本と旅とそれから ピーカン&カワイコちゃん≪カメラ教室メモ⑦≫

本と旅とそれから

ピーカン&カワイコちゃん≪カメラ教室メモ⑦≫

またまた屋外撮影実習でした。
ナント、今回はプロのモデルさんが登場――とんでもなく脚の長いカワイコちゃん(死語?)。
プロのモデルさん撮るのなんて初めて・・・てか、プロのモデルさんをちゃんと見たのも初めて!
あまりの慣れぬシチュエーションに、ただでさえおぼつかない撮影はボロボロに。
・・・今回は、真夏の太陽がいつにも増して無情でした。

webcitron01.gif


第7回 画角

前回の教室で、被写体を同じ大きさで写しても、焦点距離によって背景の入り方が違う、と習ったので、今回はそれを実際にやってみましょう、という屋外実習――の、意図でした。
別に、それを体験するために生きモデルさん(つい、山鉾巡行の「生き稚児」を思い出し・・・)を連れてくることはないと思うんですけど!

気が散っちゃって、ほとんど「画角」なんてハナシは忘れてましたよ・・・。
しかもその日は(てかここのとこ連日だけど)カンカン照り、いわゆるピーカンでして、露出が上手くできなかったよぅ。液晶モニターも、日なたではほとんど役に立たないし。

もう、今回途中からほとんど投げてました、あたしゃ。


◇今回学んだこと

◆モデルさんにビビる
よくTVとかで、雑誌のグラビア撮影風景みたいなの、やってるでしょ。
モデルさんがいろいろポーズ取って、カメラマンがあれこれ声かけてパシャパシャ撮って。
あれなの。できるわけないですよ。声なんてかけられないですよ!

まあもちろん、モデルさんも状況を理解なさってますから、声をかけなくてもできるだけみんなに目線をくれてたんですけど、何しろ一度に10人以上がカメラを向けるので、私の撮った写真の大半はどっか他所を向いてるモデルさんです。

画角の話と併せてポートレート撮影の勉強もさせましょうってつもりだったと思うんだけど、ぜんぜんぜんぜんぜんぜんダメっ。
望遠で大きくとらえたモデルさんが、バッチリこっち目線でニコっと笑っただけで手ブレまひた。

「大勢で撮影する時は、声をかけないと目線はもらえませんからね。声をかけましょう。」
のぁんてセンセイ!できるわけないですって。
最初に先生が撮影するんですが(きっと、次回お手本で見せてもらえるんでしょう)、いろいろフクザツなことを話しかけてましたよ。
「いったん目線落として、それからゆーっくり上げてきてもらえます?カメラを追う感じで・・・」
とか何とかかんとか。ありえない。

まず先生がパシャパシャパシャパシャっと、十数秒シャッターをきりまくり、「はい、ありがとー♪」で、あとは受講生の撮影タイムになるわけですが、みんながひとしきり撮り終わると、また先生が撮り始めまして・・・背後でみんながコソコソと「先生今日はノリすぎじゃない?」と囁き合っていたのでした^0^;


◆アップは逆光もグー
陽射しの強い状況では、順光だとやっぱり人は眩しい――プロのモデルさんといえども。
なので、眉間にシワが寄ってしまいがちで、その点逆光だと、優しい表情が撮れるのだとか。
もちろん、かなり露出をプラス補正しなければなりません。
場合によっては、カンカン照りの下でフラッシュも(これを日中シンクロというそうで)。

といったって、顔だけドッカンと撮るのってヘンじゃないのー、と思ってちょい背景の入るサイズで撮ってみたワタシでしたが、先生は「背景入れるんなら逆光じゃダメ」とバッサリ(T_T)ふぎゃ。


webcitron01.gif


正直を言えば、私はポートレート撮影にはあまり興味がないため、今回は熱意がちと不足していたことは認めざるを得ないのでした。その割にはビビってましたが・・・。
腕の確かな撮り手であれば、自分のペースにモデルさんに合わせてもらうことがでるでしょうが、初心者の場合、どうしてもへり下ってしまう。全然自分のペースで撮影できない。よって心地よくない。
まあ、知らない人を撮るなんて、この先も滅多にないでしょうから、いっか。

あとは、露出の見極め。先生の早いこと。
私なぞは、何枚かプラスだマイナスだとやった後、ようやく「こんなもんカナ?」となるのですが(それでも大抵ハズレてますが)、先生はホントに一発でしたねー。
やっぱりあれは経験の差。
そういえば、先生が話して下さった「プロになるために私はこんな練習をした!」話は、ほとんど「巨人の星」だったもんなー。

先生が屋久島にお出かけになるとかで、次回はちょっと先になるのですが、それが第Ⅰ期の最終回。
またしばららく日にちが空いた後、10月から第Ⅱ期に入ります。
ワタクシ、少し涼しくなったら三脚を購入して、どっかに撮影練習に行こう!と決意いたしました。といっても、いつ涼しくなるのか、わかりゃしませんが。

京都のもみじを撮りに行く前に、も少し練習しなくっちゃ。

関連記事
tag: カメラ教室メモ 
  1. 2010/08/30(月) 00:00:00|
  2. 撮る
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7

トラックバック

トラックバック URL
http://lazymiki.blog110.fc2.com/tb.php/1157-5f5164fb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント

お疲れさま

lazyMikiさん、こんにちは
Mikiさんでも、ビビること、あるんですね。楽しく記事を拝見しました(笑)。
露出ね、フィルム時代は必ず3段階は振ってました(勿体なかったけど)。今ではあまり気にしません。だって、デジタルなら後処理できるから。それより、角度、引くのか寄るのかレンズは何?は色々写しておかないと、後で変える訳に行かないので、そちらを重視してます。
話は変わりますが、今秋、吉瀬美智子×阿部寛の出演映画「死刑台のエレベーター」が上映されます。最後のシーン、友人の写真家富塚さんの山中湖写真ギャラリーが舞台にされてます。ギャラリーが古びた写真やさんに変えられてました。良かったら、ご覧下さい。
  1. 2010/08/30(月) 06:17:33 |
  2. URL |
  3. アッキーマッキー #6Q0aW8YQ
  4. [ 編集 ]

インクタンク

インクタンク届きました。ありがとうございました。

露出補正は、オートブラケットで撮っておくか、
LAWで保存してあとで現像するというので
だめでしょうか?写真教室なんだから、適正露出で撮る練習
するって事でしょうかね?

撮ったポートレイト写真見てみたいけど、
公開は出来ないんでしょうね。
  1. 2010/08/30(月) 21:26:56 |
  2. URL |
  3. bullet #aRQmiz5I
  4. [ 編集 ]

訂正

RAW画像の間違いでした。LAWだと法律になっちゃいますね。

女性のポートレイトとか、フラワーアレンジメントなどはハイキー
傾向で撮ると良いようです。
日中シンクロなども撮ってみたのでしょうか?
  1. 2010/08/31(火) 21:23:17 |
  2. URL |
  3. bullet #aRQmiz5I
  4. [ 編集 ]

アッキーマッキーさん、

アッキーマッキーさんのお使いのカメラ&レタッチソフトだと露出も後で自在に変えられるのかなぁ。
私のですと、かなり変えられる時と、あんまり変わってくれない時とあるんですよ。
Canonのテキストでは、「後で変えようとしても、ダメなものはダメです」みたいに書いてあり、先生は、「皆さんはレタッチのやり方じゃなくてカメラを習いに来てるんですから、カメラにできることはカメラにやらせましょう」とおっしゃいます。
いつまでたっても上手くはならない私ですが、一応努力だけはしてみようかと思います。
  1. 2010/09/01(水) 06:15:58 |
  2. URL |
  3. lazyMiki #Dud4.962
  4. [ 編集 ]

bulletさん、

そーなんですよー、カメラ教室なので適正露出を習いましょう、てことなのです。
なので、教室ではオートブラケット禁止なのです(「もちろん、プライベートではどんどん使っていいんですよー」と、先生)。
RAWの使い方は、まだ習ってないんですよ。
データ量が多いから、私は使ったことがないのですが・・・。
私のPCももう古くて、こないだなんて、新しいプリンタドライバーをインストールする途中でエラー出ちゃうし、面倒です。
(インクタンク、ご活用下さい^^。)

日中シンクロ、一応撮りましたが・・・いやー、熱意がないから(あってもだけど)、大した写真が撮れず・・・もちろん、ブログにUPしても問題はないと思いますが、お恥ずかしくて^^;
カワイコちゃんだったのに、モデルさんに申し訳ないです。
  1. 2010/09/01(水) 06:21:43 |
  2. URL |
  3. lazyMiki #Dud4.962
  4. [ 編集 ]

お久しぶりです

Mikiさん、お久しぶりです。
毎日暑くてたいへんですね。こちらも暑いです。

カメラ教室メモ、私も参考になってます。
いつかデジタルカメラに買い換えたら、戸惑うこと必死です。
この記事を読んで心の準備ができます。

Mikiさんは、これから三脚を買ってますます撮影の幅が広がりますね。
Ⅱ期も講座を受けられるの?
  1. 2010/09/05(日) 15:14:12 |
  2. URL |
  3. ruksak #-
  4. [ 編集 ]

ruksakさん、

お久しぶりです^^
ホント、9月に入っても真夏が継続してますねー。
(でもおかげで、例によってダラダラと続けている7月の京都旅行記が、あまり季節ハズレな感じにならなくてよいかも、などと自分では思っております。)

私は、カメラに関心を向けるようになったのがデジカメからなので、フィルムカメラのお話がアタマでわかったつもりでも実感としてはわからないのですが、消去できない写真ばかりのフィルム写真をお撮りになる方はいつもすごいと思います!

しょーもないことばかり書いているカメラ教室メモですが、読んで下さってありがとうございます。
三脚、買わなくちゃ・・・。
第Ⅱ期も受講の予定です!
ちなみに、第Ⅳ期まであるんですよ^^;
  1. 2010/09/05(日) 23:57:43 |
  2. URL |
  3. lazyMiki #Dud4.962
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する