本と旅とそれから 「仮面の男」の城≪ヴォー・ル・ヴィコント城①≫       (2006年Paris)

本と旅とそれから

「仮面の男」の城≪ヴォー・ル・ヴィコント城①≫       (2006年Paris)


(7日目月曜日 1/5)
旅も7日目。そろそろ終盤という雰囲気かな。何が何でも見たかったところ、リベンジを期していたところは無事見終え、行き終えたので、あとは、「今回はちょっとあそこを覗いてみよう」ぐらいのところにできるだけたくさん行きたい・・・。

その一番手が、本日最初に出かける、ヴォー・ル・ヴィコント(Vaux le Vicomte)城。
レオナルド・ディカプリオ主演の映画「仮面の男」の撮影舞台となったお城ということで、まず興味を持ちました!

モン・サン・ミッシェルもひとりでの遠出だったけど、あの時は乗る電車もバスも事前に完璧に手配されていたので、遠いといってもさほどの不安はなかった(何事もなく行って帰って来た今でこそ言えるけど)のですが、今回のこのヴォー・ル・ヴィコント城は、パリからの距離はさほどではないものの、まるっきり全部自分で面倒見なければなりません。
▲城の北側。こちらから入ります


事前にいろいろと調べはしたのですが。RERで行くんですが・・・今回は乗るの初めてです。まずメトロでリヨン駅まで行き、電車の時刻表を見たけど、よくわからないので、インフォメーション・ブースのお姉さんに訊きました。そして教えてもらった通りに、お城の最寄のムラン(Melun)駅までの切符を買い、教えてもらった電車に乗車。

事前に調べていたところでは、このRER、ノンストップならリヨンから20分ちょいでムランに着いてしまうらしいのですが、そうそうノンストップはないようで、どうやら私の乗ったのは、準急ぐらいだったみたい。途中の駅では、ドアが開いたまま15分ほども停まったりして、車内アナウンスはあるけどフランス語でちっともわからないし、ようやく動き出してもほとんど各駅停車だし、過ぎていく駅の名前も何だか路線図で見たのと違うみたいだし(そんなことはなかったんですが)、ずい分不安になりました。
それで、近くに座っていた初老のご夫婦に「この電車はムランに行きますか?」と訊いてみたら(あ、英語で、です)、"Oui"ということだったので、ほっとひと安心。「次がムランだよ」と教えて下さったりもして、親切な方々でした。結局リヨンから約1時間かかりました。

ムランからはタクシー。考えてみれば、タクシー乗るのも今回はこれが初めて。
これもあらかじめ調べておいたのですが、帰りは城でタクシーを呼ぶ以外交通の便はない、ということだったので、運転手さんに電話番号を書いたカードをもらっておきました。
ぶんぶん飛ばすタクシーで、10分程度で到着。

▼さて、内へ。

バカンス・シーズンだということを考えれば、空いていたといえるかも。日本人の姿はありませんでした。ただ、一部外壁を修復中でシートがかかっており、その部分は窓も締め切っているので暗い。いろいろ説明表示もあるのですが、フランス語で、わからない・・・。


まず最初に頭に浮かんだこと。
「これは、ロワール河古城巡りの前に来た方がよかったかな・・・?」
豪華なインテリアに溢れる部屋が続くのですが、何しろ、昨日は一日中そういうのばっかり見てましたからね~。目が・・・というか、感覚的に「慣れ」ちゃったみたいで。

お城には、ドームと呼ばれる屋上の塔があり、ここは別料金なのですが、せっかくなので上がってみることにしました。

狭い螺旋階段(▲)を上がって行くと、おぉ~、360度、素晴らしい眺望。中でも、城の南側に広がる庭園(▼)が素晴らしい。
またしても、地平線まで広がるお庭ですねぇ・・・。

ぐるーりと城てっぺんからの眺望を堪能した後、また建物の中へ。
引き続き、どこまでも豪奢な部屋部屋。
でも・・・ここまでの豪華絢爛さが、城を建てた人にとっては災いしたんですね。
このお城を建てたのは、ルイ14世の財務長官だったフーケ。贅を尽くした城を見てもらおうというので、国王を招いて宴会を催したところ、あまりの素晴らしさを妬んだ国王と、後にフーケの後任となるコルベールの讒言で、フーケは投獄され、何と19年の獄中生活の後に獄死したのだとか。・・・で、「仮面の男」の元ネタになるみたいです。

どこのお城に行ってもある、これまた豪華な図書室(▼)。空しいけど、憧れます。

ちなみに、このヴォー・ル・ヴィコント城の建築・内装・庭園を手がけた3人が、そっくりそのまま後にヴェルサイユ宮殿を作り上げるのです。「仮面の男」でディカプリオが演じた弟の方のルイ14世はものすごく人格者だったけど、ホントは兄の方みたいな人だったのかしら。ずい分嫉妬深かったようで・・・。


食堂(▼)には、午前中の陽射しが降りそそいで、明るいです~・・・。

この後、「仮面の男」に挨拶してから、広大な庭へと参りましょう。どこまで歩けるか自信ないけど・・・。                                           (敬称略)

記:2006年11月20日(月)
関連記事
tag: 
  1. 2006/08/07(月) 00:01:00|
  2. 06夏・Paris
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

トラックバック

トラックバック URL
http://lazymiki.blog110.fc2.com/tb.php/1015-e62550d4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント

No title

うぁ~。またしても広大なお庭。地平線まで広がっていますね~。
しかも美し~~い。
前日のシャンボール城よりも好きだわ?
次はこのお庭を散歩されるのね。楽しみ^^
ちなみに、最後の右下の写真、ケーキ+マカロンタワー?
本物じゃないですよね?(笑)
美食の町リヨンには、次回是非行ってみたいと思っています。

ちなみに、私がロワールの古城巡りをしたのは8月の下旬。
他のお城には人がいたのに(そんなに大勢ではありませんでしたが)、何故かシャンボール城にはいなかったんです。
  1. 2006/11/21(火) 10:36:00 |
  2. URL |
  3. camille_31 #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

仮面の男大好きです!
レオより他の3人が素晴らしかった。もちろん、三銃士も大好きです!
DVDで一体何度見てるか・・・

なんかいいな~一杯行ってますね。私なんてパリだけでショボショボですわ。あんまり観光してないし・・・
ジェラルドの大学行ったけど、ゆっくり観光もしてないし。

いいんです!このブログで観光気分♪

それにしてもあのお庭見た時、ヴェルサイユみたい!と思いました。
結構つくりとか似ているのですね(私だけ?!)
中の装飾もため息ですわ。
私あのドームが好きです!木で古臭くていい感じ!別料金取るっていうのもすごいけど、私も行くだろうなあ。

庭の整備する人にお会いしてみたい・・・
  1. 2006/11/21(火) 15:41:00 |
  2. URL |
  3. eikita711 #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

大冒険でしたね。(「大」をつけて失礼!)
お城に着くまでのところをドキドキしながら読みました。
で、着いたお城がまた素晴らしい。ここまでお城のオンパレードですね。
私も↑庭師さんたちが仕事しているところを見てみたいです。
  1. 2006/11/21(火) 19:52:00 |
  2. URL |
  3. ruksak #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

◆camilleさん、
このお城を建てたのは王様ではなくて財務長官さんでしたが、それでも絶対王政時代の城館って、すごいですよね。
行った日は、陽射しがとても強くて、旅も後半ということもあってちょっとヘバっていたのが今思うと残念です。
夜には、キャンドル・ライトの夕べみたいな催しもあるということで、本当はそれにも行きたかったんですが、今回はダメでした。
マカロンタワー、ニセものでした・・・と思います(^^;

同じ8月でも、上旬と下旬では混み具合とか、ずい分違うんですね。
きっとフランスでなくてもそうなんでしょうね。次回の旅行の時には、しっかり頭にとどめて計画立てます!
  1. 2006/11/21(火) 22:15:00 |
  2. URL |
  3. lazyMiki2 #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

◆eikitaさん、
レオも悪くはなかったけど、やっぱロバート・バーンのダルタニアンがよかったよねっ。
私、あれの原作も読みたいんです。映画のような、悲劇の中にも明るいエンディング・・・というわけにはいかないらしいですけど。

このブログで観光気分を味わって頂けるなら、ホントに私も嬉しいよん。

ヴェルサイユ、鏡の間の修復が完全に終わったらまた行ってみたいです(もう終わってるのかな?)。といっても、私はヴェルサイユの宮殿よりむしろ庭園や離宮が好きなんですけど。

ドームは別料金(2ユーロさっ)だけど、やっぱ、見ないとね。
お天気がよかったから、風が爽快でした~♪
ホント、ああいう庭園の手入れってどうなってるんでしょうね?
フランスはきっと庭師人口が多いんだろーな?
  1. 2006/11/21(火) 22:20:00 |
  2. URL |
  3. lazyMiki2 #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

◆ruksakさん、
はーい、自分としてはドキドキの道中でした!
RERって、メトロと比べてちょっと危ないと聞いていたので、電車の中でも緊張してました。郊外なのでパリのガイドブックには路線図も載っていないし、「ムラン」というのが目指す駅の名前だったのですが、非常によく似た名前の別の駅もあったので、自分が間違ってそっちに向かっているのじゃないかとか、いろいろ考えちゃいました。
今回の旅行では、「城と教会と古い建物を見る」というのが大きな目的のひとつだったので、ガンガンいきました!
おかげでちょっと飽和しちゃったんですが・・・(^^;
庭師さん、何人でやってるんでしょうね・・・。
  1. 2006/11/21(火) 22:25:00 |
  2. URL |
  3. lazyMiki2 #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する