本と旅とそれから 2018年05月

本と旅とそれから

フォルトゥナの瞳/百田尚樹

作家さんの名前で借りてきた1冊。まず間違いなく面白く読めるでしょう、と。

予想に違わず、面白かった。以前読んだ、同じ百田さんの「プリズム」(感想文は►コチラ)と、物語の雰囲気がよく似ているように思いました。主人公があれこれ思い悩みながら話が進んでいく、というところが。

►Click to Read More

tag: 百田尚樹 
  1. 2018/05/05(土) 22:00:00|
  2. 2018
  3. | トラックバック:2
  4. | コメント:2

蜜蜂と遠雷/恩田陸

名作にして力作~~(T_T)。
音楽をここまで文字で描くなんて、それだけですごい。

昨年、直木賞と本屋大賞をダブル受賞し、当然大変話題となり、図書館に予約を入れたものの、すごい数の予約待ちとなり、予約を入れたことをほぼ忘れた頃にやっと回って来た本書。
(ちょっとだけですがネタバレありますので、ご注意。)

►Click to Read More

tag: 恩田陸 
  1. 2018/05/03(木) 22:00:00|
  2. 2018
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

あやかし屋台なごみ亭2/篠宮あすか

シリーズ2巻目。どうやら、3巻、4巻とすでに刊行されているようす。
実に軽~いファンタジーですが、何となくわかる気もします。可愛らしい話が集まってます。

►Click to Read More

tag: 篠宮あすか 
  1. 2018/05/01(火) 22:00:00|
  2. 2018
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0