本と旅とそれから 2014年12月

本と旅とそれから

えどさがし/畠中恵

読書感想文のUPはふた月ぶりですか~!自分でもびっくり。
本を読んでいなかったわけでは、もちろん、ありません。
ただ、何冊かに分かれた長編を読んだり、まだ続行中でシリーズものを読んだりしているので、感想文を書くまでに時間がかかっていたりします。

そしてもうひとつは、現在、私がいつも利用している市の図書館が耐震工事のため閉館中だというのも、最近本読み記事がスローな理由。来年の3月までかかるそうなのです。それまでは、もうひとつある別の市立図書館を使うか、あらかじめオンラインで予約した本を市民センター内に設けられた特設カウンターで受け取るという形で借りるか、になります。

►Click to Read More

tag: しゃばけシリーズ 畠中恵 
  1. 2014/12/23(火) 22:00:02|
  2. 2014
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

播磨灘物語1~4/司馬遼太郎

かなり久しぶりの司馬遼作品。以前からタイトルだけは目にしていましたが、黒田官兵衛の物語だとは認識していませんでした。友人と話していてそうとわかったので、まあ今年は官兵衛イヤーでもありましたから、読んでみました。

►Click to Read More

tag: 司馬遼太郎 
  1. 2014/12/23(火) 22:00:01|
  2. 2014
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

はなとゆめ/冲方丁

なんだか、懐かしいマンガ雑誌のようなタイトル――でも、雑誌の方は「花とゆめ」なんですね。「はな」が漢字で。
これまで冲方さんの小説は「天地明察」と「光圀伝」を読んでいて、これが三冊目。清少納言の一人称で語られる、平安朝の殿上人たちの物語です。

►Click to Read More

tag: 冲方丁 
  1. 2014/12/23(火) 22:00:00|
  2. 2014
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

もみじとツツジ≪仁和寺≫

仁和寺

妙心寺の北門を出て、てくてくと仁和寺へ。遅咲きの御室桜で知られたこちらへは、春に二度お邪魔したことがあります(記事は►コチラと►コチラ)。
・・・最近はさすがにあまり思い出さなくなったものの、実はその前にももう一度訪れていて、そこで初めて「ころもとシッポだけのえび天の入った天ぷらうどん」というものを食べて衝撃を受けたのでした。

►Click to Read More

tag: 2014年秋・京都 
  1. 2014/12/21(日) 22:00:00|
  2. 旅する
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

秋の露地庭園≪妙心寺・大法院≫

妙心寺 大法院

段々と賑わい始めた龍安寺を後に、歩いて妙心寺にやって来ました。
おうかがいするのは塔頭のひとつ、大法院。新緑と紅葉の季節に公開される露地庭園を拝見します。

►Click to Read More

tag: 2014年秋・京都 
  1. 2014/12/19(金) 22:00:00|
  2. 旅する
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4