本と旅とそれから 梅雨明け間近≪ガーデンミュージアム比叡≫

本と旅とそれから

梅雨明け間近≪ガーデンミュージアム比叡≫

Garden Museum Hiei


さて、夏の京都旅行の一番最初に戻ります。

初日、ホテルからまず向かったのは比叡山山頂にあるガーデンミュージアム。
昨年秋に比叡山を訪れた時は、時間もなかったし、花の多い季節を少し過ぎていたので立ち寄らず――今回は、「お天気さえもつようなら是非」と思っていました。

Garden Museum Hiei


ここは、以前は遊園地だったところだそうですが、今は、丹精された花々の中に印象派の陶板画が置かれたガーデンミュージアムになっています。

それにしても、下界では青空が見えてきていたので「それでは♪」と出かけたのですが、八瀬からケーブルカーとロープウェイを乗り継いで比叡山を上って行くと、見事に「雲の中に突っ込む」状態。入り口のゲートをくぐれば、花園は幻想的と言えないこともない霧の中。


Garden Museum Hiei


しかもですよ。さらにショックだったのは、お昼を食べようと楽しみにしていたミュージアム・カフェが、「昨日の大雨で給水タンクが壊れた」ということで、パンとドリンク以外のメニューがない・・・(T_T)。
そゆことは、せめて下界のケーブルカー乗り場にでも表示しておいてくれないと、山の上には他に選択肢がないではありませんか。


Garden Museum Hiei


あ、これ(▲)千日紅(センニチコウ)――別に珍しい花ではないと思いますが、今回初めて、マクロレンズを通してじっくりと見てみたところ、何だかとっても魅力的な造形だと気付きました!
渦を巻いている。花の中に小さな花(しかも色違い二色)が咲いている~。

さて、そうこうするうちに園内アナウンスで、ガーデナーさんと一緒に園内を歩く、というツアー(無料♪)が行われると知り、参加することにしました。


Garden Museum Hiei


「定員に達ししだい締め切り」というツアーですが、何しろ人の少ないこの日、参加者は私のほかにもうひとり若い女の人がいるばかり。

ツアーは約1時間かかる、ということでしたが、始まってすぐにもうゴロゴロと遠雷の音が。
琵琶湖の方に目をやれば、湖の上にまるで白い紗のカーテンのような――あそこは雨が降っているんですねぇ。こっちまで来ないといいのですが・・・。


Garden Museum Hiei


この花(▲)の名は「クロコスミア」と、ガーデナーさんに教えてもらいました。
ジヴェルニーのモネの家の庭園を模したという庭にたくさん咲いていました。写真の構図がいろいろ考えられそうな、動きのある花だったのですが、この光るような朱色が全然うまく写せません・・・(T_T)。


Garden Museum Hiei


ガーデナーさんによれば、この日の朝まで連日雨降りだったそうで、花はどれも水浸し。ですから正直なところあまり鑑賞に適した状態ではなかったようです。梅雨さえ明ければ、夏の庭は綺麗だそうですが。
下界と比べ、山の上は花はひと月遅れ。頻繁に新しい花に植替え、サルと戦い、お忙しいようでした。

そして、ツアーの間じゅう雷が鳴り響いていましたが、終点のローズガーデンまで来たところで、とうとうざーっと降ってきました。まあぎりぎりセーフというタイミングでしょうか。


Garden Museum Hiei


ツアーでご一緒した女の方――Sさんと、例の「給水タンクの壊れたカフェ^^;」で雨宿り。
千葉(だったかな?)から来られたという旅行好きの方でした。楽しくお喋りするうちに雨も上がり、また琵琶湖の眺望が開けました。

あれが琵琶湖大橋かな、で、あれが大津プリンスかな。
・・・でも、この比叡山頂からより、少し下のロテル・ド・比叡からの眺めの方が、水面が眼前に迫るようで迫力があるように実は思えたのでした。


Garden Museum Hiei


ツアーに参加したり雨宿りしたりで長居をするうち、段々と夕方になってきました。
その夜は宵々山に出かけることになっていましたから、帰る前に少し急ぎ足で園内をもうひと回り。

「睡蓮の庭」というエリアは、モネの家の睡蓮の池のある風景を再現したもの。
フランスのジヴェルニーは何年も前に一度だけ訪れたことがあります。モネは日本趣味といって庭に太鼓橋を配したりしたようですが、橋の欄干とか、日本の橋のしっかりした造りとは違って、ちょっとちゃちだなという印象を持ったものでした。
――日本の「モネの庭の太鼓橋」はしっかりした造りでしたけど。

ジヴェルニーの庭だと、池の周りのそこここに立つ枝垂れ柳が「鬱蒼」というイメージだったのですが、ガーデナーさん曰く、「比叡山頂の気候だと、柳が枝垂れにならない」のだそうです。


Garden Museum Hiei


屋内で絵を見る時は、「離れて見る」といってもせいぜい2、3メートルですが、今回ガーデナーさん(絵にもお詳しい)の説明をうかがいながら5、6メートル離れたところから自然光の下で見た印象派の絵はとても新鮮で、今さらながら新しい発見という気がしたのでした。

お花の方はちょっとびっちょりしてましたが・・・いつか、5月にまた訪れてみたいです。


[2010年7月15日(木)訪問]

webcitron01.gif


ところで、写真用の別ブログ「そらはな」をOPENしました。
あんまりあれこれ載せず、少しは選んでUPしようと(^^;)思います。

1カラムのテンプレートで、超シンプルにしてみました。
インポートした「ここから≪続・旅編≫」の過去記事、まだ大半の記事のレイアウトが崩れたままなのですが(センタリング・タグを入れなくちゃ・・・)、「ほんたび」よりずっと記事数は少ないので、おいおい直していこうと思っています。

ガーデンミュージアム比叡の写真、1枚だけUPしました。よかったら見て下さい。

「そらはな」はコチラ


►2010年夏・京都、旅の目次はコチラ

関連記事
tag: 2010年夏・京都 比叡 
  1. 2010/08/11(水) 00:00:00|
  2. 旅する
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

トラックバック

トラックバック URL
http://lazymiki.blog110.fc2.com/tb.php/1141-9cce0f7f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント

わー!素敵なお庭!
うちの母に見せたら喜びそうな…(笑)
雨でしっとり濡れているのも、いいですねぇ~
睡蓮の庭と絵を並べてみるって趣向が面白い!

千日紅ってこんな風になってたんですか!
そこらへんにものすごくたくさん咲いている花なのに
ぜんぜん知らなかったです~~
すごくカワイイ!
私も今度、千日紅もっと良く見てみます♪
  1. 2010/08/11(水) 16:26:41 |
  2. URL |
  3. yurinippo #mQop/nM.
  4. [ 編集 ]

こんばんは

比叡山頂は下界と違って涼しかったでしょう。
お天気が少し悪かったのが残念でしたね。
昔は比叡山上遊園って言って、今頃はお化け屋敷が
すごく恐いので有名でした。
最近は行ってないので、久しぶりに行ってみたくなりました。
あ、お化け屋敷じゃなくて、ガーデンミュージアムのほうね(笑)
  1. 2010/08/11(水) 20:53:15 |
  2. URL |
  3. belfast #-
  4. [ 編集 ]

yuriさん、

yuriさんのお母様はガーデニングをなさるのでしたよねぇ。
以前、何の花の話の時にうかがったんでしたっけ・・・クレマチスかな?

雨で濡れるのもですね、しずくが花びらにたまっている、ぐらいだと美しいものですが、水浸しといいますか、びっちょびちょ~~までいってしまいますと、「天然のドライヤーお願いします!」と天に向かって叫びたくなります(叫びませんけどね)。

ブログで写真を撮り始めて以来、昭和記念公園とか青梅梅郷とか、スケール的にはとても大きいところをいろいろ見ているせいか、このガーデンミュージアムはちょっと小さいように思えてしまいました。
でも、印象派の陶板画や琵琶湖のパノラマはここならでは!
びっちょびちょじゃない季節にまた行ってみたいです^^
  1. 2010/08/11(水) 22:33:31 |
  2. URL |
  3. lazyMiki #m7S/B2/E
  4. [ 編集 ]

belfastさん、

ガーデンミュージアムの入場ゲートをくぐった時は、あたりに霧(下界から見たら雲なのかしら?)がたちこめて、「をを、これは何やら神秘的な・・・」と思いましたが、全然写真には残せませんでした。
でも、確かに霧って涼しいですね。

関東にもいろいろオモシロきお化け屋敷があるらしいですよ。
何だっけ。あ、古い病院の廃墟っていうセッティングのとか、入り口で靴を脱いで入るというものとか。
私は、伊豆でたまたま入った蝋人形館の「怖い映画コーナー」すら足を踏み入れることができず、コーナー入り口で引き返してきた怖がりです。

・・・あ、belfastさんはお化け屋敷じゃなくて、ガーデンミュージアムでしたか^0^;
  1. 2010/08/11(水) 22:41:01 |
  2. URL |
  3. lazyMiki #m7S/B2/E
  4. [ 編集 ]

山のお天気は・・・

ままならぬもの
「賀茂川の水、双六の賽、山法師」
そして、比叡の空 でしょうか
そうそう、昔遊園地だったころ、比叡山と言えば
お化け屋敷が有名でした~ たぶん、本物も出演していた?

  1. 2010/08/14(土) 21:57:47 |
  2. URL |
  3. にいやん #mQop/nM.
  4. [ 編集 ]

にいやん、

と、言ったのは誰!
答え、白河上皇、出展「平家物語」!!

・・・と、答えられなければならぬのですね、京都検定!
(↑わからなくてググったら、京都検定のページがヒットした・・・。)

お山の上って正体不明のモノが出現しやすいのかなー。
以前、生駒山もUFOのよく飛ぶところって聞いたし。
ガーデナーさんは、「サルが出て大変」っておっしゃってました。
おサルは、幽霊に遭ったら怖がるのでしょうか。
  1. 2010/08/14(土) 23:41:00 |
  2. URL |
  3. lazyMiki #m7S/B2/E
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する