本と旅とそれから 二條ふじ田                              (2007年春・京都)

本と旅とそれから

二條ふじ田                              (2007年春・京都)



4月6日(金)
数日の京都滞在中、かねてから期待のお店に予約を入れていた日はよいけれど、そうじゃない日は、夕方近くなってから「夕食、どこ行く?」と慌てることもしばしば。
綺麗に晴れて暖かかった金曜日の夕方も然り。山科の駅前でガイドブックを片手に数件電話をかけて、出かけて行ったのがこちらのお店でした。

二條ふじ田。1階のカウンター席で、綺麗な京料理を頂きました。





6,000円、8,000円、12,000円のコースがありますが、初めてのお店ということで、確か私たちは一番下の6,000円のコースを頼んだ・・・はず。


私は近畿圏の日本酒を頂きましたが、しのちゃんはビール飲んでました――暖かいというより暑いような一日でしたからね~。


和食用語も学ばなくっちゃ~・・・こういう(TOP)最初に出てくる綺麗な盛り合わせのこと、何ていうのでしょ。
鯛の白子(▲)、長芋の炒りからすみかけ(蝶々の形の)、花わさびの醤油漬け、などなど。

▲お造り

▲ふきのとうの真薯
上に載っているのはゼンマイです。

▲サーモンの幽庵焼き

▲桜餅




あっつあつ~。
いきなり「桜餅」が出てきてちょっとびっくりしますが、別に餡子が入っているわけではありません。
デザートはまだです。
断面・・・とか思ったら、崩れました。

▲散らし寿司

この後、デザートにお抹茶と和菓子が出ます。


このお店のご主人のご実家が、和菓子の老舗二條若狭屋ということで、そちらの和菓子が登場。和菓子大好きな私たちが楽しみにしていたことでもあります。


いずれも桜モチーフのお菓子。ビューティフル。

たーっと写真だけ並べた感じになりましたが・・・正直な感想を言いますと。
あのね。御料理は美味しかったし綺麗でした。お店も明るい感じでしたし。
でも何と言うか・・・今ひとつ心から「ん~、いいお店!」と言う気になれなかった、というか。
接客の雰囲気、でしょうか。あ、別に嫌な感じだったというんじゃないんです。ただ・・・例えば「いふき」や、この後書こうと思っている「露瑚」などのような暖かさがなかったような気がするんです――だんだん、贅沢なことを言うようになったんでしょうか、私ったら~。

例えば、お料理の説明がほとんどない、とか。
カウンター席に座っているんだし、もうちょっとお店の人とにこやかなやり取りみたいなのがあったら楽しかったと思うんですけど・・・。お菓子の銘も聞きそびれましたし。
ま、カウンターの私たちとは反対側の端で大声ではしゃいでいた無粋モノ(関東人でした。コラ、箱根の関の同じ側から来た者としては、恥ずかしいゾ!)がうるさかったのもありますが。
もう一度行くかと尋ねられれば・・・うーん、五分五分。

●二條ふじ田:中京区二條寺町東入る Tel.075-213-0511(水曜定休)
関連記事
tag: 二條ふじ田 
  1. 2007/06/18(月) 20:20:00|
  2. 07春・京都
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

トラックバック

トラックバック URL
http://lazymiki.blog110.fc2.com/tb.php/1064-b9817fa0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する