本と旅とそれから 「春以来ですね」≪炭火割烹 いふき≫             (2007年秋・京都)

本と旅とそれから

「春以来ですね」≪炭火割烹 いふき≫             (2007年秋・京都)


そしてその日の夜は、これで三度目になる、先斗町の「いふき」。
・・・まだ三度目だったんだ?なんだか、すでにすっかりお馴染みという気がしちゃって。

11月25日(日)
▲お造り 麗し?

烏丸のムレスナ・ティーハウスから先斗町の「いふき」まで、予約の時間に遅れそうだったので、人混みの中を猛ダッシュ。
「いふき」は今回三度目になるので、場所だけはさすがに迷うこともなく・・・。

カラリと戸を開けると、カウンターの向こうに立つご主人と目が合いました。
「お久しぶりです!――この春以来でしたっけ?」

嬉しいですよね、そういう言葉で迎えられれば。
れんげさん情報によれば、しっかり「お客さんメモ」を残しておられるようです。)

というわけで、すっかりリラックスのぽよよ~んモードに切り替わる中、晩ご飯スタート。

▲香箱ガニと菊菜のかぶら餡

香箱ガニ、別名コッペガニ。
「菊菜やかぶらや、いろいろな香りと味がグー」(LM)、「カニの主張がしつこくない」(しの)。

お酒は十四代(山形・純米吟醸)。

実は、この次にお椀ものが出ました――ごま麩の白味噌仕立て。
お味噌の甘味と、生麩のごまの香りとプチプチ感が良かったとメモにはあるのですが、あまりのピンボケ写真のため、画像はお見せできません<(_ _)>。

その後、向付つまりお造り(TOP画像)。
カメラの腕はさておき、スイーツに負けない麗しい姿だと思ったのでした。

▲なので、後姿も・・・
しびマグロ(山形)、ヤリイカ(五島列島)、鯛(淡路)。

ああ、イカが透き通ってますねぇ・・・。お酒は醴泉(岐阜・特別純米)。

▲さば寿司

こちら、お皿は「しずく皿」――えーっと、今回はいろいろと器のお話もうかがったのですが、ちゃんとメモしてなくて、翌朝には忘れておりました・・・。ごめんなさいよぅ。

▲でも、見て下さい「しずく皿」

ものすごーく脂ののった「さば」でした♪

▲蓮根饅頭

加賀レンコンが使われています――って、ホント、私のような違いのわからん女が頂くのはもったいないような素材を使ったお料理が次々出て来るのですよね。

こちら、生姜の香りがとてもよくて、も~っちりした食感が美味しゅうございました。

▲エビ芋、ムカゴ、銀杏

お酒は磯自慢(静岡)。種類はメモし忘れちゃいました。

▲鹿児島牛の「いちぼ」

「いちぼ」とは、牛のお尻辺りの柔らかい肉のことです。
塩・黒七味・大根おろし・ポン酢で頂きます。すごく美味しいから、あっという間に食べてしまいそうになるのを、ゆ~っくりと・・・自虐的。

焼き物は肉か魚(二種類あったような)を選べます。
私は(▲)の牛肉を選び、しのちゃんはお魚(▼)にしました。

▲きんき

お酒が入ると、私なぞはつい「魚はホネ取るのが面倒ですよ~ぅ」と敬遠してしまいますが、しのちゃんはじっくりと、とことん食べておりました。
・・・今、調べたら、すごい高級魚だったんですね、「きんき」。

▲岩もずく、山芋

焼き物の後では、さっぱりして美味し♪

▲鴨鍋
(カウンターの上の写真は、影が入っちゃいました・・・)

で、最後に大とりのお鍋!
えっと確か、この鴨鍋の他に、「どんこ」とあとひとつ(鯛だったかしら?)が選べます。
「どんこ」は前回頂いて美味しかった・・・今回は鴨にしました。


美味しい・・・っていうのはもう言わずもがななんですけど、今回口惜しかったのは、わたし、この辺でかなりおなかがいっぱいになってしまったんです~~。

やっぱムレスナで水分摂りすぎたのかな・・・。
というのもあるし、最近ワタクシ、寄る年波というモノのせいか、お酒を飲むとすぐおなかがいっぱいになってしまう気がするのです・・・。

▲お鍋の後は雑炊ですよ~

も~・・・今なら、鍋いっぱいひとりで食べられるのに・・・。


この時は、軽く一杯頂くのが精一杯(ダジャレのようです)。
隣りでは、ふだんは私よりかなり小食のしのちゃんが三杯も食べておったゾ。
何てツボを押さえた食欲の発揮ぶり・・・。次回への教訓といたしませう。


柿と、リンゴのコンポート。
ふふん、しのちゃんは柿が苦手だから、もらっちゃえ・・・と思いましたらば。

しのちゃんのお皿には、リンゴが二つのっておりました。
カウンターの向こうでご主人が笑って、「だってさっきからあれだけ『柿が苦手』って話をされていたでしょう?これで柿をお出ししたら意地悪になっちゃいますよ」。

しのちゃんは「きっとそうして下さると思ってました~~♪」とか喜ぶし・・・ちぇっ(ひがむ私)。

□      □      □

去年秋の時と、一部のお料理はかぶります――季節のものが出されるから、当然なところもありますよね。「美味しい~!」の記憶が上書きされます。

このお店、値段は確かに「気軽な」ものではないと思います。
でも、何て言うのかな。他で節約してでも「ここに来たい」と思っちゃうようなとこなのです。
私なぞはふだんはなかなかお目にかかれないような、とっておきの食材を美味しく頂ける、とっても気さくな、でもどことなく上品な雰囲気のお店。
――われながら、こういうのを「絶賛」というんですかね。

あとはな~、冬に行って「かぶら鍋」頂いてみたいんですけどー。
と、言ってるうちに、冬の日々は過ぎてゆく・・・(T_T)。

   これまで2回の「いふき」記事。
       '06年秋はコチラ
       '07年春はコチラ

炭火割烹 いふき : 中京区先斗町四条上がる二十一番路地
               Tel&Fax :(075)211-3263
?≪日常編≫に戻る
 
関連記事
tag: 
  1. 2008/01/26(土) 15:22:00|
  2. 07秋・京都
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:14

トラックバック

トラックバック URL
http://lazymiki.blog110.fc2.com/tb.php/1096-9e2f1f25
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント

No title

溜息つきながら、お写真拝見いたしました~。
そうそう、ほかで節約してでも、ゆっくり時間をかけて
しみじみと味わってみたいですね。
こういう場合のお酒の選択は、好みのものを
お店の人に選んでもらうのですか?


  1. 2008/01/26(土) 21:47:00 |
  2. URL |
  3. chiyomi #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

おお~!待ってました!(笑)
ひと月ちがうと、こんなにメニューもちがうのですね!のお手本、って感じです。
ああ、鴨鍋。(私ってお鍋が大好きなのかしら)
それと、きんき。手招きしてるみたいに見えます。あはは。
Mikiさんが書かれてるみたいに、ここって「特別なところ」ですよね。
敷居が高いわけじゃないんだけど、ホイホイといけるとこじゃない。
一緒に行く人も選びたい!って思いますよね。

私は今夏に鱧鍋の予定~。
また行ったらアップしますね。

ごちそうさまでした~
  1. 2008/01/26(土) 23:55:00 |
  2. URL |
  3. れんげ #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

わお!出た~。
随分と豪勢じゃないですか!
いいなあ。
常連さんとして、ちゃんと覚えていてもらえるなんて、さすがMikiさん。
写真も上手。
夜のお店だと、照明とか暗くないですか?
どうしてこんなにキレイに撮れるのかしらん。
お値段、気になります。

れんげさんが「敷居が高いわけじゃないんだけど、ホイホイといけるとこじゃない。」と書かれていますね。
相当、覚悟しないと行けないところなんでしょうか?

  1. 2008/01/27(日) 01:04:00 |
  2. URL |
  3. よしりん #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

Mikiさん、
またまたこんな時間に失礼します。
京都、良いですねぇ。 お鍋、たまりません、じゅる。
私にとって京都は永遠の憧れの都のような気がします。
いつになったら行けるやら・・・
  1. 2008/01/27(日) 02:08:00 |
  2. URL |
  3. elle-paris #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

再び、鍵コメで失礼いたします。
私のブログにコメントありがとうございました。
で、カメラのことです。
そうですよね、エキサイトのトップページ、いつもキヤノンキッスが常連ですよね。
私が漠然とニコンかなと思っているんです。
理由が前にも言ったかもしれないけど、好きなブロガーさんがほとんどニコン派だから。
まぁそういう人に聞くと当然ニコンを薦めますね。
ただ私が欲しいと思っている D40x はメーカーでは生産終了になってしまい、
あとは市場に在庫があるのみになってしまったんです。
どこかの量販店ではもう在庫なしになってた。
でも、正直キヤノンにも惹かれるんですよね・・・
なんかニコンっておじさんのイメージというか硬派なイメージが
ありませんか?ってイメージで決めるのかよっ!と言われそうですが・・汗。
つづく・・・
  1. 2008/01/27(日) 02:20:00 |
  2. URL |
  3. elle-paris #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

長過ぎるので2つに分けてコメしています。

誰かがデジイチはカメラ本体よりレンズが大事だって言ってましたね。
そうなのかとも思うし。ただ、一度そのメーカーのカメラを買ってしまったら
レンズは当然そのメーカー用になるわけで、それを考えると
メーカー選びは重要ですよね。
もうこんな迷っているのならいっそのことニコン&キヤノン両方買ってしまえっ!
とか思ったり(そんなお金はどこにあるのか?)

カメラより腕が大事だとも思うんです。
ぶっちゃけですが、いいカメラを使っているのに?な写真の
ブロガーさんを知っているんです、私。
(お前に言われたくないよ!ですよね、全く自分は何様なんだか)

Mikiさんはキヤノンならエントリー機を購入予定ですか?
私が贔屓にしているブロガーさん norinorenさんは
キヤノンのEOS kiss X ユーザーですよ。

と大変長々失礼したしました。
  1. 2008/01/27(日) 02:22:00 |
  2. URL |
  3. elle-paris #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

◈chiyomiさん、
京都って、ついつい「食」にお金をかけてしまいがち。
夜も昼も、ついでに午前・午後と二回のお茶、とか・・・。
でも、錦市場とかの達人になれれば、あまりお金をかけずに美味しいものが食べられそうですよね。
ちょっと贅沢なお店と、とっても手軽なお店と、どっちも探索したいです。

「いふき」の場合、お酒の専門店ほどの種類はないのですが、私たちは、リストを見せてもらい、辛口がどれかを教えてもらい、あとは適当にお願いしちゃいます。
「十四代」は、なんというか、よく言えば定番、悪く言えば「ネコも杓子も」的なお酒みたいです。でも、すごく香りのよい、旨し酒、なのです~。
  1. 2008/01/27(日) 19:52:00 |
  2. URL |
  3. lazyMiki2 #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

◈れんげさん、
お待ち下さって、ホントにありがとうございました<(_ _)>。
あはは、やっぱお鍋ですか。
私は酒呑みのせいか、むしろ焼き物の前までに出る酒肴的お料理がたまりません。
それにしても、「あまから手帖」で、偶然みたいにして見つけたこのお店、すっごくラッキーだったなーと、しみじみ?

鱧鍋、ですか~。
私も、次の京都行きが頭の中にもわ~~っと浮かび始めました。
やっぱまた「いふき」うかがわないとな~(^0^)
夏・・・かぁ。
ま、自分が行けなくても、れんげさんのブログでお写真だけは見られるから・・・。
でも、やっぱり・・・(ぶつぶつ)。
  1. 2008/01/27(日) 20:00:00 |
  2. URL |
  3. lazyMiki2 #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

◈よしりんさん、
えへへっ。
確かに、こちらの記事はお料理が豪勢になります~(^^)
多分、顔で覚えて下さっていたわけではないと思うんですけどね。名前・・・かなぁ?
でも、以前ブログのURLをお伝えしておいたんですけど、今回うかがった時、「『いふき』のことを素敵に書いて下さってありがとうございます」って、奥さまに言われました。
見て下さったんだなー、と、嬉しかったです。

夜のお店の写真は、本当に苦労しますよね。
暗いのもあるし、照明の色合いもありますしね。
最近は少しは慣れてきましたが、かつては「上手く撮れない」というのをネタに記事を書いたことがあるくらいです・・・。
まだまだ、修行中です!

今回のお料理、8,000円のおまかせコースなんです(お酒は別です)。
6,000円のコースもあり、それですとお鍋はつきません。
れんげさんのような「お鍋大好き」さんでなければ、6,000円でも十分楽しめるかと。
ただ、お酒はいいものを揃えておられるので、呑んべさんはちょっと高くなるかも。
・・・よしりんさん、お酒はお好きですか~?

お店の雰囲気は、気さくで、くつろげるとこです?
  1. 2008/01/27(日) 20:08:00 |
  2. URL |
  3. lazyMiki2 #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

◈elleさん&鍵elleさん×2、
充実の長文コメント、とっても嬉しいです(^^)

京都って、ちょっとパリだと思います。いや、かなりパリだと思います。
パリ並みに、もっと町並み保存して欲しいところですが。

何しろ、去年の今頃は「一眼レフなんてアタシにゃすぎたオモチャ」と思っていたくらいですから、やっぱり初心者向けの扱いやすい(っていうのかな・・・)機種にすると思います。
ていうか、出来上がりの写真に、機種でどのくらいの差が出るんでしょう・・・。
どれを選んでも、コンデジよりはよっぽどいい写真が撮れる・・・はず?
だったら、使いやすくて、できるだけ軽くて、ついでに、トリセツがわかりやすくてできればお値段が安いものが・・・(^^;
(レベル低いこと言っててごめんなさい。)

でも、elleさんが書かれている、「やっぱ腕でしょ」には大賛成。
どれにしろ、買ってしまったらそれをとことん学んで慣れて使いこなすしかないっ。
もー、キャノンEOSにぐぐっと傾くワタシでございます。
よし、今度、「さくらや」で眺めてパンフもらって来ようっ。
  1. 2008/01/27(日) 20:24:00 |
  2. URL |
  3. lazyMiki2 #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

私はお酒はたしなむ程度ですよ。
Mikiさんはかなりイケル口ですね。
お酒の強い女性って、かっこいいわ~。

先日、友人がカメラを買ったというので見せてもらいました。
キャノンEOSのD40.
コンデジとは全然、重量感も質も見た目も何もかも違って、ずっしりとl重く、これが一眼かあ!と溜息が出ました。
レンズも望遠やマクロやらいろいろいるようですし、持ち歩くのには覚悟がいるような。
でもやっぱり憧れますね!
  1. 2008/01/27(日) 21:36:00 |
  2. URL |
  3. よしりん #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

◈よしりんさん、
お酒、以前と比べると弱くなりました(年配者のきまり文句な気が・・・)。
しかも、知らないんですよね、詳しいことを全然。
別にうんちくを語れなくてかまわないんですが、もうちょっとわけわかったうえでお酒を飲みたいものだと、今年はちょっと(だけ)勉強したいと思っています。

偶然ですけれど、上の鍵コメの中で、elleさんが「買いたい」と言っておられるのがEOSのD40なんですよ。でも、すでにメーカーで製造中止なんですって。
(elleさーん、バラしちゃいました~・・・って、いいですよね、これは。)
今、はてなと思うことのひとつが、一眼レフを持ち歩くスタイルってどういうんだろ?てこと。
やっぱり、もう最初から首に下げて歩くんですかね。で、替えレンズはバッグの中、と。
でも、少なくともしばらくは、望遠レンズは使わない(または使えない)だろうなぁ。
大きくて重そうだし。落としそうだし(レベル低い・・・)。
ええ、でも、憧れますねー。
  1. 2008/01/28(月) 22:22:00 |
  2. URL |
  3. lazyMiki2 #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

お金にみみっちい私としては、高いんだろうなあ、高いところはどうもな~という気持ちで読んでました。
最後の方で、
他で節約してでも「ここに来たい」と思っちゃうようなとこなのです と書かれたでしょ。
自分にとって最上のひと時を楽しみたいと思う気持ちは大切ですよね。お金のことをとやかくいう自分が恥ずかしくなりました。

コメントを書きながら↑の段に気がついて。
私も一眼レフ持って旅行しています。
観光客ばかりの観光地ではカメラを首から下げたまま歩いたりしますが、それ以外の場所では撮るときだけカメラを出して、ふつうはショルダーか手提げバッグにしまっています。場所によって出したりしまってたり忙しいです。
この頃は大きなカメラを持った人が少なくてさびしいです。
  1. 2008/01/29(火) 15:40:00 |
  2. URL |
  3. ruksak #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

◈ruksakさん、
いえいえ、お金のことはやっぱり大きな要素ですもん、考えますよね。
何というかまあ、私の旅っていうと、まさに「物見遊山」。
ちょっと贅沢して、楽して綺麗なモノ見て、美味しいモノ食べて、ばっかりです。
ruksakさんの旅のお話を読ませて頂くと、上手く言い表すことはできないのですが、そういうのとはひと味もふた味も違うものだな、と思います。
それに、ruksakさんだって、あちこちで美味しいお茶やお料理をいろいろ楽しまれていますものね。
ruksakさんは私なぞよりよっぽど旅の経験が豊富ですもん、学ばせて頂くのは私の方ですよー!

ふむふむ、なるほど。
大体、イメージしていた感じと合っていました。
いろいろ写真を撮りそうな場所では首から下げっぱなし、で、そうじゃない時はバッグにしまって、ですね。
一眼レフってそれなりに重いし嵩張るから、バッグも、ちょっとリュックぽい(あ、だからリュックサッカーか~^^)ものにしないとダメそうですねー。
  1. 2008/01/29(火) 21:11:00 |
  2. URL |
  3. lazyMiki2 #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する