本と旅とそれから いろいろなカメラ、いろいろなレンズ、いろいろなその他≪カメラ教室メモ⑥≫

本と旅とそれから

いろいろなカメラ、いろいろなレンズ、いろいろなその他≪カメラ教室メモ⑥≫

カメラ本体は、少なくともまだしばらくはX2で勉強することがいっぱいの私。
でも、一眼レフですから、レンズをいろいろ持つこと――持てないにしても「どんなのがいいかな~」と考えることは、アリですよね。

ただ・・・私の通っているカメラ教室はCanonの付属なので、レンズは原則Canonのものしか紹介してもらえないというところがもの足りません・・・。

webcitron01.gif


第6回 交換レンズ, etc.


正直、今回のクラスでは「先生のおっしゃること全部にはついていけまへん」と思いました。
冒頭に書いた、このクラスがCanonのものなので純正レンズ以外眼中にない、ということのほかに、製品の性能や利便性以前に、ワタクシなどはまず先立つものの心配をしなくてはならない、という事情がございます(T_T)。

いい加減なものを買ってしまうといずれは買い直すことになり、結局高くつく、というのはもっともではありますが、まあどこにでも「妥協」の二文字は顔を出すのでした。

あ、念のために書いておくと、Canonのカメラ教室だからといって、Canon製品の売り込みがあったりするわけではありません。ただ、タムロンとかシグマの名前が出ることはない、ということです^^;


◇今回学んだこと

◆EF-SレンズのSの意味
といっても、Sが何の頭文字かを教わったわけではなく、Canonレンズの総称であるEFに、ことさらSが付いているレンズとは何なのか、ということ。ちなみに、X2をレンズキットで買うとセットになっているのはEF-Sレンズです。
といっても・・・えー、これ、テキスト見ないとまだよく・・・。

そうそう。この話の前段階として、Canonのデジイチには三つの異なるセンサーサイズがある、っていうことがあります。その話は第2回ですでに聞いていましたが。
で、詳細を省いてX2と5Dだけを考えるとします。

5Dのセンサーはフルサイズなので、35mmフィルムカメラ(って、つまりふつうのフィルム一眼のことと思っとけばよいのかな・・・)と撮影範囲が同じ。
X2はAPS-C(名前はたぶん3秒で忘却)サイズ・センサーなので、撮影範囲が5Dより狭い。
どのくらい狭いかっていうと、5Dの1.6倍望遠で撮った時に相当するのだそうです。望遠にすればホラ、大きく写る分、当然写る範囲は狭くなりますもんね。

つまり、5DとX2に同じレンズを付けた場合――仮に焦点距離50-200mmとすると――5Dにとってはそのまま50-200mmだけれど、X2では1.6倍で80-320mmのレンズを付けたことになるわけですよ。
望遠側を多く望む場合はおトクですけれど、広角レンズを選ぶ場合なんかだと、思ったほどワイドに撮れてくれない、なんてなるわけですね。

・・・この話、そういえば覚えあります。望遠レンズ選びの時に誰かとしましたよ。
レンズの説明なんかにもよく、「35ミリ換算」って書いてありますっけ。その時は、「なんでいちいちフィルムカメラと比べるかなぁ」と思ったけれど、憧れの5Dもそうなのだとなれば、何だか大事なことという気が!

で、ようやくEF-SのSですが、このSがついたレンズは、APS-Cサイズ・センサーのカメラに付けても焦点距離の数字がそのままでいいんですよ、ということです。*

*追記:・・・と、その時は確かにそう教わったのですが、その後(ずいぶん後になって書いております)あちこちネットを見るに、やっぱりEF-Sレンズも、APS-Cセンサーのカメラに装着すれば、焦点距離は×1.6になるとあるんですよねえ。
まあそのうち、キヤノンギャラリーででも確認してきます。


・・・なんだ、それだけのことか、です。
もちろん、それを可能にするための光学的なあれこれがあるわけでしょうけどねー。
ちなみに、そういうわけですからEF-Sレンズは5Dには付けられません。付けられないっていうか、5Dには要らないってことですよね。

さらに言えば、いつか5Dを持ちたいと(実際に持てるかどうかは別として)願うのなら、EF-Sレンズをこれ以上増やすのはやめときましょうということなのでした。


◆広角レンズは遠近感が誇張される
んーっと、これもどこかのフォト・ブロガーさんのブログでちょっと読んだことありましたけど。
でも、あらためて実例写真を見ると、なりほろ!です。

当たり前のことではありますが、何かをより大きく/小さく写したいと思ったら、焦点距離を変えるっていうこと以前に、カメラを持った自分が動くっていうのがあるわけです。

被写体が同じ大きさに写っていても、焦点距離の違いによって、背景がどう入ってくるかが違う――当然、広角レンズの方が、背景がワイドに写るわけですが、その時、背景が「より遠くに」写る。
で、遠近感が誇張されるというわけなのですね。
逆に、望遠だと遠近感は圧縮される、と。
今の私にはまだ全然活用できていない事実ですが、被写体に自由に寄ったり遠ざかったりできる条件であれば、遠近感を考えて構図を作りましょう、ってことですね。


◆ストロボ
・・・は、まあ今のとこワタクシ、内蔵ストロボだけで十分ですが。
5Dって内蔵ストロボが付いてないんですね。

「レンズは『純正でなきゃダメ』とは言いませんけど、ストロボは純正でなきゃダメですよ」
だ、そうです(レンズも「純正にしましょうね」とはおっしゃてたぢゃないか・・・)。
ストロボとカメラの間では、非常に精密な「やりとり」があるのだそうで、そこのところが純正品でないと上手くいかないのだそうです。


◆三脚
これだ。私が次に何かカメラ関係を買うとしたら、間違いなくこれとレリースです。
三脚って、折畳んで持っていてさえ荷物だと思うのに、脚を伸ばしたら、私のような軟弱者に扱えるのでしょうか。いまだに不安。でも、どのくらい使うかはともかく、使い方を習って、ある程度は慣れなきゃね・・・何しろ現段階で私、カメラと三脚をどうドッキングさせるのかも知らないんですから(-"-;

脚を伸ばす部分と、雲台(=カメラを載せるとこ)にはそれぞれ二種類あるんですって。
その他、購入の際にチェックする点をあれこれうかがいました。
でも、どれも一長一短なのですね・・・ひとつしか買う気のない私などには、大変悩ましいことなのでした。


webcitron01.gif


三脚は遠からず買うことになると思いますが、その次は・・・望遠を買換えたいとか?^0^;
たてものを撮りたい気持ちもある私としては広角にもすごくひかれますけど・・・。
「単焦点レンズの方が画像がキレイでよい」とかなり信じていた・・・今でも信じている私ですが、先生は、単焦点を何本も持つのはナンセンス、とおっしゃるのです。
マクロを1本持ってるのなら、もうそれだけでよいでしょう、と。

・・・うむ。それはそうかも。そんなに単焦点何本も買ってられないものね。

レンズのよいものをと思うと、ついついLレンズ(=高級レンズ♪)、なんて思うんですが――高い~(T_T)。
どれもX2本体なぞよりはるかに高い。てゆか、基本的に純正品のレンズって、カメラ本体より高いのね。
Lレンズを1本買うよりも、5D買う方が手軽だったりする・・・。

私の通うクラスには、財力のある年配の方が数名おられ、ここのところ私は妬みまくっているのですが、もー、すごいです。
他にもいろんな単発コースを受講されているらしく、そこで先生がちょっと紹介されたレンズを、もうそのクラスの帰り道に購入してしまう!二つのうちどちらがいいか迷ったら、両方買ってしまう!

当の先生が唖然としちゃうくらい、Canonにとってはスバラシきお客さま。
そんな中で、平然とシグマのレンズ付けてる私って一体・・・。

つくづく、写真ってお金のかかる趣味だと思った今回でした。

関連記事
tag: カメラ教室メモ 
  1. 2010/08/23(月) 00:00:00|
  2. 撮る
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

トラックバック

トラックバック URL
http://lazymiki.blog110.fc2.com/tb.php/1149-823b7af3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント

カメラ&写真音痴な私は、???がいっぱいでほとんど意味が分かりませんでした(笑)。
これが全部「あーそうそう」って分かるようになったらちょっとカッコいいなぁ・・・と考えてしまいましたが、先立つものも脳みその容量ももう残っていないのでした。

あ、でも1つ、シグマっての知ってました!
何で知ったかというとですね(笑)、Sigmaっていうアメリカのメーカーがあって、最近そこのメイクブラシを買ったんですが、Sigmaでググッたらレンズ関連の記事がわんさかと出てきたわけなのです。

そういうの知ってるって言いませんね(笑)。
  1. 2010/08/23(月) 04:30:06 |
  2. URL |
  3. Ayako #P0vgGwAM
  4. [ 編集 ]

うーん、一眼レフは買ってからもいろいろかかるんですねぇ。
簡単に足を踏み入れちゃいけないような気がしてきました。
(それ以前に本体を買うのも簡単ではないんですけど…)

三脚はね、なぜか家にちっちゃいのが2台(と数えるのかしら?)あって、
室内でパンとかお菓子とか撮るときに暗いとぶれるので時々使います。
便利ですよ。
(あ、でも一眼レフはコンデジほどぶれないですね!)
しかしあれを外に持って出ると思うとやっぱり大変そうです…
  1. 2010/08/23(月) 17:55:31 |
  2. URL |
  3. yurinippo #mQop/nM.
  4. [ 編集 ]

カメラ機材

今日赤城自然園という、所に行ったのですが、
年齢層が異常に高く、その中でもキャノンのカメラを持っている人が
がほとんどで、中でも赤鉢巻の銅鏡が白のEF-Lの望遠を、御夫婦で
使っている人がいました。ボディも7Dとか5Dとかですかね。
私みたいにOM4のフイルムで撮っているのなんて、絶滅危惧種です。
でもかならずしも、プロ向けのLレンズを使うと、
いい写真が撮れるというのではないので、ご安心くださいませ・・・・w
あくまでも、プロ向けのレンズです。
写真の機材は、一般に周辺機器も含めて高価ですよね。
それから私はUVフイルター使っています。デジタルになるとあまりフイルター
の意味はなくなってきているのは事実ですが、レンズキャップつけたり
外したりするのがめんどうなので、保管以外は撮影時はフイルター
だけにしています。
ストロボもSUNPACなんかは純正ではないですが、いいと思いますよ。
キャノンやニコン、ソニーを使っているなら問題ないでしょう。
三脚もピンからキリまであります。悩ましいですね。
  1. 2010/08/23(月) 21:23:54 |
  2. URL |
  3. bullet #aRQmiz5I
  4. [ 編集 ]

Ayakoさん、

思い出しましたよん!
Ayakoさんちょっと前に、デジイチ買いたいって話をされていたじゃないですか^0^
いつかあなたもデジイチ倶楽部♪お待ちしてまふ。

ほほー、シグマってメイクブラシも作っていたのか(≧∇≦)ノ彡
手広くやってるんじゃねぇ~~・・・わけないのぅ。のはは。
私、以前仕事でタイ人のタムロンさんっていう人に会ったことあるなー。
あの頃はカメラやってなかったけど・・・。
  1. 2010/08/23(月) 22:30:23 |
  2. URL |
  3. lazyMiki #Dud4.962
  4. [ 編集 ]

yuriさん、

マイペースでいいとはわかってますが、ついつい人の持ってるいいものが欲しくなるんですねぇ。
「どこまでやるか」ってこと。まあ、何でもそうですけど。

実は、うちにも三脚がひとつあるにはあるのですが、すごく小さいんですよ。
デジイチは、X2ぐらいでもコンデジよりはかなり大きいし、付けるレンズ次第でさらに大きく重くなるので、さらに屋外で使うとなると、あまり小さいものだと「カメラを安定させる」という本来の目的が果たせなくなるのです――というのは、ほぼ先生の受け売りです^^;
あ、ちなみに、イチデジも、コンデジに負けず劣らずちゃんとブレますよ~。状況によってはコンデジの方が上手く撮れたりするのが、私の腕のお粗末なところです・・・(T_T)。
  1. 2010/08/23(月) 22:39:47 |
  2. URL |
  3. lazyMiki #Dud4.962
  4. [ 編集 ]

bulletさん、

白のCanon、黒のNikon――実は今さらながらNikonカッコいーなーなんてしょーもないことを思っております。
赤鉢巻!ははは、そう言うのですか~、Lレンズ。
赤線入ってますもんね。
でも、必ずしもプロ向けというわけでもないみたいですよ。フォトブロガーさんも、使っておられる方多いし。
確かに、すごいズームになればそうですけれどねー。
もちろん、値段は言うまでもありまへんが。

といっても、私はすぐに自分の腕のなさを道具のせいにする悪いクセがあるので、気をつけねばと思っています!
あれこれのアクセサリにしても、どれもこれもBESTを揃えるわけにはいきませんよね。
三脚は、Velbonのを考えてますー(立派すぎ~?)。
  1. 2010/08/23(月) 22:49:58 |
  2. URL |
  3. lazyMiki #Dud4.962
  4. [ 編集 ]

追加です

22日から三連休、明日まで休みなので夜更かししております。
赤いラインが入っているレンズは、俗に金持ちレンズと言われております・・・w

WIKIを見てみると、Lレンズはシリーズの「L」は、"Luxury"(贅沢な)を意味し、「プロの品質と呼ぶに相応しい、画期的な描写性能と優れた操作性、耐環境性・堅牢性を備えたキヤノンEFレンズLシリーズ」と謳われている。
外観、デザインも差別化が図られている。Lシリーズの鏡筒にはレッドのライン(鉢巻き)が刻まれている。また白レンズとも呼ばれているように望遠域のレンズでは鏡胴がオフホワイトになっており、一見してそれとわかるような色になっている。夏の炎天下でレンズを使用し急激な温度上昇に曝されることのあるプロの使用を考慮して採用された色と説明されているが、キヤノンのブランド戦略とも言われている。

だそうです・・・ぅう
わたしもカメラのワークショップに通いたいです。
とくにフイルムの現像、プリントまで教えてくれるところ。
  1. 2010/08/23(月) 23:09:42 |
  2. URL |
  3. bullet #aRQmiz5I
  4. [ 編集 ]

あ、5D MarkII、狙ってるな!

lazyMikiさん、こんにちは
そう、5Dと20Dでは画角が1.6倍違うので、レンズを1本余分にもって行くより、場合によってはカメラ2台の方が軽くてすみます。その点では、20Dを評価しているんだけど、最近センサーのごみがなかなか取れなくて困ってます。老朽化でしょうか?
単焦点は、マクロくらいで良いかもしれないですね。レンズは高いもんね。僕は高いレンズはたいていオークションで安ーいのを買ってます。もちろん、クォリティーの良さげなものを選んでますが。。。
シグマもよく使ってますよ。一番気に入っていたのは、70-200mm f2.8 (ナント、口径82mmでした!)でしたが、撮影場所に置き忘れてしまいました。めちゃめちゃショック。
三脚は、Mikiさんには軽い方がお薦めです。重い三脚だと、それで疲れて撮影も楽しくなくなってしまっては、元も子もないので。
実は、プロの写真家の友人の方から、デジカメ教室の講師をやってくれと言われて、ずうずうしくやっちゃたことがあります。かなり良いバイトになりました(笑)。
  1. 2010/08/23(月) 23:14:58 |
  2. URL |
  3. アッキーマッキー #6Q0aW8YQ
  4. [ 編集 ]

bulletさん、

そうそう、LレンズのLってLuxuryのLなんですよね~!
(でも「金持ちレンズ」って、何か寂しい・・・。)
プロの品質っていうのは、もちろんホントにプロの方が使うっていうのもあるでしょうけど、「すごく高品質」ってことなのでは・・・?
カメラの1Dなんかはたぶんホントにプロ用なのかも知れないけれど・・・。

・・・まあ、機材に何を使おうと、どんなリクツを並べようと、結局は出来上がった写真がすべてですよね。
ステキな写真が撮れたら、どんな贅沢な機材だろうと逆にお手軽な道具だろうと、OKなのですかね。
私も、教室の座学もいいけど、もっといろいろ撮って練習しなくちゃー(でも、今は暑い~)。

フィルムの現像!おうちでやるとなると、押入れの中とかでやるのかしら、暗室代わりに?!
これまたいろいろ道具が要りそう・・・?
  1. 2010/08/24(火) 21:48:21 |
  2. URL |
  3. lazyMiki #Dud4.962
  4. [ 編集 ]

アッキーマッキーさん、

>狙ってるな!

あぁ~ら、バレましたぁ~~?
・・・とか、言ってみたいよぅ!!!
しくしく。今のところは、「狙ってる」の100歩ぐらい手前の、「憧れてる」段階なの・・・。
それに、やっぱり重過ぎるかも知れないし。7Dぐらいがいいかも知れないし・・・。

5Dってやっぱり男性を想定ユーザーにしてるんですよね?
よく山に持って行く人は軽さを重視するって聞きますけど、5Dは重い代わりに頑丈に出来ているんでしょう?
アッキーマッキーさんはもうきっと5D歴長いんでしょうね~。
かっこええ。

シグマのレンズって全般的に太くて重いのですかっ、もしかして?!
ワタシのは径72mm、重いです(T_T)。今から思えば、少しフンパツするか、少し待つかして、タムロンのを買えばよかった。
・・・それにしても、なくしちゃうのはショックですねーーー!

三脚、ホントですよー、軽めのがいいですよー。
先生とCanonのテキストは「ある程度重いのがいい」って言うんですけど、持ち歩いてそれだけで疲れるっていうのはイヤですよねー!アッキーマッキーさんは、LMがいかに根性レスか、次第に飲み込めてきている!
やっぱりちょっとカメラ屋さんに足を運んで実際に見てみなくては!

>デジカメ教室の先生

やっぱ、5D持つ人はそうでなくちゃダメなのかなぁ~。
それに、アッキーマッキーさんのワイルドなカメラ・ライフには、5Dじゃないと付いていけない気もしますね(ニヤリ)。
  1. 2010/08/24(火) 22:01:57 |
  2. URL |
  3. lazyMiki #Dud4.962
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する