本と旅とそれから 紅葉≪於 法然院・哲学の道≫                  (2006年秋・京都)

本と旅とそれから

紅葉≪於 法然院・哲学の道≫                  (2006年秋・京都)

11月27日(月)

今回は、法然院と、そこから銀閣寺へと通じる哲学の道沿いの紅葉です。時間的には、先日見て頂いたよーじやカフェの前と後、ということになります。
実は法然院はその前日、鶴屋吉信でeikitaさんと初顔合わせした後、彼女といったん別れてしのちゃんと行ったのですが、わずかな時間差で閉まってしまった後だったんです。その時は雨が降っていましたが・・・翌朝は曇り空ながら、何とかまだ持ちこたえていました。

法然院は、小さいけれどとても風情のあるお寺。建物内部は、一年のうちほんの限られた期間、拝観が許されるだけです。以前特別拝観期間中に行ったことがありますが、もう人がど~っと押寄せちゃって、何を見たんだったか。
ですから、決して広くはないお庭をぐるっと巡るだけでも、静かな時に行くことを、私としてはお薦めしたいと思います。

▼白砂壇                          ▼山門        

TOP画像は、お庭の片隅にある蹲(つくばい)・・・というには背が高いんですよね、手水鉢なんですが、ああいうスタイルのは何と呼ぶのでしょうか。画像はその足元のところを写したものですが、本当は上の鉢の縁ところに椿の花や葉があしらってあったりして素敵なんです。
前日の雨のせいか、この日はその花がちょっと萎れていたので写しませんでした。

▼山門の紅葉

このお寺には、「細雪」の谷崎潤一郎のお墓があります。
色づいた満天星(これで「どうだんつつじ」と読むそうです。驚き。)に囲まれ、「寂」と「空」の二つの墓石が並びます。谷崎夫妻のお墓は「寂」、「空」は夫人の妹夫婦のものだそうです。

▼「寂」                         ▼「空」

そしてここを出てからよーじやカフェに行き、その後哲学の道を戻って銀閣寺へと歩きました。
てくてくと。


春は桜を楽しめる哲学の道。ところどころに、はっとするような色彩の紅葉があります。



やがて人の数が増え、慈照寺銀閣に到着します(ちょっと「世界の車窓から」みたい?)。

関連記事
tag: 法然院 哲学の道 
  1. 2007/01/10(水) 20:30:00|
  2. 06秋・京都
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7

トラックバック

トラックバック URL
http://lazymiki.blog110.fc2.com/tb.php/1036-928f8e8b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント

No title

満天星の赤も、もみじの赤も、どちらもきれいですね。
この時期なのに、人物がほとんど入らないように綺麗に撮影されていますね。人物がいない方が、秋の寂しさが出てていいですよ。
哲学の道は、春しか行ったことがないのですが、秋も行ってみたいです♪
  1. 2007/01/10(水) 23:30:00 |
  2. URL |
  3. あつこ #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

さわさわと水の流れる音や紅葉の揺れる音が聞こええてきそうですね。
静寂な、というのがピッタリな秋の風情です。
シーズン中にいかれてるはずなのにこんな写真がとれるなんて
lazyMikiさんやっぱり写真、お上手ですよ~!
トップの手水鉢も紅葉の葉に彩られて違った顔を見せてくれてますね。
とても素敵ですv
  1. 2007/01/10(水) 23:55:00 |
  2. URL |
  3. mattya-genmaitya #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

◆あつこさん、
おぉ、この苦労をお察し下さるとは、嬉しい・・・。
法然院の白砂壇の写真、もー、あのすぐ脇に三脚立てて巨大なカメラを構えたおじさんが3人ほど、長時間動いてくれなくて困ったんですよー。
そのおじさんたちが入った写真も仕方なく撮ったんですが・・・。
しばらく待って諦めて、境内を一巡りして来たらようやく移動していたのでまた撮りました。
まあ、他のメジャースポットと比べれば、とても風情があるにもかかわらず法然院は静かなんですけど。
哲学の道、なんだかんだ言って、近年よく歩いています。
東山界隈っていいですねー。
  1. 2007/01/11(木) 00:03:00 |
  2. URL |
  3. lazyMiki2 #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

◆mattyaさん、
えっ、そうかな?
写真、ちょっといい?ホント~?(ついニヤニヤ・・・。)
でも、京都の紅葉って、どう撮ってもある程度は絵になるから・・・。
といいつつ、褒められて嬉しいよん(^0^)
ありがとう、mattyaさん。
法然院は、静かなのが大きな美点のひとつです。
小さいし、ふだんは建物に入れないからだと思うんですけど。
でも、私は大好きスポットなんですよ。
紅葉も桜もない季節でも、ここは行きたいです。
本当は椿のお寺らしいんですけどね。
  1. 2007/01/11(木) 00:09:00 |
  2. URL |
  3. lazyMiki2 #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

私も前に京都に行ったとき、もう10年以上前になります、法然院行きました。春、桜は終わってたと思います。
いいところですよね。
  1. 2007/01/11(木) 08:03:00 |
  2. URL |
  3. ruksak #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

それから、(すみません、書き忘れちゃった)
英語ですか!?
すごい便利なものがあるんですね。(こんなことをいうのは無知かしら)
  1. 2007/01/11(木) 08:05:00 |
  2. URL |
  3. ruksak #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

◆ruksakさん、
いいところです(^‐^)
広くないし、建物には入れないし・・・なんですが、な~んか、いいです。
好きで、何度も行っている・・・割には入口間違えました、今回(^^;

自動翻訳、私もつい最近知りました。
でも、凄まじい訳ですよ。
このページのも見てみましたが、「山門」なんて"YAMATO"なんてなってるし、意味不明単語はすっとばすらしくて、「よーじやカフェ」なんてどこにも見当たらなくて、文が虫食い状態です。
まあ友人には、大体こゆこと書いてんだな、と推測するネタにしてねと言ってありますけど。
  1. 2007/01/11(木) 23:36:00 |
  2. URL |
  3. lazyMiki2 #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する