本と旅とそれから 2015年02月

本と旅とそれから

流星の絆/東野圭吾

間違えてしまった・・・。
予約もなしに借りられた時点で間違いに気付きなさいよ、ワタシ――流星違い。
「流星ワゴン」を借りたつもりでした。ドラマを見てみようかと録画予約し、そのときに本書を借り、ドラマの方は初回の冒頭だけ見てその後をやめ(子供が家庭内暴力をふるうシーンで挫折)、まあ原作だけは読んでみようかと読み始めてしばらくしてようやく、間違った本を借りたことに気付きました。
・・・まあ、いいです、べつに。

►Click to Read More

tag: 東野圭吾 
  1. 2015/02/21(土) 22:00:02|
  2. 2015
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

営繕かるかや怪異譚/小野不由美

「十二国記」を愛するあまり忘れそうになりますが(にしても、続編の長編が出るって話はどうなったんですか、新潮社!)、小野不由美さんって怪談話作品の方が多いんですよね。最近作の「鬼談百景」(感想文は►コチラ)や「残穢」(感想文は►コチラ)などは、かなり怖かったです。そして何といいますか、今あらためて思うと「生臭い」とでも言いたいような怖い話でした。

それに比べて本作は、怖さの点では少し下がるものの、もっと爽やかな・・・というか、古い町の雨や風が感じられるような物語でした。

►Click to Read More

tag: 小野不由美 
  1. 2015/02/21(土) 22:00:01|
  2. 2015
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カレイドスコープの箱庭/海堂尊

相変わらず快調なスピードで刊行されていく海堂さんのぐっちー&白鳥シリーズ。もはや固有名詞(特に、中心人物以外の人名)は何が何やらわからなくなっております。
そんな読み手の惨状を察してか、本書は巻末にかなりのページを割いて、様々な人名その他固有名詞のグロッサリーが載せてあります。でも、人物の説明が短すぎて、あれじゃー全然ダメだわー。鳴海涼って誰だったっけ?所属機関と肩書きだけじゃ思い出せないよぅ。

►Click to Read More

tag: 海堂尊 
  1. 2015/02/21(土) 22:00:00|
  2. 2015
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

最終日の終り≪建仁寺、法輪寺≫

建仁寺01

昨秋の京都旅、最終日のことはもう少し記事を分けてUPしようかと思ったのですが、例によって旅の最終日はうまくスケジュールが立てられず、ごちゃごちゃしてしまったことですし、写真もあまりないので、一挙に書いてしまうことにしました。

まずは建仁寺から。

►Click to Read More

tag: 
  1. 2015/02/15(日) 22:00:00|
  2. 旅する
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

雨の朝≪随心院≫

随心院

秋の旅の記録もようやく最終日。予想通り、雨の朝となりました。
なので、かねてよりの計画通り、随心院へ。
こちらは、最近では一昨年の桜の季節にお邪魔しています(記事は►コチラ)。晴れた日の桜の風景と、雨の日のもみじの風景じゃ、まるで別の場所。それに随心院の場合、桜は主に薬医門前、梅園わきの辺りにありますが、もみじは奥の本堂前のお庭がメインです。

►Click to Read More

tag: 
  1. 2015/02/13(金) 22:00:00|
  2. 旅する
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0