本と旅とそれから 炭火割烹 いふき                         (2006年秋・京都)

本と旅とそれから

炭火割烹 いふき                         (2006年秋・京都)


ぐずぐずと書いてきた去年秋の京都旅行の記事も、これをもって一応おしまい、とさせて頂きます。最後は是非ここの話で、と思っていたお店の名は「炭火割烹 いふき」。
すべての点で、今回の京都旅行でダントツに素晴らしいと思ったお店です――もちろん、京都についても京都のお店についても、まだまだ初心者の域を出ない私の知る範囲で、ですが。

11月28日(火)なぜここを知ったかといいますと。関西方面では多分よく知られているのでしょうが、「あまから手帖」ていうグルメ雑誌があるんですが、このお店は、その雑誌の2006年12月号京都特集の表紙を飾ったんですよ。

雑誌を見た時点では、もしかして私たちにはちょっと背伸びなお店かも・・・と思ったりしたのですが、ちょっと「えいやっ!」で予約入れてしまったのはワタシです。
先斗町の21番路地・・・て、先斗町の路地って番号付いてたんだ。

▲たらの白子のうま煮

私たち二人はカウンター席でした。目の前にご主人や奥さんがいて言葉を交わせて何となく楽しいんです。最初に苦手な食材を訊いて下さいますが、しのちゃんはすかさず「てんぷらはダメなんです!」。

この「うま煮」、敢えて言うなら「ゲキうま煮」。私、家ではまず白子って食べないんですよ。見た目がちょっとな、っていうのがあって。外ではOKなんですけどね。でもすんごくおいし~い。ちょっと見えないアングルでほうれん草(だったっけ?)が添えられているんですが、しのちゃんは「あれだけでも3人前ぐらい食べられるよ」と感動してました。
▲三重のハマグリのお吸物

ちなみに、今回の記事のかなりの部分は、しのちゃんの筆跡によるメモに基づいて作成されております。私は・・・結構呑んだくれてまして・・・シツレイ。
▲大間のマグロとサヨリのお刺身

「お客様、ラッキーですよ、今日は大間のマグロが入っております!」と奥さんが嬉しそうに言って下さるのに、食に疎いわたしは「へ?」。だが、そこは口の肥えた難波っ子しのちゃんがばっちりフォロー、「え~、それは嬉しい!」。
その後学びました。大間のマグロってブランド・マグロだったのね。
▲鯖の押し寿司
しのちゃんメモsays「少しあぶってます」。

▲蓮根饅頭
筆跡ぐっちゃりなりながらも、「饅頭」とちゃんと漢字で書きとめているあなたはエラい。

ご主人が手にしているのは銀杏を焙る道具。
私はこの頃にはすっかりいい気分で、出して頂いた銀杏の殻を取るのが面倒でパス。しのちゃんが剥いてくれて・・・。
つまり私は食べて呑んで撮って、しかしてなくて、細かいことはみんなしのちゃんが・・・。

にしてもこのメモには、「銀杏は1日7粒までは鼻血が出ないらしい」とあります。うむ、確かにご主人がそんなことを言っておられたな――ご夫婦揃っておちゃめな方々でした。

ところが~!
頼りのメモがここで途切れておりますのっ。どちらも酔いが回ったものと見えまする。
ですので、以下は怪しい私の記憶のみにて。
▲肉料理(いきなり大分類)

これ、次の魚料理とどちらか選ぶんですね。私が肉で、しのちゃんが魚。
▲確か、鰤(のカマがどうしたとか・・・)

▲もずく(見たまんまです)

                          こちらが奥さま(→)
この写真では一升瓶なぞどーんと構えておられますが、実物はもっとたおやかな雰囲気の方。三田寛子さんをも少し目をパッチリにしたような感じでした――と思ったので、「三田寛子さんに似てるって言われませんか?」って二回訊いてみたけど、言われないそうです・・・。

写っているのは、この時私がいっぺんでファンになった「十四代」。山形のお酒で、ひっじょーに香りが好いのですっ。
▲最後の雑炊

こ、このお雑炊も何か説明のつく類のお料理だったような気がしますが、思い出せません・・・。

なお、この夜のお料理は6,000円のコース・・・ですが、お酒がありますので、一人当て10,000円超えました(^^;

▲どう見てもデザート

この夜はよく呑みました!
言い訳めきますが、お店の雰囲気がよいので、ついつい過ごしてしまった感じで。しかもしのちゃんが、いつの間にあんなにお酒に詳しくなってしまったのやら。十四代ももちろんですが、京都界隈のお酒についてもよくご存知!

これでは酒器の写真にしかなりませんけどね~(^^;
甘口のものを避けてお酒リストを一巡りしてしまい、また最後に十四代に戻ってしまいました。あとで自分で買おうかとネットで値段見てびっくりしました(た、高い・・・)。

美味しくて楽しくてすっかり満足した「いふき」。
奥さまのお名前入りの名刺を頂き、「よろしければご連絡先を・・・」と言われてどうやら住所氏名を書き残してきたらしく(記憶おぼろナリ)、数日後に・・・。
いつまでもこのような素敵なお店であり続けて下さいませ。

●炭火割烹 いふき : 中京区先斗町四条上る21番路地  Tel.(075)211-3263
関連記事
tag: 
  1. 2007/03/30(金) 21:42:00|
  2. 06秋・京都
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:14

トラックバック

トラックバック URL
http://lazymiki.blog110.fc2.com/tb.php/1047-88afb697
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント

No title

最後を飾るにふさわしい食事も雰囲気もよろしいお店ですね。ほんとに最後、ですか。
大間のマグロってこの頃マグロ番組(?)で有名です。いいなー。
奥様、私も三田寛子に似てると思いました。照明の関係で似てるように見えたのかなあ。
それから、お店からお便りが来るなんて。憎いですねえ。
一見さんお断りのお店ではないんですね。

LazyMikiさんの京都の旅でおいしいものや歴史あるものをたくさん見させてもらいました。
ありがとうございます。
  1. 2007/03/31(土) 18:22:00 |
  2. URL |
  3. ruksak #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

わははは~!いえいえとっても美味しそうなお料理の数々なのですが
途中でいきなり料理名が「肉」「魚」となってしまうのがウケましたv
まあ私なんて食べた後に「しまった!写真撮るつもりだった!」と思うことが多々ありますので
きちんと写真をとっていらっしゃるだけですごいのですがv
にしても敷居が高すぎない良いお店ですねv
お酒も美味しかったようで…私も飲みたくなりました、十四代v
  1. 2007/03/31(土) 22:45:00 |
  2. URL |
  3. mattya-genmaitya #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

◆ruksakさん、
ほんっとに美味しいし素敵なお店でした。
カウンター席だったのですが、座り心地もとってもよかったし・・・。
秋の京都はこれで最後なのですが、来週水曜日からまた京都行きますので、ほどなく今度は春の京都ということで・・・お願いっ、また読んで下さいなっ!!

三田寛子さんに似てたと思うんですけどね~、この奥さま。
似てると言われたことはないそうですが、「あの方も京都のご出身ですよね」と、うまいことフォローを入れて下さいました。

お礼を言うのはこちらの方ですよぅ。いつもしょーもない記事読んで下さって、感謝です。
引き続きよろしくお願いしまーす。
  1. 2007/04/01(日) 00:04:00 |
  2. URL |
  3. lazyMiki2 #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

◆mattyaさん、
やっぱりメモはきちんととっておかないとねっ。
特に、いつ記事を書くやらわからない場合は・・・。
11月末の旅行中は、「記事は年明けになっちゃうかも」と言ったら、しのちゃんに「そんなに遅く~?」って言われていたくらいなのに、実際は3月末・・・(^^;
記憶はすべて抜け落ちて・・・。

友人の協力があると、「写真撮り忘れ」の危険がかなり軽減されます!
その友人共々、酔いが回るまでのことではありますが・・・。
写真を撮っている枚数が実は激減してるんですよ、最後の方。
十四代、美味しかったです。以来、居酒屋と見ると、探してしまいます~。
  1. 2007/04/01(日) 00:11:00 |
  2. URL |
  3. lazyMiki2 #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

(今さらですが)この記事がアップされた次の日に京都に行ったんです。
この記事を読んでいれば行ったのになぁ~なんて勝手なことを考えております。
(21時過ぎにアップされたんですねぇ。準備でバタバタしてました)
でも、それまでの記事はたっぷりと参考にさせていただいたので御礼申し上げます。
記事のおかげで御菓子屋さんめぐりもできました!!
  1. 2007/04/02(月) 15:09:00 |
  2. URL |
  3. matin_soiree #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

◆matin_soireeさん、
のぁんですと~?!というと、3月31日ですか?
いかがでしたか~~っ?!週末だからさぞ混んでいたことでしょうねっ?
参考にして下さったなんて、こちらこそ御礼申し上げます。
お菓子屋さんめぐりだなんてぇぇっ(つ、つい興奮気味に・・・)。
どこ行ったんですよぅ。いろいろ教えて欲しいです。
・・・私、水曜日から京都に行くことにしています。
この「いふき」にも4日夜にまた予約入れてもらっちゃいました。あはは。
  1. 2007/04/02(月) 19:40:00 |
  2. URL |
  3. lazyMiki2 #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

こちらのスキンもステキです~。
こちらは、コメント欄の絵はちょっと違うんですね。

そうそう、先日、胡麻の生八ツ橋をいただきました。
目にした途端、Mikiさんを思い出しました(笑)。
美味しかったです^^
桜の京都も楽しみにしていますね^^
  1. 2007/04/11(水) 17:15:00 |
  2. URL |
  3. camille_31 #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

◈camilleさん、
あ、お恥ずかしい、camilleさんのコメントを頂いた時点では、一部変更し忘れていたところがあって・・・。慌てて直しました。

そうなんです、こちらはちょっと絵が違うんです。
というのも、≪日常編≫で使った背景壁紙は、同じモチーフのシロクロバージョンが素材屋さんのところで提供されていたのでそれをコメント欄背景として使ったのですが、こちらのモチーフは同じもののシロクロがなかったんですよねー。
だから、ちょっと違うけど、似た感じのを使うことにしちゃいました。
そういう点、≪日常編≫と比べるとちょっとだけ手抜き・・・(^^;

ゴマ・・・黒いのですね。
今は「白」とか「金」とかも出ているんですよねぇ。
また後で、八つ橋その他のお土産お菓子のことも書きたいです。
是非お寄り下さい!
  1. 2007/04/13(金) 01:03:00 |
  2. URL |
  3. lazyMiki2 #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

はじめまして。
Googleの検索からやってきました。京都在住です。
いふき、私も昨年12月半ばに行きました。
同じようにあまから手帖の写真をみて、いてもたってもいられず「蕪のお鍋にしていただきたいのですが」と無理をお願いしました。
もう、絶品でした。

本当に隠れ家。誰にも教えたくない気持ちです。
今年の12月にまたあの鍋をいただきに行く予定です(笑)
  1. 2007/04/18(水) 00:05:00 |
  2. URL |
  3. れんげ #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

◈れんげさん、
こんばんは!コメントありがとうございます(^^)
京都にお住まいなんですか?羨望・・・。
あの「あまから手帖」表紙の蕪のお鍋を召し上がったんですか~、いいなぁ。
そうか、リクエストすればよかったんですね。
絶品だったなんて・・・う、羨ましすぎ。

先日(4月初旬)、お花見に京都にうかがった時にも立ち寄ったんですよ。
その時も美味しかったです(その時のこともそのうち書きますね)。
厨房にひとり板さんが増えてました。
ああして雑誌で大きく取上げられたし、そもそも美味しいお店だし、きっと繁盛しているんでしょうね。
私も次回、秋にでも行ったら、きっと蕪のお鍋を頂きたいです!
よろしかったらまた覗いて下さいね。
  1. 2007/04/18(水) 22:40:00 |
  2. URL |
  3. lazyMiki2 #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

Mikiさん。さっそくコメントありがとうございました。

春のメニュー、楽しみにしています。

>私も次回、秋にでも行ったら、きっと蕪のお鍋を頂きたいです!
ぜひそうなさってください!
聖護院蕪はさむくならないとよい物が出回らないので、お願いしていても出せない日があるそうです。
私たちが行った12月14日でも「このシーズン初めて作りました」と仰ってました。(その日のメニューにもでていなくて、どうやらお願いしていた私たちだけがいただいたようでした)
なので、12月中旬以降の日程で「蕪を」とご指名されたほうがいいと思いますよ。

ちなみに、雑誌の取材のときは蕪が出ていなかったので大根で代用したと愛らしい女将さんが仰ってました。

またちょくちょく覗かせていただきますね!
  1. 2007/04/19(木) 00:25:00 |
  2. URL |
  3. れんげ #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

◈れんげさん、
こちらこそ、ありがとうございます。

なぁるほどね~、あの蕪のお鍋は秋というよりは冬メニューなんですね。
ということは、紅葉と抱き合わせるのは難しいのかなー。
冬の寒~い時季に出かけて、しぶーく観光して、温かいお鍋を・・・でしょうか。
(以前、真冬に嵯峨野巡りをして、お寺の板敷きが冷たくて、「靴下を持って来るんだった」と思った時がありましたっけ・・・。)
大混雑の春・秋以外にも京都に出かけるよいモチベーションができましたよっ(^^)

京都にお住まいのれんげさんなら、地元っ子情報をたくさんお持ちなのでは?
よかったら時々ちょっと教えて下さいね!
また是非お待ちしています。
  1. 2007/04/19(木) 23:38:00 |
  2. URL |
  3. lazyMiki2 #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

かなり前の記事の様ですが、今更見つけてきました~
以前光安の記事でも書き込みしましたあゆこです
今度は「いふき」調べていたら、またMikiさんのブログに辿り着きました。。。
Mikiさんのブログはお料理について順番に全て紹介してあるので、
とっても臨場感がありますよね~本当にありがたいです!
てことで「いふき」、是非ともお邪魔したいです!!w
今はもう有名なんですかね?最近行かれましたか?
敷居が高くないといいんですが。。。
  1. 2008/03/23(日) 21:19:00 |
  2. URL |
  3. あゆこ #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

◈あゆこさん、
んふふっ^^
またコメント頂けて、うれしーな~♪
読んで頂けるだけで私としては感謝ですよ。
で、「いふき」ですが。
本記事の時初めてうかがったのですが、この後、昨年5月と11月にうかがっております♪
ブログ左側のカテゴリというところにある「目次」っていうのをだーっと見て頂けると、比較的簡単に見つけて頂けるかなと思います。
が、念のため。
5月8日  http://lazymiki2.exblog.jp/6831935/
11月25日  http://lazymiki2.exblog.jp/7981710/
11月の方は、光安にうかがった二日後なんです。
この二回は、最初の時よりひとつ上のコースを頂いたので、お鍋料理付きです(^0^)
値段とかのこともちょこっと書いてあります。
見て頂けたら嬉しいです。
  1. 2008/03/24(月) 21:16:00 |
  2. URL |
  3. lazyMiki2 #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する