本と旅とそれから The Girl with the Dragon Tattoo(ドラゴン・タトゥーの女)/Stieg Larsson

本と旅とそれから

The Girl with the Dragon Tattoo(ドラゴン・タトゥーの女)/Stieg Larsson

ここのところ、私にしてはちと忙しいというのもありましたが、それ以上に体調不良で、長時間PCに向かう気が起きずにおりましたが・・・とりあえず、最近読んだ本の感想文をば。

久々の洋書。
去年はロクに読まなかったけれど、今年はすでに買い込んだものもあることですし、洋モノも意欲的に読んでまいりたいと思いまする♪
――ま、当てにならない年頭の抱負・・・ちゅか、戯言^^;弱気ですよん。


The Girl with the Dragon Tattoo(millennium I)/Stieg Larsson
translated by Reg Keeland (Quercus)
邦題:ミレニアム1 ドラゴン・タトゥーの女/
スティーグ・ラーソン


本書は、仲良くして頂いているブロガー・rudolfさんが「面白かった」と書かれていたので興味を持ち、さっそくAmazonから取り寄せてみた1冊。


つい先日、これが映画化されることを知りました。確か今日が封切り?
海の向こうでは(日本はどうなのかな?)とても評判が高いようです。

それにしても、「原作が英語で書かれている本は翻訳で読まない」をMyルールとしてはおりますが、買う前にチェックしなさいよ、自分。
これ、原作はスウェーデン語なんですね。英語版は翻訳なんです・・・。

英語に「翻訳された」本は、初めて読みましたが。
いえね、気づいたのは読み始めてしばらくしてからで^^;。何となく軽い・・・というか、ある意味読みやすい英語だなぁ、な~んて思ったのですが、表紙にも背表紙にも翻訳者の名前が表示されてないんです。
何ていうんですか、中の表題ページを見たら書いてあったんだけど――洋書ってみんなそんなふうなんでしょうか。

で、内容。

面白かったです!
正直なところ、犯罪その他の描写でかなりドギツイ部分があり、その辺りは「勘弁してくれ~」って感じでしたが、全体としては、ミステリというか、サスペンスというか、そういうもののワクワク感をとても楽しませてくれました。

まあ、rudolfさんも書かれていたと思うのですが、スピードがのってくるまでがちょっと長いっていうのが難といえば難なんですけどね。
探偵役を務める二人のメイン・キャラが別々に登場するのですが、この二人がお互いを知るまでがかなりあって・・・ほとんど、本の半分ぐらいいかないと知り合わないかな?

残酷な殺人と聖書の文言をからめてあるあたりが、ちょっと映画「セブン」を連想させました。
幸い、あそこまでの暗黒さはありませんが。あれは惨すぎる・・・。
でも、平然とした顔で人殺しを語る人間を見る恐怖は味わえます。怖いよ~。

スウェーデンといえば、リンドグレーンの児童文学(ピッピとかね^^)ぐらいしか馴染みがなくて、通貨単位クローネのレートもわからず、ストックホルム以外は地名もわからず(発音だってほとんど不明)って具合でしたが、あんまり気にはなりませんでした。

それにしても自由というかさらりとした男女関係なんですねぇ。
フィクションとはいえ、スウェーデンのモテる男はこうなんですか?いいけど。

映画、行こうかなぁ、どうしようかなぁ。

ミレニアム(主人公が編集に携わる雑誌の名前です)のシリーズは三部作ということなので、続く二作も読もうと思いますが、そちらは図書館で日本語訳を借りようと思います。
きっと日本語で読んだらかなり感じが違うだろうなー。


webcitron01.gif


My Favorite Books(お気に入りの本のブクログ)
BOOKS INDEX(作家別感想文一覧)

関連記事
tag: スティーグ・ラーソン 洋書 ミレニアム 
  1. 2010/01/16(土) 10:06:00|
  2. 2010
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

トラックバック

トラックバック URL
http://lazymiki.blog110.fc2.com/tb.php/105-72c2ca05
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント

lazyMikiさま こんにちは

「ミレニアム」読まれたんですね
しかも英語で~、スウェーデン語はドイツ語に似ていますが、
文字が微妙に違いますよね~。
私は日本語版で、Ⅲから読んで、1、2管と読んだんですよ。
Ⅲがあまりにも面白くて、遡って読んだのは初めてかもしれません。

英語で書かれている本は、英語で読まれるんですね
偉いな~、私は面倒で、爆~。
ディック・フランシスの競馬シリーズは、翻訳が絶品だったんですよ
そういう場合もありますね~
チャンドラーなどは、英語で読むと雰囲気が変わりますよね~

最後に、私のブログをご紹介いただき、ありがとうございます~

ミ(`w´彡)
  1. 2010/01/16(土) 11:58:00 |
  2. URL |
  3. rudolf2006 #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

へ~!
『セブン』のようなサスペンスですか。

あの映画・・・切なくなった思い出があります。あ~ブラピ駄目よ~!駄目~なんて叫んでましたね~最後・・・今考えればすっごい豪華メンバーでしたね。

話は反れましたが、ここず~~~っと、英語の本読む気なし、英語の歌をまったく聴く気がなく日本語ばっかりです(笑)

原作がスウェーデンとは!
お国変われば、男女事情も変わりますよね。ヨーロッパってすっごいさらりとしてる気がする。それとこれは別なのね・・と。熱いお方たちなだけに、へ~ほ~っまあ、いいんじゃない?!私は無理だけどって感じですけど、20代のときは理解不可能でしたね(笑)

映画しばらく見てないです~(沈まぬ太陽以来)のだめもみたいし、ちょっと映画チェックしてみよう!みたらまた感想聞かせてくださいね♪
  1. 2010/01/16(土) 20:49:00 |
  2. URL |
  3. tomate11 #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

To rudolfさん、
ドイツ語もスウェーデン語も全然わからないんですが、スウェーデン語って、アルファベットの上に小さなマルが付いたりするんですね。何なんでしょーね~。

私が仲良くして頂いている本の好きなブロガーさんたちは、日本人作家さんのものを中心に読まれる方が多いということもあって、比較で言うと、外国モノの「これが面白かった」情報はあまり入って来ないんですよね。
なので、時々そういうブログ記事を見つけると、早速チェックしてます。
・・・といっても、洋書読むのは遅いので、なかなか自分でも読めないんですけど^0^;

ディック・フランシス、そうだ~、ずい分前に「そのうち読もう」と思ったのでした!
(チェックしてもこんな感じなんですけどォ~・・・。)
チャンドラー・・・そう、ハードボイルドの古典なんかもですね・・・むむ。

ミレニアム、Ⅲ巻目も面白いのですね!
まだ図書館にⅡ巻目の予約を入れたばかりですが、楽しみです^^
こちらこそ、面白い本を教えて下さって、どうもありがとうございました<(_ _)>。
  1. 2010/01/17(日) 09:19:00 |
  2. URL |
  3. lazyMiki #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

To tomateさん、
「セブン」って、すごく名作という評判高いけど、あのラストは、ワタシ的には受け入れられないわ~。あんまりだ。
どこにも救いがないんだもんねぇ。
私もここのところちょっと映画から遠ざかってしまっていたけれど、また見に行こう、と思っているところです。

ミレニアムの主人公(のうち、男の方)はモテる男で、この本では3人(かな?)の女性と関係を持つのですが、そのいずれもを「友人」とか「親友」とか呼んでいて、ひとりとベッドにいるところにもうひとりが入ってきて「あら、失礼!」なんちゃって出て行って、あとで3人で一緒にコーヒー飲む、なんてところがあったよ。実にさらりとしておりますねぇ。

・・・あ、話は違うけど、春の京都行きのスケジュールが大体決まったんで、来週あたりメールするね~。都合が合えば、お花見しましょーよぅ。
  1. 2010/01/17(日) 09:25:00 |
  2. URL |
  3. lazyMiki #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

ミレニアム、わたしも図書館で予約しています。
面白かったですか?さすがに全世界で2000万部
突破しただけはありますね。楽しみです。

  1. 2010/01/17(日) 19:17:00 |
  2. URL |
  3. bullet4071 #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

To bulletさん、
なん、と、なく・・・ですが、bulletさんもお好きな感じかも、と思っておりました!
やはり予約されていたのですね(ワタシ、いい勘してるじゃないか~^^)。
最初ちょっとスローですが、段々加速してきて、最後はどどどど!、です。
bulletさんの図書館は、話題本でもすぐに回してもらえるんでしたよね。
いーなー。
  1. 2010/01/17(日) 22:21:00 |
  2. URL |
  3. lazyMiki #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

ボクも年末年始からずーっと突っ走ってきて、さすがに少々体調不良気味・・・体力もそうですが、気力が・・・まだ年始の抱負も考えていないですし後手後手です~。
そういやこの半年、自宅でじっくり本など読んだこともなかったです。今年は少しは、そういう時間も持てるようにしたいです。
ボクは英語はまったくダメですねー。苦手です。自慢にならないけど、単語力が全然ないんですよね。Mikiさんの頭についてる「lazy」って、最近まで「貴婦人」って意味かと思ってたんです(なんとなく、ブログを読んでそんな印象だったからかも)。
  1. 2010/01/18(月) 21:23:00 |
  2. URL |
  3. angel-hokkaido #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

To エンジェルさん、
す、す、す、すばらしぃぃぃぃ~~!
「貴婦人」Miki!
いいです、いいですエンジェルさん、ずっとそう思っておいて下さいましっ。
きゃは~、ウキウキウキウキウキ(^0^)/(←ほとんど有頂天。)

私の体調不良は、実はまだ続いてまして、別に、すぐに困った事態に陥るようなことではないものの、なんか急に体力全般が低下しているって感じがして、キモチ的にちょっとイヤなんですよね・・・。
まあ、暖かくなってきたらまた上向くのではないかと・・・。
エンジェルさん、年末年始がお忙しいうえに、確か年末、風邪をひいてしまわれたんでしたっけ・・・?
寒いところですし、雪とも格闘せねばならぬし、いくらお若くてもご自愛下さいね。

猪苗代を舞台にした物語をお読みになって、「すまいる近くの物語舞台」みたいな観光リーフレットをお作りになるっての、いかがかしら~♪
  1. 2010/01/18(月) 21:44:00 |
  2. URL |
  3. lazyMiki #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する