと可愛らしい!
「可愛らしい」という言葉の一番美しい意味において可愛らしい(わけわかりませんね)!

最近作が目下ちょっと追いついていないものの、万城目さんの作品は大体読んでいる私ですが、本書だけは読み残していました。それというのも、かつて誰からだったか、「あれは児童書だから」みたいなことを聞いていたからなんです。
今回は、図書館の文庫本の棚にたまたま見つけたので(←私の読書傾向としてよくあるパターン)、読んでみようかという気になりました。

►Click to Read More

tag: 万城目学 
  1. 2013/10/16(水) 22:00:02|
  2. 2013
  3. | トラックバック:3
  4. | コメント:0

想像ラジオ/いとうせいこう

先日、義妹Kちゃんと書店をブラつきつつ、お互いあの本を読んだ、その本を読もうと思っている、とお喋りしていたとき、私がこの「想像ラジオ」を「図書館から準備できたって連絡来たから、近々取りに行くよ」と話すと、Kちゃんが驚いたように、「え、いとうせいこうって、「あの」いとうせいこうですか?「あの」?」と言うのですね。で、「そうそう、「あの」いとうせいこうだよ」と答えたものの、よく考えてみたらワタクシ、いとうせいこうという人のことをほとんど何も知らないのでした。
――「あの」いとうせいこうって、「どの」いとうせいこうなんだか^^;。

►Click to Read More

tag: いとうせいこう 
  1. 2013/10/16(水) 22:00:01|
  2. 2013
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

スリジエセンター1991/海堂尊

うぅぅ~、最後が~、最後が悲し~・・・。どう悲しいかはネタバレなので書かずにおきますが・・・(T_T)。
「ブラックペアン1988」、「ブレイズメス1990」に続く第三作目。どうやらこの三冊で「バブル三部作」というものが完結するとのことです。

もしかするとワタクシ、ぐっちー&白鳥シリーズより、この三部作の方が好きかも・・・ってくらい、このバブル期の佐伯外科教室を舞台にした3冊が好きですわ♪

►Click to Read More

tag: 海堂尊 
  1. 2013/10/16(水) 22:00:00|
  2. 2013
  3. | トラックバック:2
  4. | コメント:2