本と旅とそれから 吉野山千本桜(前編)                        (2007年春・奈良)

本と旅とそれから

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
tag: 
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

吉野山千本桜(前編)                        (2007年春・奈良)


お天気があいにくだったのですが・・・。
▲中千本方面を見下ろして

4月7日(土)
奈良県まで遠征しました。しかも吉野は、奈良の中でも京都からちょっと遠い方です。
実は私、「吉野の桜が見たい!」と言い出してはみたものの、「吉野の桜」という言葉ばかりが頭にあって、具体的にどういうところだとか、どんな風景が期待できるのかとか、全然わかっていませんでした。
近鉄特急を乗り継いで、まずは吉野駅まで。その時点ですでに彼の地の大混雑ぶりがわかってきて(想像を超えておりました・・・)、まずは帰りの指定券を買う列に並びます。私が並んでいる間に、しのちゃんが、山上までの交通手段を偵察。

バスでまず上千本へ、さらにマイクロバスに乗り換えて一番てっぺんの奥千本へ。
そうそう来られるものじゃなし、とにもかくにも一番上まで行きましょ、ということで。

▼金峯神社(きんぷじんじゃ)
奥千本では、まだ桜は咲いていません。小雨模様ということもあり、さほどの人出ではありませんでした。深い緑・・・が、もしかして、いえ、しなくても、これってみぃぃ~んな杉、かなっ?
(ちなみに、私たちはどちらも花粉症持ち。)

ハイキング姿の人多し。
花が咲いていないので、ただひたすら歩き下ります。
吉野といえば、あちこちに「義経」と「南朝・後醍醐天皇」が出没します。

▼吉野水分神社(よしのみくまりじんじゃ)
三殿一棟と言われる造り。厳然とした美しさ。風格があります。
ああ、奈良の社寺だなぁ、と久しぶりの感動をおぼえました。京都の繊細な建物とはまた違った、力強さみたいなものでしょうか(っても、建物は桃山時代なんですが)。
吉野山一帯の主だった社寺は、平成16年に世界遺産登録されています。
ちなみに、この水分神社の境内には大きなしだれ桜の木が立っています。私たちが訪れた時にはまだほとんど花は開いていませんでしたが、あれが満開になったら、この重厚な建物をバックに、どれほど美しいことでしょうか!

そろそろ上千本が見下ろせる辺りまで下りて来ました。視界が開け、桜の眺望が(▼)。
凄いっ。山が全部桜です!
「すごいじゃないよ、しのちゃんっ!」と興奮する私に、ずっと昔に一度来たことがあるという彼女は冷静に、「そりゃそうよ、何と言っても吉野は日本一の桜の名所だよ!」。
そ、そうだ。義経千本桜・・・は歌舞伎だけど、頭をよぎるキツネの宙乗り・・・。
素晴らしい眺めに頭も少々混乱しましたが、気をつけなくてはいけないのが足元。間断なく降り続ける小雨のせいで、滑りやすいです。

ガイドブックによれば、吉野の桜のメインはシロヤマザクラといい、ソメイヨシノよりもさらに白っぽい色合いで、葉と花が同時に出てくる山桜タイプのもの、とありますが、私には結構ピンクに見えましたけど?でも、上の写真のサクラは多分別種ですね。いろいろなのがありました。

「すご~い!」を連発するうち、上千本へ。この辺から沿道に土産物店が立ち並びます。
そして、人の数も急激に増え・・・なかなか歩きにくいっ。

▼竹林院にて

聖徳太子ゆかりのお寺とか。でも、ここは建物よりも、様々な花が植えられた高低差のかなりあるお庭が見事。とりあえず、ぐるっとひと巡り。

そして、段々おなかの空く頃合。といっても何しろこの人出。お昼を食べるところを探すのもひと苦労。――でも、せっかく吉野に来たんですから・・・。           <(後編)へつづく>

関連記事
tag: 
  1. 2007/04/18(水) 22:25:00|
  2. 07春・京都
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:14

トラックバック

トラックバック URL
http://lazymiki.blog110.fc2.com/tb.php/1050-84c16040
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント

No title

これが吉野の桜なんですね。おもわずブラボー!と叫びたくなるような見事な景観です。
そしてさらに、和歌なんぞ詠みたくなってきます。

そんな風に思うということは、私もれっきとした日本人なんだなと、しみじみ思います。
今の時期、テレビなどで、桜の映像や写真を目にする機会が多いですが、「実際に行って、観てみたい」と思ったのは、今日が初めてです。
  1. 2007/04/19(木) 00:19:00 |
  2. URL |
  3. オルサ #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

うわ~!いいなあ。
実は近くにいながら、吉野の桜は未だ行ったことがありません。
だって~なんか人が多そうで。。。。

絶対いつか行くぞ!

海外にでたら、余計に、余計に、余計に日本の桜や紅葉が大好きになります。
桜の潔さ、せつなさ、はかなさ。。。。
日本は美しい!
  1. 2007/04/19(木) 12:05:00 |
  2. URL |
  3. eikita #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

◈オルサさん、
もしかして私も現地で「ブラボー!」って言ったかも・・・。
いえ、まさにそういう感じなんですよ。
和歌は・・・あは、あははははは(^^;
いえ、雨模様で、ちょっと心に優雅さが足りませんで・・・いえ、雨だったから・・・。

それにしても、さすがのスケールでした。
こればっかりは「実物大」が是非ともオススメです。
ちょっと遠いし、近鉄特急の本数が少ないのが難なんですけどね。
本当は泊まりで行くのが正しいらしいです。早朝のまだ人が増えてこない時間にあの桜の風景を堪能できたら素敵でしょうね~・・・タメイキ。
  1. 2007/04/19(木) 23:32:00 |
  2. URL |
  3. lazyMiki2 #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

すごい!きれいですねー。
奈良に行かれたと言われていたのは
吉野だったのですかー。
さすが!高レベルなチョイスです。
 私はここは行ったことがないのですよー。

京都もそうですが、人の多さに負けない忍耐と、
何より日頃の健脚ぶりが試されますね。
「せっかく吉野に来たのですから・・」って
何を食べられたのでしょう!!気になります~。

  1. 2007/04/19(木) 23:41:00 |
  2. URL |
  3. c_hiyomi #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

◈eikitaさん、
そういうの、よくあるよね~。
近いとかえって行ったことない、ってね。
それに、確かに桜の時季の人出は半端じゃないと思いますよぅ。
泊まりで行って、早朝とか夕暮れ時を狙うのでないと、静かな桜風景は無理かも。
まあ、観光名所の宿命といいましょうか・・・。
去年のモン・サン・ミッシェル以来、宿命に立ち向かい続けるワタシなのでした。

日本人が海外に行くと、日本人であることすら話題にしたがらないような日本嫌いになるか、その逆に日本大好きになるか二つに分かれると聞いたことがあるけど、明らかにeikitaさんは後者だね。
今度日本に帰って来たら、きっと行きたいとこや食べたいものが一杯で大変だね(^^)
  1. 2007/04/19(木) 23:45:00 |
  2. URL |
  3. lazyMiki2 #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

◈chiyomiさん、
お天気がね~、ちょっと残念だったんですけど・・・。
あれでスカっと青空だったらどんなにか――ま、仕方ないのですが。
をっ、「高レベルなチョイス」と言って下さいますか(^0^)

健脚、そうなんですよ。
実は京都でも、あまりの混雑にバスが「来ない」、「来ても満員で乗れない」、「乗れても渋滞で動かない」で、思いっきり歩いた日もあったんです。
(後でタクシーの運転手さんに話したら「ひぇ~」って驚嘆されました。)
実際に歩くと決める前は「遠すぎるかな・・・」と迷ったりもしましたが、chiyomiさんなら難なく歩いてしまわれるだろう、と頑張りました!
普段の鍛錬が絶対的に不足していた私なので、後で足がむくみましたが・・・(^^;

食べたのは「ごみ」、じゃなくて・・・。
  1. 2007/04/19(木) 23:53:00 |
  2. URL |
  3. lazyMiki2 #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

吉野山、行かれたんですね!
私も5年位前に行きましたよ。一面ピンクの霞のような、壮大な風景、写真で一部を切り取るのが難しいのですが、最初の写真、広がりが上手くでていますね。

葉っぱと花が同時に出てくる山桜なので、「あれ?葉ざくら?」と戸惑った覚えがあります。
初めて行ったときは、ちょっと遅かったので、翌年リベンジしました^^;
どうしてもピンク一面の山が見たくって。
ちなみに奥千本まで歩きました~。帰りのさくらライナーでは足が棒でした(笑)

お昼に何を食べられたのかなぁ。柿の葉寿司かな~と勝手に想像しています^^
  1. 2007/04/20(金) 21:20:00 |
  2. URL |
  3. あつこ #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

ずっと歩いて、急に一面桜の花だったら感激しますね。
多少雨でも、趣があります。八重桜だったらまだ山のほうだったら
咲いていると・・・探しに行きたい・・・
奈良なんてほんと修学旅行以来行ってないので、行ってみたいです。
  1. 2007/04/20(金) 21:49:00 |
  2. URL |
  3. bullet4071 #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

◈あつこさん、
奥千本まで歩いたとおっしゃるのは・・・まさか・・・下からず~っと?
(で、下りもあるき・・・?!)
あっぱれ、あつこさんっ!

ホントに、スケールが違いますねえ、ここ。
頑張って写真を撮ってはみましたが、とてもその雄大さはとらえられませんね・・・。
またいつ行けるともわかりませんが、とりあえず一度目にすることができて嬉しかったです。
吉野千本桜と言われるけれど、実際は何万という数の桜の木だそうですね。
そしてそれを見るために訪れるあまたの人々・・・。
やっぱり日本人が桜に寄せる思いは、尋常じゃぁないですね。
遺伝子レベルで記録されているに違いない・・・。
お昼に食べたのは・・・。
  1. 2007/04/20(金) 23:40:00 |
  2. URL |
  3. lazyMiki2 #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

◈bulletさん、
そうなんです、感激して興奮して、滑りそうになりました。
・・・普通に歩いているだけなら舗装道路なんですが、ちょっとでも見晴らしのいい角度から写真撮ろう、なんて思って道をはずれると・・・。
パリでもお馴染みのスニーカー履いて行ったのに、危なかったです。

奈良は私もかなり久しぶりでした。
何年ぶりか、思い出せないくらいです。
京都とはまた雰囲気の違った古都ですよね。といっても今回は、この吉野山だけでしたが。
また行きたくなっちゃいましたよ。
  1. 2007/04/20(金) 23:46:00 |
  2. URL |
  3. lazyMiki2 #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

すごーい、と語彙力不足丸出しですが・・・。ここに奈良時代の人も、平安時代の人も、後醍醐天皇もどうにかこうにかたどり着いていたんですよね。それも「すごーい」。
  1. 2007/04/22(日) 06:08:00 |
  2. URL |
  3. 都子 #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

◈都子さん、
今から千年も前のことですものね。考えるとくらっときますよね。
近鉄特急もロープウェイもシャトルバスも・・・どころか、道らしき道もなかった頃のことですものね。
西行もいたんですよ。今回は行きませんでしたが、奥千本に西行庵が残っているそうです。
あの人もあちこち足跡残しててすごいですねー。
  1. 2007/04/22(日) 21:41:00 |
  2. URL |
  3. lazyMiki2 #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

早速こさせていただきました。
吉野水分神社。私もえらく感動しました。なんて素朴で美しい神社なんだろうって。
枝垂桜が満開の姿を、一度でいいから見てみたいと思っていますが、
なかなかタイミングが合いません。遠方のlazyMikiさんなら、なおのことですね。
吉野の桜は、今でこそネットとかで満開時を調べることも出来ますが、
高校時代に始めていった時は、全然咲いてなくて、仕方なく柿の葉寿司食べて帰った思い出があいります(笑)
満開の姿を見るまで、何年通っい、なんど行った事やら・・・
素朴な山桜が、山一面を染める姿がとても好きです。
  1. 2009/03/23(月) 21:22:00 |
  2. URL |
  3. hiroko #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

To hirokoさん、
奈良の社寺というのも、京都とはまた違った力強い美しさがありますよね~。
日帰りが出来ないっていうのが遠方在住のつらいところです。

ホントに、ネットがなかった頃には旅行の計画立てるにも苦労が多かったでしょうねぇ。
・・・って、以前は結構テキトーな旅行ばっかりしてましたが。
今は開花のタイミングまでわかりますけど、ピークシーズンだと、宿の関係で、結局あまり機動的なことはできないんですよね~。

あー、柿の葉寿司、また食べたいですよ。
来月、是非。
  1. 2009/03/24(火) 22:08:00 |
  2. URL |
  3. lazyMiki2 #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。