本と旅とそれから 静かと真っ赤≪竹中稲荷神社から真如堂≫          (2007年秋・京都)

本と旅とそれから

静かと真っ赤≪竹中稲荷神社から真如堂≫          (2007年秋・京都)

11月25日(日)



石段を上り、小暗い雑木林の中を歩いた後に、思いもかけず出くわした色彩溢れる空間。
ちょっと気取って言えば、まるで開演時間前の舞台セットのような感じがしました。

それは、そこが非現実的なくらいに静かだったから。
最初は、まるっきり私たち二人だけでした。

その色彩と静けさに圧倒される思いで、「うわぁ、うわ~・・・」と声をあげながら、辺りを見回し、写真を撮り・・・そのうち、ひとり旅らしき女の方がやって来たり、ふと気付くと、建物の片隅におじいさんが腰をかけていたり。
――境内の掃除をなさろうとしてたみたいだけど、もう、溶け込んでおられましたよ、背景に。


今回の京都行きでは、高雄の最初や北野天満宮・御土居のもみじ苑でも思いましたが、静けさはもみじの美しさや趣をものすごく引き立てますね。

特にこの日は、「もみじ葉の数だけ人がいる」とさえ思えた東福寺の後にを訪れたということもあり、ここ竹中稲荷神社のひっそりとした中に広がる鮮やかさは染み入りました。

紅葉ピークの京都で、たとえ少しの時間でもこんな空間に身を置くことができれば、もう後はどんな人混みだってオッケーさ、てな気分になります(私だけ?)。

▲ずっと向こうまで、だぁ~れもいません。


そして、茂庵で嬉しい昼食の後、鳥居の並ぶ神社の参道を抜けて、すぐ近くの真如堂へ。

真如堂――正式名称、真正極楽寺。

ここに来ると、いつも思い出してしまうのです。
あれはどこのお寺だったか・・・永観堂だったかしら、拝観券を買おうと売場に行ったら、前のおじさんが窓口の人に、「街角を曲がると極楽だったっちゅのは、ここでしたっけ?」って大声で尋ねていて、窓口の人が「はぁ?」と、困惑していたことがあったのです。
このヒト、真如堂のこと言ってるんだな~、と可笑しかった・・・。



今、あらためて写真を見ると、ホントにいいお天気だったんですねぇ。

こちらは名高い紅葉の名所、さすがに人がたくさんいます。
といっても・・・まあ、このくらいは普通な感じ。


真如堂のもみじを見に来るのは、ピークは二度目・・・だったと思います。
何を考えてのことか(多分、ピークをはずそうとしたんだろうな~)、かつて2、3年続けて12月の中旬に京都にひとりでやって来た頃がありました。
その時にも一度こちらを訪れましたが、もう観光客はほとんどおらず、散紅葉が少し乾いた感じで、それはそれで独特の光景でした。

そしていつも思うのです――真如堂のもみじは真っ赤だ!

▲あ、いや、オレンジもあるけど・・・。

しのちゃんが、今回の旅で何度めかの「真っ赤だな~♪」を歌いだし・・・。
曰く、「いろんな色が混ざっていた東福寺のもみじの後、これだけ真っ赤なもみじを見る、というのも対照的でなかなか」。


竹中稲荷神社のもみじは、真っ赤というよりはやっぱりオレンジ系でした。
オレンジはいろいろな色合いがあるから、これも色彩の妙が素晴らしいけれど、真っ赤というのはまさに燃えるよう。ふと思えば、凄まじいという気もしたり。


ここは、今年春に桜を見に訪れたところでもあります。
見事な桜の割に人があまりおらず、これまた極楽っぽかったです・・・。
ほんわりした桜の風景を思い出すにつけ、やっぱり真っ赤なもみじの風景は、激しいものを感じます。


次は、お決まりパターンですが、お隣の金戒光明寺の方へと歩きます。

►真正極楽寺(真如堂)HPは
コチラ

関連記事
tag: 
  1. 2007/12/28(金) 23:52:00|
  2. 07秋・京都
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

トラックバック

トラックバック URL
http://lazymiki.blog110.fc2.com/tb.php/1093-9fd44321
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント

No title

真っ赤に燃える、LazyMikiさんの美しいものを求める情熱のごとき、紅葉ですね。
いいところだなあ。
拝観券売り場でのおじさんのエピソード、印象に残る広告だもの、広告の効果はすごいですね。
京都の紅葉の旅はまだ続きますよね。今年も豊富な話題で楽しく読ませていただきました。来年も楽しみにしています。
  1. 2007/12/29(土) 14:23:00 |
  2. URL |
  3. ruksak #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

◈ruksakさん、
今年は、春・さくらの京都と秋・もみじの京都の両方を見ることができました。
どちらも本当に美しくて、もうどっぷり京都の魅力にハマってしまいました。
そうなんです、紅葉の旅、もう季節はずれになってしまったのですが、最後まで続けます。
かなり自己満足なんですけど、写真をしみじみ眺めて、「綺麗だったよなぁ、京都~」と、ひとり浸っております(^^;

ruksakさん、いつも読んで下さって、本当にありがとうございます。
また来年も、是非よろしくお願いいたしますね。
ちなみに、もうすぐムレスナ・ティーハウスです♪
  1. 2007/12/29(土) 21:11:00 |
  2. URL |
  3. lazyMiki2 #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

なぬーっ!ムレスナですか!ってことは行かれたのですね?
いいなぁいいなぁ。私は思いきり定休日でした。

ところですばらしくよいお天気で紅葉が映えますねー。
確かに静けさというのは、目の当たりにした風景の印象を
5割増ぐらいは引き立てますね。
「もみじの数だけ人がいる」東福寺に行った私もそう思います。

実は今日、「冬の京都」っていう扶桑社ムックが出してる
季刊誌を買ってしまい、見入っているのですが
京都の行事が入ったカレンダーが付録でついてて
早速お部屋に飾ることにしました。
来年もお互い沢山京都に行けるといいですね~。
Mikiさんのブログでお勉強をして、私も改めて予習復習しつつ
新しい発見をしたいと思います。
来年もどうぞ宜しくお願いいたします。
  1. 2007/12/30(日) 21:49:00 |
  2. URL |
  3. chiyomi #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

◈chiyomiさん、
もうおひと方のムレスナ関係者(?)、chiyomiさん♪
後で書くつもりですが、最初にムレスナのことを知ったのは、chiyomiさんのブログです。
その後、ruksakさんのスリランカ旅行記(彼女は本国のムレスナ茶園に行かれたのです)で再び目にして、行きたいな~、と思っていたんです。
今回、初めて行くことができました(^^)
定休日に当たってしまうなんて、残念でしたね・・・!

京都は本当に、何度行っても飽きるということがありませんね。
特に秋の京都の素晴らしさは格別です・・・。
私も、chiyomiさんのブログから、ムレスナもそうですが、あれこれと情報を頂いているんですよ(^^)来年はまた一層、こだわりの京都旅がしたいです。
そしてchiyomiさんと京都のお話ができたら楽しいな。
こちらこそ、来年もまたよろしくお願いいたします。
  1. 2007/12/31(月) 00:43:00 |
  2. URL |
  3. lazyMiki2 #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する