本と旅とそれから 2018年09月

本と旅とそれから

御子柴くんの甘味と捜査/若竹七海

これもラノベといってもよさそうな軽い(別に悪い意味ではなく)小説です。
主人公をはじめとする登場人物たちのキャラが、非現実的に軽いし。警察関係者がほとんどなのに。

ただ、短編集の形式なので、いくつか描かれる犯罪の内容は、決してライトではなく凶悪だったり残酷だったりで、そこのところのミスマッチが、面白いとも、居心地の悪さのようなものを感じさせるとも言えます。

►Click to Read More

tag: 若竹七海 
  1. 2018/09/01(土) 22:00:00|
  2. 2018
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0