本と旅とそれから ソムリエさんのいるディナー≪ダイニング「三笠」≫        (2007年初夏・奈良)

本と旅とそれから

ソムリエさんのいるディナー≪ダイニング「三笠」≫        (2007年初夏・奈良)


さてその夜は楽しみにしていたフレンチ・ディナー。
奈良ホテルの有名なフレンチ・ダイニング「三笠」。すでに経験していたしのちゃんが「味もサービス」も素晴らしい、と太鼓判を押したところです。
▲ロワールのリベンジを奈良で。

このディナーだけのために、「ちゃんとした靴」を持って来たワタクシ。ふだんはひたすら歩き回るので、去年のパリ旅行の時と同じスニーカーなんですけどね。

6月3日(日)
今回は、宿泊とこのレストランでのディナーがセットになったプランでしたので、コースは、「前菜+スープ+メイン+デザート&コーヒー」と決まってまして、スープとメインが選べるようになっていました。

では、前菜からスタート。
暗めの照明(と、もちろん私の腕前・・・)のせいで、むむむな画像です。お恥ずかしい。
▲大和地鶏とフォワグラのテリーヌ

そして、このディナーではむしろお料理よりも重要な存在となったのが、ワイン。
何しろ、日本酒とワインには目がない(たとえ違いはわからなくとも・・・)私たち、もう前々から「三笠ダイニングではワインを飲もうねっ!」と楽しみにしていたんですもの。

ワイン・リストをお願いすると、早速爽やか笑顔のソムリエ氏が登場。
開けると・・・んぐぐ、さすがいいレストランだから、ヨーロッパものばっかりで、高い・・・。


でも、真の接客を心得たソムリエさんは、お客に恥をかかせません(私が威張ってどうしますか)。「あのー、あんまり高くないの・・・」とかつぶやく私に、やわらかな口調を変えずに、比較的低めのお値段のものを中心にいろいろと説明してくれました。
その中に、フランス・ロワール地方のワインがいくつか。
ああ、思い出します、去年の夏のパリひとり旅・・・ロワール河古城巡りでは、ワインの試飲なんてのもちょこっとしましたが・・・買って帰るまでにはいたりませんでした。

  よろしければ、去年のロワールの話もどうぞ。コチラ

ロワール地方でも有名なシャトーのワインということで、ちょっと高かったけど(ボトル9,000円)お願いすることに。旅の贅沢ということで。


このヴーヴレイ・ル・モン・セック(2004)は白でしたが、もう本当に美味しかったです。
フルーティでも甘くない。しかも、絶妙のタイミングでソムリエさんが注ぎに来てくれるんです。どこかでじーっと見てるんだと思いますが、お喋りしてるから全然気付かないし。

それから、メイン。しのちゃんは魚料理、私が肉料理を。
▲イトヨリのベルモット蒸し

▼仔牛のリブステーキ
美味しいお料理にひたすら幸せだったのですが、やっぱりどうもワインの素晴らしさの印象が強い・・・。グラスに注いでくれる度に、ちょこっと奈良やワインの話をして、これまた絶妙のタイミングで退場していくソムリエさん、やー、私、感動しましたよ。

ちなみにこの時のソムリエさんは石川さんとおっしゃるのですが、しのちゃんが別の方に担当してもらった時も、素晴らしいサービスだったということで、ここはみんなそうなんですね。
びみょーな頃合に1本目がなくなり、ここでやめても・・・という感じもありましたが、あまりに心地いいのでさらにハーフボトルをお願いしてしまいました。今度は赤で。
ハーフのくせに、ほとんど同じお値段で・・・(^^;

▲シャサーニュ・モンラッシェ・クロ・サン・ジャン(2002)

こういういいワインなら堂々とお願いしてもいいだろう、と、ラベルを頂くことに。
ちゃんとラベル用の台紙が用意されていて、日付や銘柄、そしてソムリエさんの署名と共に渡して下さいました。ひゃー、嬉しいです!
チーズを出して下さいました。右の方の茶色っぽいのは、チーズの原型ともいうべき「蘇(そ)」というもの(石川さんご説明)。ちょっとじゃりじゃりしてあまりチーズっぽくないです。
そろそろご機嫌さんになってきたしのちゃんの分までぱくぱく食べる私。

この赤ワイン、とても深~い味わい(気分)で「くく~っ」と感心したのですが、やっぱり私、ワインのわからんお子ちゃま味覚と言われてしまうとしても、白の方が好きです。
特にこの夜の白は本当に素晴らしくて、是非とも名前(とヴィンテージ?)を覚えて、またどこかで味わいたい・・・お店でも買えるのかしら?

▲ティラミスケーキ(ピンボケで失礼)

そして最後にデザート(とコーヒー)。
翌朝私のIXYでこのティラミスの画像を見たしのちゃん、「ほぉぉ、こんな素晴らしいものを食べたのか・・・」と感心してました。「チーズまでは何とか覚えが・・・」だそうで。
ふはは。細部は忘却の彼方に消え去っても、ワインとソムリエさんがSuperb!だったことは忘れられない奈良の夜、でございました。

奈良ホテル・ダイニング三笠HPはコチラ

関連記事
tag: 
  1. 2007/07/13(金) 11:05:00|
  2. 07初夏・京都、奈良
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

トラックバック

トラックバック URL
http://lazymiki.blog110.fc2.com/tb.php/1070-408fdbce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント

No title

奈良ホテルだなんて!!
素敵すぎるー!!ノックダーーゥン!
(って私が倒れてどうする!)
お料理のお写真からも、やはりただならぬ気品が
感じられますね~。
憧れです。

そう旅は非日常。少々の贅沢もアリですよねー。
  1. 2007/08/15(水) 22:59:00 |
  2. URL |
  3. chiyomi #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

◈chiyomiさん、
倒れて下さいましたか~っ、ありがとぉぉぉ~!
「ただならぬ気品」と言って下さるのは大変嬉しゅうございますが、本当のところは「怪しいホワイトバランスと甘いフォーカス」なような気がっ(^^;

どうもここのところ、旅に出るというと食に贅沢してしまいますよぅ。
でも、ふだんは近所のディスカウント・ショップまで頑張って出向いて安いビール買って飲んでるんで、許して下さいな~。
(誰に許しを請うておるのじゃ。)
  1. 2007/08/16(木) 22:34:00 |
  2. URL |
  3. lazyMiki2 #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する