本と旅とそれから 祇園に泊まりました≪旅館 紫≫                 (2008年5月・京都)

本と旅とそれから

祇園に泊まりました≪旅館 紫≫                 (2008年5月・京都)



ここ数回の京都行きでは、いつも友人しのちゃんの御宅に泊めてもらってきました。
が、彼女がそこを引き払ってしまったので、これからは宿泊先を探さないとなりません。
というわけで、今回は「旅館 紫」という、祇園は花見小路にある、いわゆる片泊まりのお宿に泊まってみることにしました。
片泊まり――ですから、朝ごはん付き。




どこで探してきたのかというと、以前しのちゃんに勧められて買っていた(当の彼女はすっかり忘れていたようなのですが)「京の片泊まり」という本から。
その本の一番最初に紹介されているので、もしよかったらご覧下さいませ。

花見小路は、建仁寺への通り道だし、「都おどり」を見に行ったり食事に行ったりとこれまで何度も足を踏み入れてきましたが、泊まろうと思ったことはまったくなし。
今回は、1日目は予約が取れなかったのですが、2日目から、最初はしのちゃんと一緒に1泊、その後私ひとりで2泊しました。




2枚目の写真にある正面の引き戸を開けると、3枚目のような暖簾のかかった戸口が。
実際の出入りには、この右側にこれまた風情のある玄関があり、そちらを使います。




私たちが泊まった部屋「野菊」は、二階の奥の窓。

この「紫」は、元はお茶屋さんだったとか。
ふだんは女将さんがひとりで切り回しておられる・・・様子。いえ、たぶん他にもおられると思うのですが、客の前に出てこられるのは女将さんだけ。
最終日、土曜日の朝だけ、週末は少し混むようで、手伝いに入っておられる別の方の姿を見ました。

女将さんは、しのちゃんが言っていたけれど、ちょっと市田ひろみさんみたいな風貌の方。




純粋和風で、いかにも京都~って感じの漂う朝ごはん。
・・・が、正直に言うと、私の好みよりはやや塩気がキツめでした(特にお味噌汁)。




祇園に泊まる、なんていうのは、それだけでもちょっとわくわくします。
窓から外を見ていると、舞妓さんの姿を見かけることも。
・・・場外馬券売場が近いせいで、土曜日は「何事っ?!」と思うくらい、交通整理のJRA係員さんがたくさんいましたけど・・・^^;




女将さんが自分で摘んできたというみつばのごまあえ(▲)。

朝ごはんは、毎日違ったものを出して下さいます。
自分でお豆腐など買ってくれば、それを出して下さったりもするようです。




とはいえ、洋風の便利さに慣れてしまった私などには、やはりこういうお宿は少々不便だな、と思うことがちょこちょことあったのも事実。




たとえば・・・洗面所が二階にない、とか。
昔風の作りですから、客室はひたすら部屋だけです。
水回りはすべて共同で、ひとつだけ。

部屋数は全部でも五つしかない、小ぢんまりしたところなんですけどね。


で、二階から降りていくと、すぐそれを察して女将さんが顔を出され、「はい?」と。
・・・この「はい?」が、京都弁といいますか、祇園風なのか、独特。

「あ、いえ、洗面所をお借りします」
って具合ですね。



部屋に冷蔵庫がない、とか、雨戸と障子のどちらかしかない(ガラス戸というものがないのですねぇ、昔ながらの建物は)、というようなことはよいのですけどね。
ちょっと勝手が違って、これはこれで新鮮な体験でした。
・・・とも言えましょうか。


でもこれからも、こういう風情のある旅館には泊まってみたい。
たぶん、何泊かするうちの1泊だけ、というような形ででも。




►「旅館 紫」HPはないので、お宿情報は例えばコチラ


関連記事
tag: 
  1. 2008/06/06(金) 11:30:00|
  2. 08初夏・京都
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

トラックバック

トラックバック URL
http://lazymiki.blog110.fc2.com/tb.php/1110-7f44f958
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント

No title

そうですねえ、今までの京都の旅で一度も宿の話題がありませんでしたもんね。
いかにも京都の風情がありますね。
Mikiさんのブログを見ると、京都がなんでも素敵に思えます。
  1. 2008/06/09(月) 22:43:00 |
  2. URL |
  3. ruksak #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

◈ruksakさん、
(お返事遅れてごめんなさい!)
なにせ、ブログ始めてから今までは、いつもしのちゃんちに泊めてもらっていましたから。
まあ、和風の旅館というのは、洋風ホテルと比べると、少し割高かも知れません。
ただ、ひとりでも泊めてくれるっていうところが(しかも2人の時と同じ値段で)嬉しいんです。
他にもこういうところはあるようなので、少しずつ回ってみて、いつか「これからはずっとここにしよう」みたいなところに巡り会えるといいなぁ。
・・・といっても、ピークシーズンにひとりで宿泊は無理かも、です。
  1. 2008/06/13(金) 00:49:00 |
  2. URL |
  3. lazyMiki2 #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

風情があって、祇園らしい素敵な旅館ですね。
いいところをご紹介いただきました。
メモメモ!!
  1. 2008/06/30(月) 00:36:00 |
  2. URL |
  3. よしりん #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

◈よしりんさん、
シティホテルに泊まりなれてしまうと、ちょっと勝手が違いますが・・・。
ロマンチストのよしりんさんには、こういうお宿が似合っているかも。
泊りがけでお出かけの時はぜひ。
  1. 2008/06/30(月) 21:55:00 |
  2. URL |
  3. lazyMiki2 #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

はじめまして

こんにちは。京都好の通りがかりの者です。
紫は祇園に行くたびに必ず前を通り、いつかは泊まってみたいなーと思っている宿です。
それで泊まったことある人に聞いてみたかったので、このページに会えて良かったです。
  1. 2013/09/29(日) 13:03:09 |
  2. URL |
  3. しじみ #QZfi5Q4g
  4. [ 編集 ]

しじみさん、

コメントを残して下さってありがとうございます^^。
これは、もう5年前の記事なのですが、今でも検索して読みに来て下さる方が多い記事なのです。
でも、コメントを残して下さる方はなかったので嬉しいです。

最近は、便利さにひかれてビジネスホテル泊まりばかりですが、そのうちまた和風旅館にも泊まれたらなーと思います^^。
  1. 2013/09/29(日) 23:29:17 |
  2. URL |
  3. lazyMiki #Dud4.962
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する