本と旅とそれから 旧有栖川宮家別邸・天鏡閣≪東北古いたてもの巡り⑥≫   (2008年初秋・福島)

本と旅とそれから

旧有栖川宮家別邸・天鏡閣≪東北古いたてもの巡り⑥≫   (2008年初秋・福島)




10月5日(日)
さて、会津若松から再び磐越西線に乗り、郡山方面に戻る途中、猪苗代で下車。
ここからバスに乗って、2日目のハイライト・・・と、自分的には一番期待の大きかった、旧有栖川宮家別邸・天鏡閣へ。


バス停は猪苗代湖畔。雲がどんどん濃くなってくる空模様なので、湖も灰色・・・。
本来、この猪苗代湖と李白の詩句から、その名がつけられたというたてものなんですけどね。

ま、とにかくてくてく歩いて、やって来ました。




見学の人は、ここでもぱらぱら程度。静かです。




見学者入口の方へ回ると、秋明菊が綺麗。




どこの立派な洋館に行ってもそうなんですけど、どーも上手く室内の写真が撮れまへん。
明暗もそうなんですが、構図も。すごーくツマラん絵にしかなんないの。
そういう写真がいっぱいあるけど、全部ボツ!!

ほんの断片を少し。




第10代有栖川宮威仁(たけひと)親王が、旅行中にこの地を訪れ、美しい景観を愛して別邸建築を決定されたそうです。明治41年竣工。




ちなみに、幕末に皇女和宮が第14代将軍家茂に降嫁することになったために婚約を破棄されちゃった有栖川宮は、第9代熾仁(たるひと)サマです。




(▲)この写真・・・他にほとんど人がいないのをいいことに、時間をかけてマニュアル・フォーカスの練習をした――というのも、窓の外の、色づき始めた木々がとても綺麗だったから。
オートフォーカスだとどうしても窓枠にフォーカスしちゃうんですー。

でも激しく難しかった!窓枠があるから曲がると目立つし(後で傾き補正してます)。
やっぱこういうのは三脚がないとダメなのかな。
それにしても、苦労の割に、このサイズだとどこにフォーカスしてるのかわかんないですね。




宮家の食堂でケーキとお茶が頂ける!というのでお願いしました。
この日は、バスや電車の時間の関係で、お昼を食べられなさそうだったから。

アップルパイは美味しかったけど、ケーキの味より雰囲気が美味しかったという感じ。
やっぱり他に人がいなくて!写真三昧で紅茶が冷めた・・・。




見学者入口に面したお庭の方から見た天鏡閣。
・・・でも、いろいろな本など見るに、こっちって裏側みたい^^;




お庭に立つ威仁親王の銅像。
威仁親王は跡取りに恵まれず、有栖川宮家は第10代で途絶えます。
そのため、天鏡閣は、高松宮家に引き継がれたそうです。


天鏡閣、情報は例えばコチラ

関連記事
tag: 
  1. 2008/10/29(水) 21:44:00|
  2. 08初秋・山形・福島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

トラックバック

トラックバック URL
http://lazymiki.blog110.fc2.com/tb.php/1128-4c74da5c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント

No title

こんばんは。
懐かしい思い出のある建物…。10数年前に高校時代の友達と4人で行きました。窓から光る猪苗代湖が見えるその様子をたとえてこういう名前がついたって聞いて、湖が見えたらって思ってましたが…やはりそれは無理でしたね…。
でも建物自体は素敵ですよね。

私が行ったのも秋で、人がいなくて静かでのんびりできるところでしたが、こんなに花は咲いてなかったような…以前よりだいぶ手入れがされてますね。
いずれにしても何か世界が違うところに来たような、とは言え、ぼーっとできる素敵なところだね~、と4人でのんびり楽しみました。
こういうところって写真撮るにはいいところなんですが、何せ余計な照明がないから暗い…当時はデジカメなんぞなかったので、やはりどうも暗い写真撮ってました。

ちなみに、その後猪苗代湖見に行きました。晴れていたので本当に湖面が光ってきれいでした。やはりこれをあの建物の窓から見たかった…と友人達と話しました。
  1. 2008/10/29(水) 22:07:00 |
  2. URL |
  3. タピアン #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

はじめまして。ぴょんと申します。
古い建物、というか古いもの大好きです。こちらの天鏡閣も行ってみたい場所なんです。
写真が素敵で、ますます行きたくなっちゃいましたよ~。
毎年、秋には新蕎麦を求めて福島方面に行くので、今年はぜひ寄ってみたいと思います。

↓前の記事のさざえ堂もおもしろいですね。その小説にも興味が湧いて、早速取寄せ手配しちゃいました。

  1. 2008/10/30(木) 08:52:00 |
  2. URL |
  3. ぴょん #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

To タピアンさん、
こんばんは~^^
そうでしたか!学生時代のお友達と。
瀟洒な雰囲気を持つ、さすがは宮家の別邸という感じのする優雅なたてものですよね。
たてものが出来た当時は、木が今ほど茂っていなかったから、猪苗代湖を望むことができたと言いますが・・・残念ですよねー(伐採しちゃダメ・・・?)。

白とピンクの秋明菊がたくさん咲いていて、とても綺麗でした。
他の季節にはまた別の花が咲くのでしょうか。
そうなんですよね、暗いの。そうかと思えば、場所によっては外の光が入って明るいところがあったりで、あれこれカメラの設定を変えなくちゃならなくて大変でした^^;
それに、とっても曇っていて、外の写真がいまひとつ~~。
管理人の方にうかがったら、「昨日は綺麗な青空だったんですよー」だそうで・・・。
ああ、ふだんの自分の行いがウラメシイ。
波立つ灰色の猪苗代湖に浮かぶ白鳥の足漕ぎボートが寒そうでした。
  1. 2008/10/30(木) 21:11:00 |
  2. URL |
  3. lazyMiki2 #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

To ぴょんさん、
はじめまして!コメントどうもありがとうございます^^

古いもの、歴史のあるものは本当に素敵ですよね!
かつてここにどんな人が暮らしたんだろう、このたてものはどんな歴史を見てきたんだろうと考えると、なんとも言い難い大きなものを感じますよね。

写真、褒めて下さってどうもありがとうございます。テレますよー。
今年4月に一眼レフを入手して、ちょうど半年ぐらいです。
来月末には京都に紅葉を見に行こうと思っていて、うまく写真が撮れるかドキドキです。

お蕎麦を求めて福島へ!わー、本格的なんですねー。
お蕎麦も、その道へ足を踏み入れると奥が深そうですねぇ。
秋本番の天鏡閣、きっと色づく木々がまた違う雰囲気を作り出していそうですね!

をを、建築探偵シリーズ!すでにかなり巻数が出ているのですが、毎巻、いろいろなたてもののうんちくが読めます^^ついつい、行ってみたくなっちゃいますよ。
よかったら、また感想を教えて下さいな!
  1. 2008/10/30(木) 21:22:00 |
  2. URL |
  3. lazyMiki2 #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

こんばんはー。
期待通りの素敵な建物だったようですね。
一番苦労された!?お写真、窓から射し込む光と、お部屋の陰翳の具合がとてもいいですね。とても典雅な感じがします。
秋明菊が、これまた美しい。ほんと別世界のようです。
東北、行ってみたいな。
  1. 2008/10/30(木) 21:48:00 |
  2. URL |
  3. bananan_bou #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

To ばななさん、
はい~~、素敵な建物、ちょっと不便なところに頑張って行って、ついでに波打つ黄金色の稲穂の写真をも(結果的に)諦めてでも、行った甲斐がありましたデス(^‐^)

>典雅(!)
おほほほほっ!ざましょ?
撮ってるその時は、典雅とも優雅とも風雅ともほど遠かったけれど・・・。
どうせ、その時のワタシの姿を見た人は、日本中に2、3人。
いや、居合わせたけれど目には入っていなかったことでしょう。だからよいですのじゃ。
関西地方からだと、東北ってちょっと中途半端な遠さかも知れませんね~。
  1. 2008/11/01(土) 00:13:00 |
  2. URL |
  3. lazyMiki2 #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

宮家お屋敷での写真修行。着々と実践を積んでますな~。

オートフォーカスの練習をした成果の写真、素敵だと思うよ。横方向に想像力が広がって、室内を満たす静寂さの音を思い浮かべることができる感じ。
うう、表現力が乏し過ぎて描写できぬ (-_-;
トップの写真も好きだよん。こんな風に写ってる様子を見ると、秋明菊ってやっぱり可憐だったのだなあと思いまする。

とても素敵な歴史的財産なのに、足回りのよい場所にないというだけで閑散としているのって、自分が行った時は嬉しいんだけどちょっと寂しい。人気の大観光地って圧倒的に有利だから。
きっと地元で今後も大切に保存されていくと信じてるけどね。
  1. 2008/11/01(土) 07:13:00 |
  2. URL |
  3. しの #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

To しのちゃん、
褒められると、照れるゾ!
詩的な表現をしてもらうと、一層照れるのだった。ひゃひゃひゃ。
今日は姪っ子の七五三で、ドライバー&着付け人&カメラマン(もちろん、ちゃんとしたのはプロに撮ってもらう)をやってまいりました。疲れたよぅ。

秋明菊って、見るといつも「カントリー・ダイアリー」っていう言葉が浮かぶ。
ひと頃流行った大人向け絵本みたいの・・・。あそこに取上げられていたのは洋モノの花ばかりのはずだけど、何となく秋明菊ってさり気ない、田舎の庭っていうイメージあるなー。

でも、今回出掛けたたてものって、どれもかなり空いていたよ。
古いたてもの案内、みたいな本って結構あれこれ出ているけど・・・なんでだろうなぁ。
思うに、ロケーションの良いところには、古いたてものの生き残る余地はないんだろうか。
そして、ロケーションの悪いところにあまり人は行かないんだろうかね。
んーむ。なぁ。

  1. 2008/11/01(土) 20:24:00 |
  2. URL |
  3. lazyMiki2 #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する