本と旅とそれから タヌキはどこ≪下鴨神社・糺の森≫               (2008年5月・京都)

本と旅とそれから

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
tag: 
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

タヌキはどこ≪下鴨神社・糺の森≫               (2008年5月・京都)




5月6日(火・祝)
れんげさんと別れてから、これといって心づもりもなかったので、糺(ただす)の森に行ってみることにしました。
京阪電車に乗り、終点の出町柳で地上に出てくると、そこはいわゆる鴨川デルタ。
う~ん、森見登美彦さんや万城目学さんの小説で、「腐れ大学生」たちがどんちゃんやらかす舞台ですね。

そして、糺の森。

うわ~・・・大きい。ずーっと奥まである。
でも、最終日とはいえさすがにGW中。思ったより人がいるなぁ。
夕方なので、もうみんな返り方向ですが。




やっぱり直前に読んだせいか、森見さんの「有頂天家族」のことが思い出されます。
主人公のタヌキ一家のすみかのあるのが、ここ糺の森。



そうそう、この日は六角堂にも行ったのです。
「へそ石」を見に。

「有頂天家族」によれば、この「へそ石」、ホンモノの石ならずして、タヌキが化けているのだとか。
煙でいぶすと、やがてプリンのようにふるふると揺れ、ワッと茶色の毛らしきものが生えだした、とかいうことですが~・・・。

えー、この石が~?

?これですね、六角堂の「へそ石」。


糺の森に戻ります。




EOSを取り出し、シャッター押してみました。
何かドキドキするなぁ。うまく撮れるかなぁ(いや、うまくは撮れなくても、ですね・・・)。

残念ながらタヌキに出会うことはかなわず、やがて下鴨神社に。




境内に入ってすぐ、ぐるりと見回して目をひいたのが、この(▲)花。
なんと大きい。差し渡し20センチぐらいはありそうな花が、ぼん!ぼん!と咲く大きな木。

実はこの花、ついこのあいだまで、何の花かわかりませんでした。
見つけたのは、梨木香歩さんの「西の魔女が死んだ」の一節。


二、三十メートルはあろうかと思われる大きな木が、これもまた、二、三十センチはありそうな白い大きな花を、幾つも幾つもまるでぼんぼりをともすようにしてつけているのが目に入った。
(中略)
そうだ、あれは空中に咲く蓮の花だ。おばあちゃんは、蓮の花は空中には咲かないと言っていたけれど。(梨木香歩「西の魔女が死んだ」)

そして、主人公の少女まいは、後でおばあちゃんに、それが「朴の木」だと教わります。
朴の木が咲くと、匂いでわかる、とおばあちゃんは言います。

そうなのです!
下鴨神社の境内は、すがすがしいような、甘いような、不思議な匂いで満ちていました。

それは本当に印象的な花でした。

  「西の魔女が死んだ」感想文はコチラ




西日の照らす境内。
初夏の空気が満ちる、気持ちのいい空間でした。




それにしても。
お賽銭用の5円玉をバッチリ準備していったのにもかかわらず、私は2回も神さまに拒絶されましたぞよ。

1回は投げ損ねて賽銭箱をはずし、もう1回は跳ね返って外に落ちた・・・(T_T)。
ったくもー・・・。




境内の流れの畔にはこんな(▲)花もたくさん咲いておりました。
青い蝶々がたくさん飛びかっていて。

そしてこの花も、芳しい香りを漂わせていました。

白い花々。その爽やかな香り。
初夏の香りとはこういうものかな、と思った夕暮れ前のひと時でした。


関連記事
tag: 
  1. 2008/05/18(日) 21:10:00|
  2. 08初夏・京都
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

トラックバック

トラックバック URL
http://lazymiki.blog110.fc2.com/tb.php/1107-948a1def
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント

No title

朱塗りの橋に新緑が映えています。

白い小さな花、なんでしょう?
青い蝶々がたくさん飛びかっているなんて、幻想的な光景ですね。
不思議な森の中に迷い込んだMikiさん、
無事帰ってこられてよかったです。
  1. 2008/05/18(日) 23:15:00 |
  2. URL |
  3. よしりん #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

遅ればせながら、お帰りなさい~♪
タヌキはいませんでしたか。(笑)
濃い緑、いい香りの白い花。素敵なところですね~。
次行くときは、下鴨神社と糺の森にも行ってみたいです。
あと六角堂も。
  1. 2008/05/19(月) 10:59:00 |
  2. URL |
  3. yurinippo #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

◈よしりんさん、
ホントに、今の季節は神社の朱色が緑と素晴らしいコントラストです^^

最後のあの白い花、とてもいい香りでした。
以前教えてもらったことのある、エゴノキという花と、花の姿も香りの強いところも似ているのですが、エゴノキは大きな木の花だったから、違うし・・・。
青いちょうちょの写真、撮りたかったのですが、望遠じゃないから近くに寄らないと撮れないし、寄ると逃げちゃうし、ダメでした~(T_T)

でも、夕方になってきてましたし、おっしゃる通り、ちょっと不思議な空気でした!
  1. 2008/05/19(月) 23:04:00 |
  2. URL |
  3. lazyMiki2 #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

◈yuriさん、
ただいま~^^
ていうか、京都行きの直前にひいてしまった風邪が、ようやく治ってきました。
まったく、京都にいる間が最悪だったなんて!

やはり鴨川デルタには、大学生がいっぱいいましたよ。
特に腐れてるようには見えなかったので、めでたいことです。
糺の森、タヌキはおりませんでしたが・・・んっ?
もしかして、参道を歩いていた一見ニンゲンに見えた人々も、もしかして半分ぐらいは脅かせばシッポの出るイキモノだったかもっ?!
  1. 2008/05/19(月) 23:07:00 |
  2. URL |
  3. lazyMiki2 #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

「朴」が読めなくて、本棚から「西の魔女が死んだ」を取ってきた。朴葉味噌の「朴」だ!
いかん...完全に脳細胞が活動停止してる。漢字も苦手とはいえ、情けない。

印象的な写真なので不思議な香りを体験したくなった。最寄りの万博記念公園にはあるだろうなぁ。でも広すぎて公園のどこにあるかわからんだろー。下鴨神社まで遠征した方が早かったりして。

風邪、治ってよかったね。
  1. 2008/05/20(火) 00:54:00 |
  2. URL |
  3. しの #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

◈しのちゃん、
よーやく咳がほとんど出なくなり、声が嗄れなくなくなったですよー。
京都ではいろいろお世話をかけちゃいましたが・・・。

そうそう、朴葉味噌の「朴」だよ(よしりんさんもそう言ってたよ^^)。
しのちゃん、漢字が苦手だったの?ほ~ぉ(スミマセン、どしても言いたくて・・・)。

万博記念公園はおススメしないぞ。
やはりこういう遭遇は、偶然とかタイミングとかも重要じゃて。
見に(or匂いをかぎに)行こう!と思って行くんじゃなくてだね、何気なくどこぞの森など歩いていて、偶然出会うというのがよいかと。
・・・って、「西の魔女」の再現シーンか、それだと。
ちなみに、万博記念公園に文句があるわけじゃないのでしたー。
  1. 2008/05/20(火) 22:52:00 |
  2. URL |
  3. lazyMiki2 #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

こんばんは!
糺の森、大好きな場所です。
森林浴効果か、歩いていても静かで気持ちよくて
パワースポットでもありますね。
それにしても朴葉の花は初めて拝見いたしましたよ。
巫女さんを花にしたみたいな清楚な形ですね。
種類的にはモクレンみたい?って思って
早速調べたら、やはりモクレンの仲間なのですね。
・・うーん、勉強になるなぁ。
  1. 2008/05/20(火) 22:59:00 |
  2. URL |
  3. chiyomi #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

◈chiyomiさん、
chiyomiさんは・・・森がお好きそうな感じしますね!
パワースポット、なるほど。
確かに、大きな木がたくさんあるところって、生命力を感じますよねぇ。

実は、私は下鴨神社も糺の森も、今回初めて訪れたのです。
上賀茂の方は、かなり昔になりますが、確か一度行ったことがあったのですが。

へ~ぇ、モクレンの仲間でしたか、朴。
(ここでまた「ほ~ぉ」とダジャレが言いたくてムズムズする・・・。)
ブログって、皆さんがいろいろ教えてくれたり調べてくれたりするから、楽して勉強できちゃって、ホント便利ですよね。
ぐふふ。
  1. 2008/05/21(水) 22:27:00 |
  2. URL |
  3. lazyMiki2 #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。