本と旅とそれから 蓮の寺≪太秦から法金剛院≫                  (2007年初夏・京都)

本と旅とそれから

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
tag: 
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

蓮の寺≪太秦から法金剛院≫                  (2007年初夏・京都)

▲国宝・弥勒菩薩半跏思惟像


6月5日(火)
ホントは、最終日に詩仙堂に行こうと思っていたのですが。
初日に若沖展行けなくて、かわりに詩仙堂に行ってしまったので・・・あら、どこ行こう?
珍しく、特に当てもなく、久しぶりにじゃあ弥勒様を拝みに行こうかな~、と出かけました。


静かです。あんまり人もいないし・・・。
このお寺には国宝の建物もあるのですが、やっぱり何といってもTOPの弥勒様をはじめとする仏像の数々が魅力です。

▲私が修学旅行で初めてこのお寺を訪れた時は、
この建物が宝物殿だった・・・と、思うの。

今は自動ドアの建物に替わってますが・・・。
高名な国宝第1号はTOPの弥勒菩薩半跏思惟像ですが、この宝物殿には、もうひとつまったく同じ名前の仏像があるのでした。

▲国宝・弥勒菩薩半跏思惟像

う~ん、こうして写真で見ればかなり違うじゃないか・・・。
TOPは「宝冠弥勒」、(▲)は「泣き弥勒」と別称されるようですけど。
いえ、なぜか私は「え~、まったく同じ名前で同じポーズじゃわかんないじゃん」と思ってたのでした・・・。おかしい、私の目とアタマ。

□      □      □

さて、それからちょっと道に迷いかけつつ(結果的に迷わなかったんだけど)、まあご近所と言ってもよい法金剛院へ。初めて行くお寺です。
花の寺として、中でも蓮の花で知られたお寺らしいです。


▲紫陽花とかサツキとか。

花巡りのご近所様ツアーらしき方々や、近くの幼稚園のお散歩らしきおチビさんたちの団体がいて、ほぅ、ここは結構人がいますね。

残念ながら、蓮の寺の蓮の花はまだひと月ほど経たないと咲かないようで、わずかに鉢植えに開いた花を撮影。






アップの写真なのであんまりわからないと思いますが、実は結構ちっさい花で、まだまだ蓮を楽しむシーズンは先だな~と思いました・・・。


お池の蓮は、まだ葉が青々と繁るばかり・・・。
一度、「ポン!」と音を立てて蓮の花が開くところを目撃してみたいものです。

関連記事
tag: 法金剛院 
  1. 2007/07/23(月) 21:32:00|
  2. 07初夏・京都、奈良
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

トラックバック

トラックバック URL
http://lazymiki.blog110.fc2.com/tb.php/1078-208bbfa5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント

No title

7月の蓮の寺だと満開なのでしょう。きれいですね。

黒澤明の姿三四郎で主人公の三四郎が、蓮池のなかで
蓮が咲く音を聞いて、柔道に開眼するシーンがあり
咲くときに音がするって本当なのか、いつも思います。

仏像の写真ってフラッシュ焚かなければ撮れるのでしょうか?
  1. 2007/09/30(日) 22:49:00 |
  2. URL |
  3. bullet4071 #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

◈bulletさん、
仏さまの写真はですねー、もしかすると(しなくても)掟破りの某写真集からの借用なんです。なもんで、ライティングとか綺麗でしょ。プロの写真だから・・・。
東大寺の大仏さまは写真OKみたいですが、他は基本的にダメだと思います。

どうやら、蓮の花が咲く時にポンと音がするって、ホントみたいですよ。
しのちゃんも、どこぞの公園守のおじさんに聞いたと言ってました。
ただ、蓮の花が開くのはかなり早朝なので、24時間開いているようなところでないと目撃できないらしいです。
  1. 2007/10/01(月) 00:35:00 |
  2. URL |
  3. lazyMiki2 #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。