本と旅とそれから 角屋、新撰組壬生屯所跡                    (2006年秋・京都)

本と旅とそれから

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
tag: 
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

角屋、新撰組壬生屯所跡                    (2006年秋・京都)

11月28日(火)
ずい分前に一度、「私の好きな京都スポット」ということで書いたことがあるのですが、秋にも行きました――角屋(すみや)。


前回記事では角屋のパンフから写真を拝借したので(ちょ、著作権・・・^^;)、撮影禁止の2階の映像がありますが、今回の写真は全部自前なので、1階のものばかりで地味・・・。

この日はしのちゃんがいなくてひとり行動。またまたベッドの間違った側から下りたらしく、午前中訪れたカフェやら和菓子店やら(新島襄邸も)が軒並み「定休日」で、ちょっと落胆し、とぼとぼ歩きでやって来ました――皆さま、京都の火曜日はご注意を。


観光シーズン真っ只中、とはいえ、ここには紅葉の「こ」の字もないので、らくらく予約。ガイド付き見学は2階のみで、1階は自由に見て回ることができますし、写真撮影もOKです。


角屋って何?については、前回記事に書いたので、どうぞご参照下さい。




今回は女性のガイドさんでした。前回の時と同じく、本当にこの建物のことをよくご存知で、「愛してるんだねぇ、角屋を」って雰囲気のご説明。ただ、前回より短縮バージョンになってて、西郷隆盛の盥(たらい)の話とかはなかったなー(盥はありましたが)。


再び見ても、やっぱり素晴らしいところでした。



その後、近くの輪違屋(わちがいや)にも行ってみました。

角屋が揚屋なのに対し、こちら輪違屋は置屋、つまり、芸妓さんたちの派遣元ですね。島原大門跡のすぐ近くにありますが、ここは現在でも営業中だそうで、内部を見ることはできません。いかにも「覗いてごらん」チックにちょっとだけ引き戸が開けてあったのですが(たまたま?)、中は暗くて何も見えませんでした――覗いたんですね~・・・。

そこからひたすらてくてくと北上。ケータイから先斗町のお店に夜の予約の電話を入れたりしながら歩きました。20分くらい、かな。

目指した先は、八木家。新撰組の壬生屯所だった郷士の屋敷です。
途中壬生寺の境内を横切ったのですが、驚いた、壬生寺いつの間にあんな建物作りましたか!近藤勇の胸像などがある一隅、以前は露天だったのですが、今回行ってみたら木造の小さな建物に収められていました。新撰組大好き!なワカモノたちのメッセージノート(少女マンガ風のイラスト溢れてたっけ・・・)も置いてあるコーナー。



以前はこの八木邸も非公開だったのですが、いつの間にかこんな旗まで立てられて・・・内部を見せてもらえるようになったのはありがたいことですが。
門前の和菓子店
鶴屋鶴壽庵(八木家の経営だったんですかー)の喫茶とセットになった見学なんですねぇ(^^;

こちら、混むときは混むらしいですが、私が行った時は大したことはありませんでした。
一見、熱烈な新撰組ファン?という雰囲気の年配の男性が説明をして下さいます・・・が、東えびすの私などは、「当時京都の人たちは、壬生狼(みぶろ)って呼んで嫌ってたんじゃないの~?」と疑いの目を向けて聞いておりました。イヤな客です。

内部は写真OKだった(と思う)のですが、特にどう変わったおうちというわけでもありません。
にしても、お昼を食べずに歩き回ったので、屯所餅ひとつとお抹茶だけではとても足りず――1ダースぐらい食べられる気だったなー、屯所餅。

関連記事
tag: 角屋 新撰組屯所 
  1. 2007/03/23(金) 19:40:00|
  2. 06秋・京都
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

トラックバック

トラックバック URL
http://lazymiki.blog110.fc2.com/tb.php/1046-cc39640c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント

No title

お誕生日おめでとうございます!この渋い写真とお誕生日という組み合わせ。これからなんかとてつもないものが掲載されるのでは、と期待しております。 都子
  1. 2007/03/23(金) 21:19:00 |
  2. URL |
  3. 都子 #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

◆都子さん、
ぴったり当日に届いたカード、ありがとうございました。
そういえば都子さんは世紀末アートがお好きでしたっけ・・・?

とてつもないもの、ね?
・・・と言われて「つちのこ」しか思い浮かばない私は発想が貧困でしょうか――ですね。
今私が狙っているのは・・・「にぼし」です。
  1. 2007/03/24(土) 21:23:00 |
  2. URL |
  3. lazyMiki2 #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

いかにも京都らしい、いいところですね。
関西に住んでいながら、知らないところがいっぱいで、もっといろいろ行かないともったいないですね。

lazyMikiさん、お誕生日だったんですね。遅ればせながら、おめでとうございます♪
  1. 2007/03/24(土) 22:05:00 |
  2. URL |
  3. あつこ #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

◆あつこさん、
「あつこ」というお名前を持つお二人(「都子」さんの読みも「あつこ」さんなんです)から祝って頂いて、誕生日自体は別に嬉しくありませんが、お気持ちが嬉しいです。
おひつじ座ならぬ、ものぐさひつじ座の私です。

関西、中でも近畿圏におすまいの方は、申し訳ありませんがもれなく私の嫉妬の対象です。美味しそうなケーキやチョコレートの記事を読ませて頂くたびに、「あつこさんは神戸の方だったなぁ」と、嫉妬ゴコロを新たにしております。
  1. 2007/03/24(土) 23:04:00 |
  2. URL |
  3. lazyMiki2 #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

ステキ、ステキ!
京都は大好きだけれど、知らないところばかりです。
(知っているところがほんの僅か、と言ったほうが正しいですね^^;)
↓新島襄旧邸も、角屋ももちろん訪れたことがなく・・・。
一度行ってみたいです!

お誕生日を迎えられたんですね。
遅ればせながら・・・おめでとうございます!!
楽しいこと、嬉しいこと、ステキなこと、感動するものにたくさん巡り逢える1年となりますように^^
  1. 2007/03/27(火) 16:05:00 |
  2. URL |
  3. camille_31 #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

◆camilleさん、
お返事遅くなってしまい、ごめんなさい。
京都は本当に見どころがたくさんで、何度訪れても飽きることがありませんよね。
パリもそうだし、それが古都の魅力というものかも知れません。
お店なんかは年々新しいのが出来たりしますし。
角屋は歴史の重みを感じさせるすばらしいところです。
説明もすごく興味深いし・・・。是非一度おはこび下さい♪

ありがとうございます♪
楽しいことや美味しいものに巡りあうきっかけを求めて、camilleさんのブログにもうかがわせて下さいね(^0^)/
  1. 2007/03/30(金) 22:52:00 |
  2. URL |
  3. lazyMiki2 #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。